KDDI/au

2018年4月15日 (日)

悲しみがとまらない

悲劇は突然、2018年4月13日の朝に訪れた。

Img_0031


auのメイン回線で使っていたXperia XZ1 SOV36のガラス面を割ってしまったのです…。本体の上に体がのしかかってしまい、そのまま鈍い音が聞こえて破損してしまいました。おいおい、使い始めてまだ4ヶ月目なのに…。それでも中の液晶ディスプレイが割れずに済んだのは不幸中の幸いです。確かにひびが入っているのですがタッチ操作も違和感なくできるし、画面も問題なく表示できているんですよね…。

auでは不慮の事態に備え故障紛失サポート(旧・安心ケータイサポート)というサービスを提供しています。補償内容は

・故障したスマートフォンが年2回までファクトリーリファービッシュ品と格安で交換できる
・自然故障のスマートフォンを無償修理できる保証期間を3年まで延長できる
・水濡れ、全損以外の修理費用が5,000円+税以内でできるようになる
水濡れ、全損修理も10,000円+税でできる

というもので、任意で解約できるが契約は任意でなく端末購入と同時、ということになります。しかも対象機種は現在登録中の最新利用機種だけ。ということで、外すと大変な目に遭うこと必至です。

Img_0032


この紛失故障サポートを受けるにあたり、筆者は手っ取り早くファクトリーリファービッシュ品へ交換してもらうか、期間はかかるが故障修理扱いで直してもらうかのどちらかにしようと思いましたが、結局は預かり修理に出すことにしました。筆者はファクトリーリファービッシュ品への交換は水没やバッテリーが発火して炎上したなど、操作不能に陥るほどクリティカルな故障でなければ利用しないことにしているからです。

というのも、ファクトリーリファービッシュ品への交換は諸刃の剣で、Web上で申し込み可能な上に利用価格もこの手のサービスとしてはかなり割安ですが、交換機に元箱がつかない、必ずIMEI(製造番号)がそっくり変わるのでSIMフリー化していたとしたら大問題…と必ずしも良いことばかりではありません。下取り業者によってはIMEIが本体と箱で一致しないと査定額を減額することもあるので尚更です。

というわけで、IMEIが変わらない可能性の高い預かり修理に出すことにしました。auはドコモと違ってオンライン修理受付ができないのが辛いですね…。修理に出すには必ずauショップに赴かねばならないのです。で…auでは預かり修理中は必ず代機を借りなければならないことになっていますが、筆者が借りた機種は…

Img_0041



auのVoLTE対応機種第1弾の1つ、URBANO V01 KYV31でした。確かisai VL LGV31と同時発表でしたねえ…。今なお根強い人気のあるSnapdragon 801 MSM8974ABを搭載した機種でもあります。シニア向けの端末ですが、それでもスペックは当時のハイエンド水準なのでなかなか侮れません。当時、既に珍しくなっていた日本製の端末で、カバーガラスには大方のメーカーが搭載したコーニングのGorilla Glassとはひと味違う特性を持つAGCのDragontrailが用いられています。筆者の記憶する限りでは、日本市場へ展開しているスマートフォンメーカーでDragontrailを搭載しているのは京セラと富士通コネクテッドテクノロジーズのみだったと思います。

※Gorilla Glassは強硬度だがたわみに弱い一方、Dragontrailはガラスなのにたわみに強いという特徴があります。

Android 4.4.4からバージョンアップすることなく現在に至っていますが、操作レスポンスは前に借りたAQUOS U SHV35に近い感覚でした。おそらくこの機種を代機として提供したのはXperiaと同じくカメラキーが独立していたからでしょう。ハードウェアキーも独立しているのはこの当時、かなり珍しいです。

受話口に穴が空いていません。これは京セラのスマートフォンの特色であるスマートソニックレシーバーを搭載しているためです。考え方としてはかつてNECのパソコンまたはそれに付属のディスプレイに搭載していたSoundVu(サウンドヴュー)と同じで、ディスプレイを覆うカバーを直接、エキサイターと呼ばれるデバイスを用いて振動させて音を出します。振動板が液晶パネルを覆うカバーそのもののためにあたかも画面から音が出ているような感覚で通話ができるのが特徴です。筆者も試しに母と通話してみましたが、外部の騒音に邪魔されることなく良好に通話を聴き取ることができました。

バックアップデータの復元はメールだけにしましたが大きな落とし穴が。実はこの頃のauメールアプリは送受信とも2,000件しか保存できないため、完全にバックアップを復元できず、何度も失敗に終わっていました。そこで、受信3,500件、送信1,500件まで保存できるメールアプリをインストールしてある、auサブ回線で使っているAQUOS R SHV39にメイン回線のSIMとSDカードを入れ、バックアップしたメールを復元して件数を削減した上でバックアップをとり、URBANO V01に書き戻す…というやり方でなんとか完全復元できました。

完全復元に失敗したのはどうも、受信BOXに2,300件近いメールが入っていたためでしたが、その原因が実は機種変更時にバックアップしたメールがダブって復元されたためだと判明しました。ダブっていたメールを根気よく削除した結果、なんとか1,300件まで減らすことができました。これでV01へ完全に復元と相成ったのです。それにしてもauのキャリアメールはスマホ移行後、あまり良い評判を聞かないですね。

というわけで、修理上がりまで懐かしのS801機とともに過ごすことになりました。戻り次第報告しますが…ソニーモバイルの修理は神対応と評判なので、修理代がいくらになるのか、気になりますね。

2018年1月26日 (金)

替え時の前の「通過儀礼」

Img_0094


修理に出していたXperia XZ SOV34が戻ってきました。修理費用は5,400円でしたが、全額WALLETポイント充当でまかなうことが出来ました。当然ですが、画面上の傷はきれいさっぱりなくなっています。ポロリしやすいと評判のFeliCaかざし位置のステッカーも復活しました。修理の間、この頃キャリア端末でも充足してきたミドルレンジ端末に触れる機会が出来たのもいい経験になりました。

Img_0033


これが修理明細の一部です。本来は税別29,150円かかる修理だったのが修理代金割引サービスで税別24,150円引かれ、最終的に税別5,000円で済む修理になったということです。因みに、交換されたのは本体シャーシと液晶ディスプレイでしたが、やっぱり多く掛かっていたのは液晶の方でしょう。故障紛失サポート登録上の機種でなければ安く修理できないらしく、前に使っていた機種を修理に出すとかなりの大出費になることがわかります。やっぱり、スマホの修理は機種変更寸前または1年以内にやるのがいいですね。

修理拠点は「ソニーモバイル修理センター」となっていましたが、記憶が正しければソニー黎明期からの主力工場、木更津サイトのことではないかと思われます。ソニーはガラケーから撤退する際にドコモ向け、au向けのそれぞれの端末を生産する拠点だった千厩(一関市)と美濃加茂の各サイトを閉鎖しています。(参考) 故に、筆者もでしたが結局Made in JapanのXperiaという淡い期待は裏切られてしまったことになりました。でも、Xperiaの生い立ちからすれば仕方がなかったともいえます。

Img_0093

[序でようやくAQUOS R用のハードシェルも買えた]

これでなんとか先に進めそうということで、ついにauオンラインショップにてXperia XZ1 SOV36への機種変更手続きを済ませてしまいました。事前にハードシェルもレイ・アウト直販サイトから仕入れてしまったため、後戻りできません(笑)。実は、地味にau向け端末で初めて発売された、Snapdragon 835 MSM8998を定格いっぱいのクロック(2.45GHz)で駆動するコアクラスターを持つ機種になります。その次がisai V30+ LGV35でしたねえ。

Xperia XZ1もXZから引き続きアルミボディを採用していますが、その素材は神鋼と共同開発したALKALEIDOではないそうです。最初からXZ/XZsの2機種以降で採用しないことになっていたのか、それとも件のデータ改竄騒動により採用取りやめとなったのか、原因は定かではありません。

auサブ回線のau WALLETポイントが徐々に失効していたことに気づき(累計で300ポイント強も失効していた)、ならばポイント消化にとSOV36も対応しているUSB PD対応のTypeC共通ACアダプター02をポイントと交換することにしました。キャリア純正のACアダプターとしてUSB PD対応を公言しているのはこれが初ではないかと思います。ドコモのACアダプター06はこっそりとUSB PDに対応していた、という代物でしたからね。

いずれも届き次第、報告したいと思います。それにしても、最新スペックを追い求める時代なのは相変わらずですが、トレンディなスマホを追い求めるような時代ではなくなりましたね…。そうしようとすると10万オーバーの機種に替えることを強いられる訳ですよ…。

2018年1月16日 (火)

桂のアホも三度まで

AH77/B1にようやっとFall Creators Updateが適用できました。DQ10/FF14ベンチマークもとってみましたが「普通」ですね。重いといわれているFF14ですらかろうじて動きそうなことがわかっただけでも大収穫です。やっぱり、自作するかGPUボックスがつなげるThunderbolt 3対応ノートが欲しくなります。日本勢はまともなATX規格のコンシューマー向けPCを作る気も売る気もなく、ただひたすらiMacの出来損ないというのもおこがましい、製品失格のボードPCを「デスクトップ」だと言い張って売り込むのをいい加減やめて欲しいですね。

Img_0076

[実のところ、最後の1本だった]

一番大変だったのは、実はリカバリーメディア作成でした。32GBのUSBメモリーが必要だったのです。東芝製の32GBのUSBメモリーが地元のヤマダ電機で手に入ったので、これで作成しました。リカバリーデータは20GB程度に収まりました。それにしてもUSBメモリーは当たり外れが激しいものなんですね…。USB 3.0対応なら100MB/秒ぐらいのスピードが出れば当たりですが。

ここからが本題。ドコモ、auともにメイン回線の機変の時期が迫ってきました。いつもなら両方とも同じ機種同士に替えることになりますが、今回はドコモ回線をXperia XZ Premium SO-04J(Rosso)に、au回線をXperia XZ1 SOV36としたいです。ドコモメイン回線の方は既にブツが届いているので後ほど報告します。

問題はauメイン回線です。今までひた隠しにしていましたが、Xperia XZ SOV34の画面表面に細かい傷がついていたのが気がかりでした。ただ、auは故障修理をオンラインで受け付けていないんですよね…。そこで、ショップへ持ち込んで確認したところ、画面に傷がついていたことが追認できたので、外装交換修理に出すことにしました。

Img_0077

[夜に撮影なので色温度低め]

見積もりでは戻ってくるまで10日程度費やされるとのことなので、その間は代機と共に修理上がりを待つことになります。その代機として用意されたのがなんと、シャープのAQUOS U SHV35でした。あのAndroid One 507SHの兄弟機といえるもので、Android 8.0バージョンアップも予定されています。立ち位置上はAQUOS senseの先代ってところでしょう。メーカーは違えど、32-35型番と連番の端末を使えることになるとは!

ミドルレンジ機なので少しもたつくことがあるものの、使用感はおおむね良好です。やはりAndroidはJelly bean(4.1-4.3)以降なら操作感が端末スペックに依存しないのがいいですね。残念ながらAQUOS Uはハイレゾに対応していませんでしたが、実は設定によりaptXに対応可能でした! 総合的な出来もミドルレンジの名機507SH譲りで、本当に良く出来ています。プリセットアプリと最低限必要なアプリだけ入れておきました。

しばし、ミドルレンジの名機と共にSOV34の修理上がりを待つことにします。SOV36への機種変更はその後からですね…。XZ Premiumが思いの外出来がよかったので期待しています。因みに、auでは口座振替かカード払いにしていなければ機種変更できなくなったので、修理に出す序でに口座振替の手続きを済ませてしまいました。

2017年12月28日 (木)

筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2017

本家大元から読者が選ぶケータイ of the Year 2017が発表されました。その結果は後ほど明らかにするとして、いよいよ、2017年に発売された中で最もイマイチな端末である筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2017を発表したいと思います。

※あくまでも2017年に発表された端末の中で最もイマイチなだけで、ユーザーの技量により問題なく使えたり、何らかの工夫があれば快適に使えるようになります。選出されてしまった端末をご利用の方も引き続き、安心して運用してみてください。

■大賞
Apple iPhone X
(Apple Japan合同会社)
―イノベーションのために犠牲にした操作性と普遍性

Iphone_x2_2

Apple iPhone 8/iPhone 8 Plus
(Apple Japan合同会社)
―iPhone Xの前座に終わってしまった、ガッカリ度ではシリーズ史上最悪の機種

Iphone_8_2

2017年に発表された中で最も不名誉な称号を得ることになってしまったスマートフォンはなんと、2年連続で日本における巨人、AppleのiPhoneとなってしまいました。昨年のiPhone SEの評判のよさとは裏腹に、メインストリーム端末がご覧の有り様とは嘆かわしい限りです。それでもこれしか選ばないユーザー層も相当大概にしてほしいものです。

[選評]
今年はiPhoneが誕生して10周年の節目にあたります。そんな中で発売された機種群がシリーズ史上最悪の機種になるとは誰も予想だにできなかったことでしょう。そのいずれも理由は異なるものの、ため息が漏れるほどのガッカリ度です。

まず、iPhone 8/8 PlusはAppleがかつてほどイノベーティヴなブランドでなくなったことの証左です。むしろ、この機種を出したことでAppleは「攻め」から「守り」に態勢を変えてしまっています。スペック上もSoCやモデムが変わったこと以外はiPhone 7/7 Plusとほとんど同じです。よって、iPhone 8/8 Plusはジェネリックな端末と化し、今までのiPhoneと同じスタイルの端末を求める方々のためだけに存在しているといっても過言ではありません。どストライクにいえば、日本の中高生やF1層を狙った端末です。

ここからが本題です。iPhone 8/8 Plusを売れなくした主犯、iPhone Xです。日本では2017年11月3日に発売され、ちょっとした社会現象になりました。そうです、日本市場ではかつて発売された端末(主に日本メーカー製)への心象の悪さから未だにAndroidへとんぼ返りできていない人がおり、最終的にiPhoneへ固定化されてしまった契約者が多いのです。実際は、心変わりしてAndroidへとんぼ返りした方々からは、Androidがおおむね好意的に見られているようですけどねえ…。

そのため、先進諸国では圧倒的にAndroidが高いシェアを誇っているのに対し、日本ではiPhoneの一人勝ち状態が長らく続いています。これはかつてのメインフレーム市場で一強を誇ったIBMを喩える際の「白雪姫と七人のこびと」と同じ状態で、日本ではAppleが白雪姫、そしてAndroid陣営が小人というわけです。それゆえ、日本ではiPhoneの新機種が注目を集めることを余儀なくされています。実際、iPhone 8シリーズ、iPhone Xの両方とも発売当日にテレビニュースになったほどです。

iPhone 8/8 Plus/Xともいずれも基本的なスペックは同じです。SoCはApple A11 Bionicへ進化しており、むしろSnapdragon 835 MSM8998を大きく凌駕するスペックになっていました。CPU部はSnapdragon 808 MSM8992のように低負荷処理用のクアッドコアと高負荷処理用のデュアルコアの2クラスターで構成されるbig.LITTLE処理を採用したヘキサコアCPUを採用。GPUは長らく採用してきたPowerVRに代わり、Apple自社設計のトリプルコアGPUとなりました。この頃話題を集めているディープラーニングに対応しており、実際にニューラルエンジンと呼ばれるAI処理回路が搭載されていました。シャープのエモパーがソフトウェアでAIを実現したのと対照的に、AppleはハードウェアでAIを実現しています。RAM容量はiPhone 8が2GB、iPhone 8 Plus/Xが3GBとなっていました。年々カーネルが肥大化していくiOSに対応すべく、ストレージ容量は64GBと256GBの2種類となりました。

Iphone_x

とりわけiPhone Xが注目を集めることになった理由はシリーズ初となったそのベゼルレス設計にあるでしょう。本体サイズいっぱいにディスプレイが搭載されています。とはいえ、それ自体は斬新なものではなく、既にGalaxy S8/S8+LG G6/V30などでも採用されていた設計でした。このベゼルレス設計を実現するため、シリーズで初めて有機ELディスプレイが採用されることになりました。iPhone 8/8 Plus/X発売に合わせて開発されたiOS 11も、本格的にベゼルレス設計を念頭に置いた設計になっていました。このような先進性から、株式会社インプレス主催の読者が選ぶケータイ of the Year 2017のトップに輝いた端末でもありました。

iFixitのレポートによれば、iPhone Xは非常に興味深い設計になっており、マザーボードは多層基板となっているうえに両面にびっしりとデバイスが実装されており、その一部はなんとBGA(はんだボール)により固定されていたそうです。バッテリーも、その多層基板を限られたスペースに収めるべく、スマートフォンとしては珍しく2セルバッテリーを搭載していますが、実態としては並列接続となっていました。iPhone Xのこのような高集積化は今に始まったことでなく、MacBookシリーズの基板小型化のノウハウが活かされているようです。

この設計のためにホームボタンが廃止され、様々な操作は後述するようなハードウェアキーの組み合わせや画面操作で代替されることになりました。つまり、ヘッドホン端子に次いでiPhoneの象徴だったものがまた1つ消え去ったのです。また、ホームキー廃止の影響で指紋認証であるTouch IDも廃止され、その代わりに顔認証によるFace IDが新たな認証システムとして組み込まれました。

iPhone Xは非常に凄まじい設計ではありますが、純粋にスマートフォンとしてみた場合はかなり辛辣な見方しかできません。ベゼルレス設計に挑んだのはいいですが、そのために操作性を犠牲にしてしまっています。本体サイズいっぱいの画面を実現するのは現在の技術では限界があったのか、画面上部のパーツの部分に切り欠きができてしまったかような歪な画面になってしまいました。スクリーンキャプチャーではその部分も補完されますが、結局何も映らないようです。

特にユーザーを困惑させることになってしまったのがその操作方法です。Androidならば画面上に表示するナビゲーションバーがあるためにハードウェアキーを最低限搭載していてもこれらで様々な操作を補完できますが、iOSはその搭載すら念頭に入れていないユーザーインターフェイスだったため尚更問題になったのです。一言では説明しきれない操作が非常に多いので、こちらで主だった操作が紹介されていますので参照してください。説明された上で実践して初めてわかる操作が非常に多いのです。

一方で、iPhone 8/8 Plusも主に、深刻な品質問題を抱えていました。特に、iPhone 8 Plusで顕著にみられた現象で、使い始めてから少しも経っていないのにバッテリーパックが膨らみ、画面が装着されたフロントパネルが開いてしまう現象が多発してしまいました。中には買ったその地点で既に膨らんでいたケースもあり、非常にクリティカルな欠陥といえるものでした。そのため、一時ははまぐりスマホと皮肉られていたほどでした。

このようにイノベーションに固執するあまり、iPhone Xは非常に使いづらい端末になってしまったうえ、どのバリエーションも10万円以上という高嶺の花になってしまいました。これによって生じた問題として、分割払いで機種変更しようとしても精密審査で一括払いでの端末代金の清算を求められ、懐具合から敢え無く機種変更を断念した契約者が相次いだことでした。実際、お膝元の北米でもその高さから経済アナリストの評価はかなり辛辣で、本当に買うべきなのか疑念を抱くメディアも少なくありませんでした。iPhone 8/8 Plusもまた、高い価格の割に安作りの目立つ端末でした。iPhone 7で廃止されたヘッドホン端子もとうとう復活することがなく、まさに改善すべき点を放棄したまま斜め上に進化してしまったのが悔やまれます…。

以下は言わずにいられないと思いながらもオブラートにくるんできていましたが、敢えて話したいと思います。

Appleは数多のイノベーションを生むために数多の犠牲を払っています。一時はiPhone特需に沸いていた日本の部品サプライヤーも今や、Appleの経営方針に疑念を抱き部品供給から引き揚げる向きにあります。基幹技術に携わるメーカーであっても容赦なく足を切ってしまう悪態まで働いており、前述のPowerVRのライセンシー、Imagination TechnologiesですらAppleが自社開発GPUを開発する方針に転換したあおりでAppleから切られてしまった企業の1つです。その影響で同社の株価が暴落するなど、切られたサプライヤーに待ち受けているのは地獄そのものです。故に、地獄に堕ちる前に部品供給を引き上げたサプライヤーは賢明な判断をしたといえるでしょう。

極めつけは製造現場。明らかに明るい話題が少なく、製造を受託しているEMS業者の従業員の自殺が今なお相次いでいます。どうも劣悪な労働環境のようで、しかもそれをAppleがEMS業者に強いているらしく、余計タチが悪いです。このような体たらくですので、Appleはクソケータイメーカー・オブ・ザ・イヤー2017にふさわしいといえるでしょう。ある意味日本のそれよりもタチの悪いブラック企業です。こういう事実を包み隠しながらiPhone Xの提灯記事ばかり展開するマスメディアや大手ITメディアにも筆者はかなり辟易されました。これではまるでiPhone翼賛会です。

では、追記にて幸いにも(?)次点とどまりになった端末を紹介します。

続きを読む "筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2017" »

2017年12月27日 (水)

筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2017

さあ、本日、2017年12月27日正午に投票を締め切った本家大元に先立ち、筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2017を選出したいと思います。今年はこの機種がその栄冠に輝きました!

■大賞
AQUOS R SH-03J/SHV39/604SH
(シャープ株式会社)
―THE FLAGSHIP SMARTPHONE OF JAPAN
"かくて、日本勢もスマートフォンの将来を捉えた。"

Shv39

[画像はSHV39]

AQUOS sense SH-01K/SHV40
AQUOS sense lite SH-M05
(シャープ株式会社)
―ミドルレンジなのに長く使えそうな欲張りスペック!

Sh01k

[画像はSH-01K]

今回、大賞に輝いたのはシャープのハイエンドスマートフォン、AQUOS Rの3機種とミドルレンジスマートフォン、AQUOS senseシリーズでした! シャープとしては2年連続の大賞受賞になります。おめでとうございます!

[選評]
鴻海資本のもとで事業撤退をほとんどすることなく未曾有の経営危機から立ち直ったシャープ。いよいよ今年から、鴻海傘下としてスマートフォン開発の仕切り直しを図らんとしました。その手始めとして発表したのが、今回大賞に輝いたこのAQUOS Rでした。AQUOS ZETA/SERIE/Xxシリーズと各社でバラバラになっていたフラッグシップ機の一本化を狙って開発された端末です。

元々シャープはキャリアごとにラインが分かれていた非効率な端末開発方針でしたが、2015年秋冬モデルから徐々に基本設計を一本化してきていました。2016年夏に発売したフラッグシップ機ではキャリアモデルごとの差異がかなり少なくなっています。AQUOS Rのスタイリングは、このAQUOS ZETA SH-04H、AQUOS Xx3 506SH、AQUOS SERIE SHV34を継承しつつ、更に丸みを帯びたものになっていました。具体的に言うと、2016年度のフラッグシップモデルで目立った角が取れて柔和なラインを描いています。

AQUOS Rの「R」には以下の意味が込められています(参照)。

Reality…臨場感のある映像美
Response…なめらかで俊敏なレスポンス
Reliability…長く使える信頼性
Robotics…人工知能が賢くサポート

SoCとして採用されたのはクアルコムのSnapdragon 835 MSM8998です。Snapdragon 835はKryo 280をアーキテクチャーとしていますが、その実態はARM Cortex-A73をクアルコムが最適化したものでした。2.45GHz×8コアという凄まじく高性能なCPUを搭載していますが、この機種では約1割クロックダウンしたうえで2.27GHz×4コア+1.90GHz×4コアの2クラスターによる疑似big.LITTLE処理としていました。インテルに先んじて、最先端の10nmプロセスを採用しています。元々、Snapdragon 835は実用する上でほとんど発熱しない優秀なSoCでしたが、AQUOS Rでは本体シャーシや各種センサーを通して熱ダレによるパフォーマンス低下を防ぐ温度管理システムを具備していました。

RAMは4GBのDDR4 SDRAM、本体ストレージは今までのembedded MMCから一転、これから普及が期待されている64GBのUFSと、いずれもAQUOS史上初搭載になりました。ディスプレイはシャープのお家芸である5.3型IGZO液晶クアッドHD解像度(2,560×1,440pixel)を誇り、フロントカメラもSelfieが綺麗に撮れ4K動画にも対応した16メガピクセル、リアカメラは様々なモード撮影や4K動画撮影に対応し、光学式手ブレ補正にも対応した23メガピクセルカメラとなっていました。USB端子もmicroUSB-BからUSB 3.1 Gen1 Type-Cとなり、高速なバス速度と充電を実現していました。

ここまで説明すると普通のスマートフォンと一緒ですが、シャープは日本メーカーでいち早くAndroid端末を手掛けていたこともあって、技術の積み重ねがかなり豊富でした。そのため、様々な気配りのきいた機能や自社技術が活かせる独自機能を実装していました。特に、液晶のシャープと呼ばれているだけあってディスプレイへのこだわりは尋常ではありませんでした。スクロールしても残像が出ないハイスピードIGZOや、4Kテレビの技術で培ったHDR表示にも対応していました。2016年度のフラッグシップ機ではSHV34を除き本体横にあった指紋センサーも、画面下に移動しました。

また、エモパー[emopa]というAIテクノロジーを活用したアシスタント機能を本体に搭載していました。これはAQUOS ZETA SH-01Gなどで先行して対応したもので、以前は端末スペックの関係で処理が追い付かないことも多々ありました。しかし、それも度重なるアップデートや端末スペック向上で最近になって実用に堪えうるものになっていきました。

Aquos_r_roboqul

この機種ではエモパーを積極的に活用してもらう狙いにより、au版とソフトバンク版に限りロボクル[ROBOQUL]と呼ばれる充電台が付属しており、これにセットすることで手を触れずに情報を目にできるよう自動的に顔を検知して端末が回転するといった機能も具備していました。ドコモ版や後に発売された対応機種では付属していませんでしたが、家電店ルートで市販されたことにより、別途手に入れることで対応機種でもエモパーのさらなる機能拡張ができるようになっていました。

筆者もAQUOS Rの設計思想に大変共感した1人です。特に、下馬評では供給に不利とされていたSnapdragon 835の調達に成功したことに驚き、鴻海傘下になったことでEMS業者ならではの品質改善のノウハウ導入、当面の間OSバージョンアップやセキュリティパッチ配布が約束されるなど、安心して使える設計であることがメーカーからの発表でうかがえたのです。実際、筆者にとってもAQUOS SERIE SHI16(ISW16SH)以来となるシャープ機導入を後押しすることになった1台でした。決してベゼルレス設計などの時代の潮流に便乗していなかったものの、その分手堅い設計により非常に使いやすかった端末です。間違いなく、筆者の今年のベストバイガジェットといえる1台でした。

Android 8.0バージョンアップがキャリア端末としてはいの一番で配信されたこと、特にその一番乗りが大方の予想を裏切りau向け端末のSHV39だったことがいい意味で我々の期待を裏切ってくれました。悪い意味で裏切られてしまったISW16SHの時代があったのが信じられないほどです。その後、順当にドコモ向けのSH-03J、ソフトバンク向けの604SHとOSバージョンアップが配信されていました。

Shm05

[画像はSIMフリー版、SH-M05]

一方で、この頃電器店で注目の的になっているAQUOS senseシリーズも忘れてはなりません。ミドルレンジモデルなのに5.0型フルハイビジョンIGZO液晶搭載、カメラも実用やSelfieに堪えうるフロント5メガピクセル、リア13メガピクセル、モデルグレードの割に容量が大きめのRAM3GB、ROM32GBと、この層の割には欲張りなスペックでした。SoCはSnapdragon 430 MSM8937(Cortex-A53 1.40GHz×4コア+1.10GHz×4コア)とそこそこのスペックにとどまっていますが、実態としてはSnapdragon 617 MSM8952に近いスペックでした。

このAQUOS senseはシャープ発売のAndroid Oneシリーズの設計思想を継承しつつ、AQUOS Rシリーズに匹敵する機能を実現しようとした努力の賜物でした。こちらもやはり、OSバージョンアップや定期的なセキュリティアップデートがメーカーによって保証されています。NTTドコモではdocomo withシリーズとしてサブ端末需要を狙っていましたし、ユーザーの要望にこたえる形でSIMフリーモデルも販売されました。価格、機能、スペックのバランスがとれていることから、これからSIMフリースマートフォンが欲しい方へ、いの一番でお勧めしたい端末といえます。年明けにはソフトバンク版も発売されるため、尚更お勧めしたくなること請け合いです。

現在、日本市場ではiPhoneがやや優勢ということもあり、Android陣営は全体的に不利に立たされています。その中で、シャープはいかにユーザーから飽きられず、心変わりさせない端末を作っていたのかがうかがえます。機能、スペックの双方で飽きずに使える設計を心掛けていたことがシャープ機のこの2台をケータイ・オブ・ザ・イヤー2017に選出する決め手となりました。

このような努力を怠らなかったシャープ株式会社こそ、まさにケータイメーカー・オブ・ザ・イヤー2017にふさわしいといえるでしょう。追記にて、惜しくも次点入りにとどまった端末を紹介します。

続きを読む "筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2017" »

2017年12月22日 (金)

筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2017 [はじめに]

年末恒例のこの企画、実は筆者のblogの中でも特にアクセス数が高いトピックとなっています。今年も本家大元に便乗して選出してみたいと思います。まずは、今年の傾向について考察してみたいと思います。

■Androidでも10万超え! 高額端末の増加
日進月歩で高機能化するスマートフォン。とうとう、その影響が本体価格にも波及してしまいました。なんと10万円を超えた高額端末がAndroidでも登場することになってしまいました。フラッグシップ機の平均本体価格が8-9万円であることを考慮すると、非常に高いと感じること必至でしょう。

既にiPhoneファミリーではストレージ容量や画面サイズにより10万オーバーの端末が増えてきています。iPhone 6s/6s Plusの頃から顕在化してきました。iPhone 7/7 Plusでは歩留まりの悪いジェットブラック登場の煽りで更に10万越えのバリエーションが増え、iPhone 8/8 Plusでは10万以内の端末はiPhone 8の64GBモデルのみとなってしまいました。もちろん、iPhone Xは全バリエーションとも10万円オーバーです。

これがどう影響するのかといいますと、割賦斡旋契約を組む際の審査が精密化します。つまり、ジャックスオリコセディナなどがやっているショッピングローンと実態が同じになっています。審査内容によってはいくら分割払いを望んでも一括払いを求められること必至です。実際、iPhone X発売当時は「審査に落ちて買えなかった」という契約者が相次いだようです。もし、どうしても希望の機種を選ぼうとしても審査に落ちるのが怖いのであれば、次の機種変更に備えて貯金するのも検討していいでしょう。

■進むベゼルレス化

2017年初頭に発表された端末から、本体サイズいっぱいにディスプレイが搭載されているベゼルレス画面のスマートフォンが台頭してきました。本来はシャープが2013-15年発売の端末でEDGEST(エッジスト)デザインとして取り組んでいたことですが、当時未熟だった64bitアーキテクチャーの見直しでいったん白紙化され、改めて業界の潮流となったものです。その間に様々なブレークスルーが生じました。

まずは量産効果で有機ELの生産コストが下がったこと。次期iPhoneで有機ELが採用されるとの噂から(実際にiPhone Xとして搭載が実現)、これを搭載するメーカーが増えてきたことも後押ししていました。有機ELディスプレイは薄く縁が狭いためベゼルレス画面を実現しているのに向いているとされていました。また、曲げにも強く、後述する設計にも順応しやすかったのも事実です。iPhone XのほかにはLGのV30などが有機ELでベゼルレス画面を実現した有名な端末になるでしょう。

そして2.5Dガラスの一般化と3Dガラス採用機種の台頭。2.5Dガラスは曲面加工を施したシートガラスのことで、表面に丸みを持たせ、シームレスまたはなめらかなデザインを実現できます。そして重要なのが3Dガラス。これは完全にガラス素材そのものを曲げたもので、曲面ガラスとも呼ばれています。特に有名な採用例はサムスン電子のGalaxy SシリーズGalaxy Noteシリーズになります。サムスン電子はスマートフォン用有機ELディスプレイで世界最大手ですが、元々有機ELだから実現できるとして始めた曲面ディスプレイ、Edge Displayの技術が形を変えて、ベゼルレス画面の実現に一躍買ったようです。

一方で液晶ディスプレイでベゼルレス設計を目指したメーカーとしてはシャープが有名です。2017年12月22日発売のAQUOS R Compact SHV41/701SHには同社がかつて展開していたEDGESTデザインが活用されており、主に上部ギリギリに画面が収まっているというユニークなデザインになっています。「液晶のシャープ」の意地や面目躍如といったところでしょうか。実は、Android生みの親が開発したEssential Phoneも液晶でベゼルレス化を目指した機種でした。

このベゼルレス画面ですが、日本ではやや否寄りの評判になってしまっています。主に誤操作や使いにくさを嫌気する向きにあるようです。機種によっては画面がいびつになってしまうこともあり、それもしばしば批判のやり玉に挙げられることも…。果たして、日本市場ではその後のスマートフォンの変化に順応できるユーザーが増えていくのでしょうか?

■MNOとの共食いと淘汰が進むMVNO
FREETELを運営するプラスワン・マーケティング株式会社が回線事業をRakuten Mobileへ譲渡し、端末メーカーとして生き残りを図らんとすとの報道がモバイルファンから大きな衝撃を以て迎えられました。ここから浮き彫りになってきたのがMVNOとしての見通し、戦略、通信品質に対する認識の違いでした。FREETELはMVNOであると同時に端末ブランドでもあります。端末メーカーとしては後述します。

現在営業中のMVNOのほとんどは株式会社NTTドコモから回線を借りて運営しています。一方で、今年にわかに注目を集めたのがKDDI株式会社やソフトバンク株式会社から回線を借りて営業しているMVNOでした。ドコモ系回線を用いるMVNOは一部を除いて、通信速度の遅さから嫌気され始めた格好です。

中でも、KDDIの関連会社としてau回線を用いたMVNO事業を展開しているUQコミュニケーションズ株式会社が非常に速いと評判になっています。au系のMVNOは少ないですが、その代わりに積極的な広告戦略が特徴的です。株式会社ケイ・オプティコムが展開しているmineo(マイネオ)もまた、au系メインのMVNOとして有名です。UQは全国でモバイルWiMAXを展開していますし、ケイ・オプティコムはeo(イオ)のブランド名で光回線を提供しており、関西ではフレッツをしのぐトップシェアを誇っています。このように、本業の片手間でMVNO事業を展開している業者が制する構図となってきました。それに該当するMVNOはほとんどがISP系またはネットサービス大手です。

一方、厳密にはMVNOといえないものの、MNOのサブブランドという微妙な立ち位置にいるY!mobileも善戦しているようですが、その一方で大元のソフトバンク回線の大量解約が目立ちます。これは従来のようにモジュール契約という名の水増し契約ができなくなったこと、そのモジュール契約の大量解約が目立ったこと、そして看板ともいえる存在だった孫正義氏が第一線から退いたことやキャリアとしての優位点を失ったためY!mobileや他社への流出が目立ったことがあげられます。この頃はUQやmineoとauの関係がそれに似てきています。このように、回線を貸し出すMNOと、それを借り受けてサービスを提供するMVNOとの間で共食い合戦が始まっているようです。

依然として進まないのが決済手段の拡大です。ほとんどのMVNOが決済手段をクレジットカードに限定しています。これは、クレジットカードだけで個人情報の確認が取れることとも大きくかかわりがあるようです。口座振替でも契約できるようになったMVNOがこの頃増えていますが、非常に鈍いペースです。故に、MVNOが未だに「モバイラーが複数台持つ中の副回線」としての地位から脱せていないことがうかがえます。

FREETEL破綻の原因の1つとして、有人店舗の開設などMNOの採る戦略を模倣したことも裏目に出ていたようです。FREETELは半官半民ファンドからも出資を受けて、海外展開をもくろむなど一時は非常に勢いづいていたように見えました。しかしながらこれは本来MVNOが採るべき戦略とは逆行するものでした。UQなど、一部MVNOはコストを切り詰めるべくSIMカードを置いてもらう店舗探しなどといった地道な努力を重ねていました。つまり、SIMカードの購入費が手数料代わりとしてそのままMVNOに入ってくるという塩梅です。本来ならばMVNOはコスト削減のために無店舗でも展開できる業態ですからね…。

■SIMフリー市場の拡大とスペック至上主義の終焉の裏で…

昨年から急激に拡大してきたSIMフリー市場ですが、それに影響するかのようにキャリア端末の中でも売れ筋が移り変わるようになりました。相変わらずハイスペック機を求めるきらいはあるものの、拡大したのはミドルレンジ機のシェアでした。特に、昨年からミドルレンジ機に力を入れてきたシャープの勢いはとどまるところを知りません。国内の大手キャリアの中で前述の「共食い」を唯一起こしていない株式会社NTTドコモも、その動きに非常に敏感でした。

2016年にZTEジャパン株式会社へ開発委託したMONO MO-01Jを発売していましたし、2017年にはdocomo withとして基本料、端末代金ともに格安のプランを用意することになりました。ここでもやはり、用意された端末はミドルレンジばかりで、arrows Be F-05JGalaxy Feel SC-04JAQUOS sense SH-01Kでした。もちろん、MO-01Jの後継機、MONO MO-01Kも対象になっています。中でもAQUOS senseやそれに準ずる端末は非常に人気で、電器店でも注目の的にされているとのことです。

キャリアを通さないSIMフリー端末は大体がDSDS(Dual-SIM & Dual-Standby)対応になってきました。これはMVNOで使われることや、キャリア回線とMVNOをひとまとめにすることが想定されてそうです。品質もキャリア端末のミドルレンジと遜色ないものばかりになってきました。人口10万弱の地方都市にある電器店でもHuaweiやASUS、ALCATEL(TCL)、そしてFREETELなどといったSIMフリー端末がかなり手に入りやすくなってきたと感じます。

一方で、SIMフリー市場においてはサポートや品質に疑義のある事項も生じました。メーカーにもよりますが、セキュリティパッチやOSバージョンアップに対する認識がまちまちです。中には、メーカー修理やアップデートをめぐり、その対応のまずさから炎上を起こしたメーカーまでありました。最悪のケースとして品質問題に発展したメーカーもあり、多くのモバイラーから期待されながらもスマートフォンのバッテリー発火問題のみならず、他の分野でスペック詐称問題を起こした結果信用が失墜したUPQ、スペック相応の品質や安定性を確保できなかったFREETELが引き合いに出されています。

特にUPQはせっかくの第2弾モデルになるはずだったUPQ Phone A02の発売中止のみならず、提携先から見放され新商品を出す余裕すらなくなるなど、自業自得としか言いようのない惨状に発展してしまいました。FREETELはMADE BY JAPANを掲げながらも実態は中華スマホそのものでまさに羊頭狗肉の極まり。MVNOと端末メーカーの両立はかなり難しかったようで、12月に入り民事再生法を適用し、倒産してしまいました。

■やっとAndroidファンに安堵の色
今まで、キャリア端末向けのOSバージョンアップは1度きりか全くない状況が長らく続いていましたが、これは過去の話。長らくキャリアにより蹂躙されつくしたAndroidユーザーが安心してスマートフォンを継続利用できるようになりました。2015年夏モデル以降、2度目のバージョンアップを受けられる機種が多くなってきたようです。一般的に2015年度モデルはAndroid 7.0まで、2016年度モデルはAndroid 8.0までのバージョンアップが保証される打算となりました。

また、キャリア端末ながら迅速にAndroid 8.0へのバージョンアップが提供された端末もあります。かつてはバージョンアップ提供まで生産開始から1年弱待たなければならなかった端末ですら、その半分ほどにラグが縮まりました。キャリア各社でOSバージョンアップ提供時期がバラバラだったり、そもそも提供すらされなかった状況もだいぶ改善の兆しがみられています。

その背景に、キャリアのみならず、端末メーカーもGoogleのパートナーに指定されたことが挙げられるでしょうか。あまり目立っていませんが、Android 8.0の目玉機能の1つにProject Trebleが挙げられます。これは、Android OSとメーカー別のファームウェアが別個にアップデートできるというもので、OSバージョンアップのサイクルを早められると同時に、同じ設計なのにキャリア間でOSバージョンのフラグメント化が防げるという利点もあります(参考)。

一方で、日本市場ではPixelシリーズの発売は結局見送られました。Pixelシリーズの前身、Nexusシリーズの販売実績が凄惨たるものだったうえ、販売キャリア(特にソフトバンク)からもぞんざいに扱われていたあたりGoogle側が察していたのでしょうか。一方で、Project Trebleの存在により、パートナーメーカーの端末を持っていれば最新OSにより早く触れられることになりそうです。Pixelシリーズの市場投入がしばらく見送られた日本では、パートナーメーカーの端末がそれに準ずる扱いとなるようです。

因みに、パートナーメーカーに指定されたのは11社で、その中にAndroid 8.0の開発に深く関与したソニーモバイル、Android Oneの販売実績のあるシャープ、京セラ、HTC、そしてLGやサムスン、Huaweiなどの日本市場でも存在感を放つメーカーがあります。なんとかXperia Z5系のAndroid 6.0バージョンアップのようなウルトラC、実現するといいですね。

■今後の予定
今回はちょっと忙しなくなりそうです。本家大元に合わせて、以下の予定で発表します。

・筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2017
本家大元の投票締切日、2017年12月27日発表

・筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2017
本家大元の結果発表日、2017年12月28日発表


いつものように大賞および次点を選評とともに発表します。今回はケータイメーカー・オブ・ザ・イヤーとクソケータイメーカー・オブ・ザ・イヤーも併せて発表したいと思います。乞うご期待!

2017年9月 2日 (土)

AQUOS Reborn

2017年9月2日の昼前、突如KDDI株式会社から筆者宛に荷物が届きました。

Img_0020

先に申した通りAQUOS R SHV39が中に入っているのですが、こんなにでかかったかなあ。ということで開封してみます。

Img_0022

[右側の内箱が左側の外箱に収まっている]

やっぱり…元箱がでかいですね! 後述の通りロボクルが入っているためです。これまで手にしてきたスマホの中では一番大きな箱でした。ドコモ版はロボクルがつかない分、結構小さな箱になっていると思われます。で…こんな感じでした。

Img_0024

本体を取り出したところです。右側がキャリア共通の付属品(取説セット、SIM着脱ピン、地デジ受信アンテナ)で、左側が例のロボクルです。

ちなみに筆者の個体は中国製です。鴻海傘下になったことで、シャープはEMS業者でもある鴻海(FOXCONN)の拠点を都合してもらうことができるようになったのでしょう。または、製造はシャープの中国法人で、鴻海から製造のノウハウを伝授してもらったのだと思います。かつては東広島市の事業所で初期ロットを生産した上で中~後期ロットは中国製といった塩梅でしたが、今は全数中国製にして、東広島の拠点で検品を行っているものと見られます。このやり方、タイ王国で生産し追浜工場で検品を行って出荷するK13型日産マーチに似ていますね。

Img_0025

ロボクルはこんな感じでブリスターパッケージに入っていました。全社共通USB Type-C充電クレードルだが、AQUOS Rを充電している時だけロボクルとして機能するというべきでしょうか。ロボクルはシャープ機の特徴であるエモパーと連動して動作します。そういえば、某所でこれが中古価格540円で売られていたのを見たなあw

Img_0030

日本では5GHz帯の無線LANの利用はようやく制約が緩くなった模様で5.6GHz帯(W56)ならば屋外でも使えるようになりました。しかし、EU諸国(離脱予定のイギリスを含む)などでは未だに5GHz帯の無線LANに使用制限がかかっているようです。この旨が日本メーカー機では珍しく箱に記載されています。

Img_0033

さあ、使えるよう準備に取り掛かります。モックの段階ではフレームがメッキ加工された強化樹脂製ではないかと懸念していましたが、れっきとしたアルミフレーム採用で安心しました。同じくアルミフレーム採用のAQUOS ZETA/SERIE/Xx3と比べると丸みを帯びていて、荒削りな印象を受けた昨年のフラッグシップ機よりはよほどマシな印象を受けます。

でも…電子説明書を読んでみましたが、両面ガラスだと思っていたのですがそうじゃなかったんですね。リアパネルはガラス混合でハードコートを施した、ポリエチレンテレフタラートとポリカーボネートの混合樹脂製だそうです。要するに、両面ガラスではないが表面が強化ガラスで裏面が強化有機ガラスってことですね。

Img_0034

SIMカード/SDカードトレイを取り出し、変更前の機種からそれぞれ入れ替えます。同封された書類では「端末増設扱いなのでそのままポンでOK」とあります。但し、入れる向きがXperiaと逆になっていました。このトレイに接点が下になるようにセットして、ということのようです。Xperiaの場合はひっくり返してSIMカード/SDカードトレイを引き出し、そこに接点側を上にして本体にセットするようになっていましたからね。

Img_0035

スイッチオン! 真っ先に出るシャープロゴと「POWERED BY android」が出た際は久々にわくわくしましたよ! 日本勢でこれほどわくわく感を味わえる端末はなかったです。

Img_0036

大きさ比較。5.3型液晶なので、左側のXperia Z5 Premium SO-03Hに近いですね。それに重さも同じく。右側がこれまで使っていたXperia X Performance SOV33ですが、如何にずんぐりむっくりしていて当時ハイエンドを騙っていたかがうかがえます。あれじゃ謳っているのではありません。あれで当時9万円強ですから、もうげんなりしてしまいます。

※オンライン修理キットが届いたので、Z5 Premiumはこれから梱包した上でドコモ送りとなります。残念ながらAndroid 8.0バージョンアップ対象機種から外れましたが、しばらくは予備機として動態保存したいな…。

これでお役御免になったSOV33はゲオへ下取りに出したのですが、13,000円とかなりしょっぱい結果になってしまいました。なぜかXperia Z5 SOV32よりも下取り査定額が安いです。実は、ゲオモバイルによるau版Z5の下取り相場は2017年9月2日現在14,000円になっています。どうしてこうなった…。SOV33は9万円強もした現金価格に見合わない下取り相場だと思います。

■少し使ってみた印象
デザインは良くも悪くもスマホ界の王者のいいとこどりという感じで好みが分かれますが、筆者はむしろ飽きてこないのがいいと思っています。それに、5年前は1日も経たずして電池がすぐ切れるのが日常茶飯事だった日本勢のスマホでしたが、AQUOS Rはかなり電池持ちがいいです。これなら、外出してから帰宅するまで電池がもってくれそうです。長エネスイッチという、これまでの「エコ技」に相当する機能が搭載されていますが、これを使わずとも丸1日はもちそう。

5年前はちょっと使っただけでアツアツになる機種も目立ちましたが、AQUOS Rはほんのり温かくなる程度でとどまっています。長年シャープ機ユーザーを悩ませてきたタッチパネルの挙動も問題ないレベルまで改善されていて、長年Xperiaほぼ一本だった筆者にしてみればやや違和感が付きまとったものの「気になる程度ではない」のが救いでした。

この5年間でガラスマの足を引っ張るだけの存在だった独自機能の一部もAndroidの標準機能として実装されたり、OSバージョンアップの足を引っ張らないように実装されていたりします。ようやくガラスマが素のAndroidに近付いてきた印象を受けますね。5年前は独自機能を実装しようと日本勢が蛮勇さを見せるも、パフォーマンスや安定性の足を引っ張るだけでちっとも快適に使うのに貢献しようとしなかったのです。時代が変わってきましたね。

ということで、筆者は間違いなくAQUOS Rは買いだと太鼓判を捺すことにします。シャープはこの機種を併せて、スマートフォンを2017年度だけで累計100万台出荷したいと意気込んでいますので、本当に期待したいと思います。元々筆者の家では白物家電もシャープを使っていたのですが、久々に手にしたシャープ製品ということで喜びもひとしおです。

※ちなみにAQUOSスマートフォン史上最も売れた機種はAQUOS ZETA SH-02Eで約60万台とのことです。

使用感などは追って報告してみたいと思います。

2017年8月31日 (木)

SHは恋のイニシァル

Aquos_r

色々悩んだ末、auのサブ回線をAQUOS R SHV39に変更することにしました。auオンラインショップにて機種変更を申し込み、審査、発送を待つのみです。もし、無事に発送されたならば筆者はAQUOS Phone SERIE SHI16(ISW16SH)放出以来、実に5年ぶりにシャープ機を入手し、3年ぶりにシャープのスマホに触れられることになりそうです。

徐々に筆者におけるauサブ回線の存在意義が揺らいできていますが、将来の引っ越し先が決まっているだけに光回線は引っ越し後の自宅に引くことにしているため、固定代替としての意味合いが強いです。20GBプランで運用していますが、これでも十分すぎるほどです。テザリング運用ではありますが、滅多に20GB喰い尽くす月はありませんでした。

■なぜAQUOS Rなのか?
本来ならばXperia XZs SOV35に機種変更していただろうこの回線ですが、なぜAQUOS Rにすることになったのか、要点をかいつまみながら解説したいと思います。

・XZ Premiumがauで出なかったから
ドコモのサブ回線はXperia XZ Premium SO-04Jへ変更予定です。実は、ソニーモバイルが夏に本当に売り込みたかったのはXperia XZ Premiumと言われていますが、何を血迷ったのかドコモ専売になってしまい、auやソフトバンクではXperia XZのマイナーチェンジ版、Xperia XZsのみの扱いになってしまいました。筆者はXZ PremiumがSOV36(仮)としてauでも発売するものだと淡い期待を寄せていただけに、大きな落胆を味わったものです。

但し、Xperia XZsは評価できる点もあります。RAMが4GBになっている点です。一応、フルハイビジョンディスプレイ搭載ならばキャリアモデルであってもRAM容量は3GBで十分と言えますが、1GB多いだけでも大分違うと評判です。具体的には、バックグラウンドアプリの処理能力が格段と上がっているようです。

しかしながら、XZsに搭載のS820で対応できるはずのUSB 3.1 Gen.1やUFSは使われていないため、ここら辺でボトルネックになっていますね。本当にXperia XZのマイナーチェンジ版らしく本体のUSBバスは2.0留まりだし、本体ストレージは旧態依然たるeMMCでした。これで一括84,240円は高いなあ…。

・元々、ガラスマ枠だったこと
auサブ回線は元々、記念すべきauのAndroidスマートフォン第1号だったIS01を体験するために開通させたものでした。ところが、OSバージョンアップが反故にされたことでIS03に変更の上、前述のISW16SHを最後にガラスマ運用をやめてしまうことになりました。政策上LTEへの移行を促していたのも一因です。一方で、auメイン回線はSH006まで契約上はガラケー回線でしたが、Xperia acro SOI11(IS11S)導入から徐々にスマートフォン運用回線としての側面を強め、最終的にXperia枠になっています。途中でARROWS Z FJI11(ISW11F)/FJI13(ISW13F)など人柱要員になっていたりしますがw このように、シャープ機を使っていた経験があったことこそ、SHV39を選ぶ原動力の1つになっていました。

※IS01は筆者が使ってきた中で唯一、本当の意味で廃棄処分したスマートフォンでした。詳しくはこちらにて。

ところが、auサブ回線をLTEへ転換する上で、Xperia UL SOL22に変更してしまったことでXperiaのチック・タックを追わざるを得なくなってしまいました。ここから筆者がXperia一択になる傾向が一層強まってしまったのですが、これにピリオドを打てるきっかけが昨年にできました。それが、auサブ回線のXperia X Performance SOV33への、ドコモサブ回線のXperia Z5 Premium SO-03Hへの機種変更です。しばらく同一スペックの機種への変更が続いていましたが、ここで変化を付けることができました。やはり、Z5 Premiumの4Kディスプレイの凄さを体験してみたかったのもあります。

2017年初頭の機種変更こそ各社ともXperia XZですが、ここで色違いにしたことも何か「違い」を付ける狙いがありました。

・テザリング親機として頼もしい充電台付属

Aquos_r_roboqul

Xperiaではマグネット接点からキャップレスUSBになって以来、充電台が別売になってしまいました。一方で、AQUOS Rはドコモ版を除きロボクルと呼ばれる充電台が付属します。その名の通り付加価値機能が付いた充電台なのですが、テザリングで運用するには絶えずこれにセットできれば文句なしでしょう。

ロボクルは単品売りもされていますが、やはり結構高いです。1台5~6,000円もします。これがドコモ版以外に付属するといいますから、結構お買い得です。ちなみに市販のロボクルはXN-T01という型番らしいです。勿論、AQUOSシリーズ以外でも使えなくはないですが、エモパー連動機能が使えないので単なる充電台になってしまいます。

充電台としては確かに優秀なのですが、実はQuickCharge 3.0やUSB Power Deliveryに対応しておらずキャリア純正アダプター泣かせになってしまっています。但し、定格では5V3.0Aの電流印加に対応しているため、air-JのUSB Type-C専用ACアダプターがここで使えそう。

・5年でどう変化してきたか見てみたかった
ISW16SHを入手したのは2012年。AQUOS SERIEシリーズの初代でしたが、WiMAX機能の使い勝手の悪さやSoCの安定供給がままならず短期かつ少量生産で兄弟機ともどもほろ苦い出だしになったのは否めませんでした。但し、MSM8660Aという当時としてはパフォーマンスがかなり良好なSoCを搭載していたので、auの当時のネットワーク環境や端末UIの劣悪さが惜しまれるばかりです。

RAMは常にカツカツでしたが、実はかなり進歩的な設計になっていて、Feel UXは今日のAndroidを先取りしていたかのようにロック画面で直接カメラやメール、電話へアクセスできるし、他社も真似ていた情報ディスプレイ機能も付いていました。

このように当時のシャープの技術の粋が詰まっていた初代AQUOS ZETA/SERIE/Xxでは蟷螂の斧だったのか、「シャープの理想が詰まっているが現実を見て妥協した」痕跡が多々見られます。ようやくこれを実現できたのが第2世代AQUOS ZETA SH-02Eなのは記憶にとどめるべきでしょう。

そして、AQUOS R。SoCはbig.LITTLE処理のオクタコアCPU、Snapdragon 835 MSM8998へと大進化を遂げたし、RAM4GB/ROM64GB(UFS)、ディスプレイはシャープの将来が託されたIGZO液晶…と、新生シャープ渾身の1台になっています。特に、下馬評ではサムスンに独占供給の見通しと観測されていたS835の確保にシャープが成功したことは称賛に値するでしょう。5年前はMSM8960の確保でしくじって初代AQUOS ZETA SH-09Dの早期販売終了という憂き目に遭っていましたから…。

・メーカーから継続的なOSバージョンアップが確約されている
これについては海外勢の端末やNexusおよびPixelシリーズならできて同然、日本で販売されている世界的なメジャーブランドも必ず1~2度は、そして国産勢は少なくとも1度は受けられるものです。しばらく日本勢から遠ざかってXperiaにしたのも、「必ず1回はOSバージョンアップがあるから」という理由からでした。とはいえ、筆者が使ってきた端末の多くは悉くキャリア側に蹂躙され尽くした挙句、OSバージョンアップを拒否されたか、もう1度受けられるはずなのに取り下げられるという憂き目に遭ってきました。

特にauの3Gスマートフォンは本当に酷かったです。確信犯と言わざるを得なかったほどです。IS01のAndroid 2.1へのバージョンアップを明言しながら反故にされてしまったし、ISW16SHも発売当時はAndroid 4.1バージョンアップが最も近い機種といわれながらも結局なし。ISW13Fも、実はAndroid 4.2へのバージョンアップが実現していれば少し持ち直せたはずでしたがねえ…。

このように、メーカー間でOSバージョンのフラグメント化を誘発してしまったAndroidに対し、iPhoneはメーカーサポートが切れるまでずっとiOSのバージョンアップを受けられるのが売りでした。これもiPhoneが日本人に好まれる理由の1つらしいです。しかし、iPhoneの持つこのアドバンテージは徐々に薄れていきました。SoCの高性能化や64bit化でAndroidでもOSバージョンアップが何度も受けられる機種が増えています。2015年以降発売の機種ならば、最新のAndroid 7.0へのバージョンアップができるようになっているものが少なくないはずです。

しかし、なかなかOSバージョンアップをさせないことで悪名高い機種もありました。主に京セラ機やソフトバンク向けシャープ機が槍玉に挙げられます。どうも京セラの場合は最新のAndroid OSで使いたいならば最新の機種にすべきとの思想から敢えてバージョンアップを放棄することが多いようです。一方で、ソフトバンク向けシャープ機は売れていないのかアクティブユーザーの少なさが大きな原因になっているようで、しばらくの間Y!mobileブランドで叩き売りすることで在庫調整せざるを得なかったほどでした。その当時のAQUOS Xx/Xx2/Xx2 miniに相当する他社向け端末はトントン拍子でバージョンアップにこぎつけているのにねえ…。

鴻海傘下になってから開発されたAQUOS ZETA/SERIE/Xx3は前半は自力で、後半は鴻海の支援で開発された機種ですが、鴻海傘下になってから新規開発されたAndroid Oneシリーズの経験が生きたようで、2012年発売のPANTONE 6 200SH以来4年ぶりとなるソフトバンクによるシャープ機向けのAndroidバージョンアップが実現しています。ドコモ版のAQUOS ZETA SH-04Hに至っては、キャリア端末としてはかなり早い段階でAndroid 7.0になることができました。

話が逸れてしまいましたが、AQUOS Rもシャープにより継続的なAndroidバージョンアップが確約されています。勿論Android 8.0へのバージョンアップもそう遠くはない未来に実施されそうです。OSバージョンアップが受けられなくなった後も、セキュリティパッチが適用できるので絶えず安全を確保できるのも頼もしそうです。やはり、Android Oneシリーズ開発に参加したことがプラスに働きそうです。

実際、Android 6.0以降のバージョンの端末では絶えずセキュリティパッチが適用されており、au向け端末も「セキュリティ機能の更新」といいながらも目立たないマイナーバグをこっそり修正するアップデートが目立ってきています。シャープは比較的セキュリティパッチの更新に前向きといえるメーカーではないかと思っています。これはAQUOS Rシリーズのマイナーアップデート状況でもうかがうことができます。

…とまあ、一時は見切りをつけていた日本勢のスマートフォンがどのような進化を遂げたのか、この目で確かめたかったのも事実です。到着次第、続報を更新したいと思います。

実はドコモサブ回線で運用中のXperia Z5 Premiumは画面に微細な傷が付いており、ドコモショップで点検してもらったところ外装交換を勧められました。操作に支障がない旨を伝えたので、故障修理でなくとも対処できるようです。

ケータイ保証サービスに登録している端末でなければ上限額5,400円で直せなくなるらしく、機種変更後に修理を行うと実費になってしまいます。それを知った筆者は直ちにオンライン修理で外装交換を依頼することになりました。久々にオンライン修理を利用しますが、XZ Premiumへの機種変更はそれが完了するのを待ってからになりますね。

[2017.09.01更新]
無事、auオンラインショップでの審査を通過した模様です。早ければ、筆者が32歳の誕生日を迎える前にはAQUOS Rを手にしているかもしれません。

それに…肝心なことを忘れていたので加筆、修正しました。

2017年2月 1日 (水)

うれC たのC XZ

Img_0005


やっとこさ、auのメイン回線をXperia XZ SOV34へ機変することができました。但し、ケース調達の関係から、実使用は来週からになりそうですorz 記憶によればXperia Z5 SOV32は現金価格84,240円でしたが、本機は73,440円。不思議なことに、フラッグシップ機でありながらXperia X Performance SOV33(以下、XP。現在は59,400円だが入手当時は92,880円)よりも大分値下がっています。

元箱はXPよりも更に薄くなっている印象ですね。この薄さだと、海外版もACアダプターを別途購入することになってしまいそうです。それとも、それが入るギリギリの薄さなんでしょうか。中に保証書が入っていないのは事前に把握していましたが、最近は修理に出す際、特に提示を求められませんからね…。今後はIMEIにて保証状況を管理することになったそうです。

本来なら人気色、フォレストブルーにするところでしたが、暗色系のベゼルに食傷気味なのと、指紋センサーを兼ねたシルバーの電源ボタンが浮いて見えることから、今回はディープピンクにしてみました。海外では追加色として一部地域で発表されたものですが、日本版では最初からラインナップされ、かつ標準カラーとされています。Z5のように限定カラーではないです。一旦明るい色のベゼルに慣れてしまうと、後戻りできなくなってしまいますねw

Img_0012


まるでロゼワインのような色調です。リアパネルは神鋼と共同開発した新素材、ALKALEIDO(アルカレイド)が採用されているそうです。このリアパネルはSoCの放熱板も兼ねているそうです。おそらく、Z5系でガラスパネルの採用をやめたのは放熱効率の強化も狙ったものでしょう。常に放熱対策に悩まされたXperiaにおいて、Z2で初採用したヒートパイプもXPを最後に廃止となりました。

本体デザインコンセプトもオムニバランスデザインからループサーフェスデザインへと変更が図られています。ということは…Z5系こそオムニバランスデザインが採用された最後の機種です。確かに、シリンドリカルなデザインになったことで、持ちやすくなってはいます。XPではさしたるデザインコンセプトがなかったうえ、ファンから「おむつ」と揶揄された日本版のデザイン改悪があってすこぶる不人気でしたね…。まあ、XPは持ちやすかった部類ですけど。

Img_0011

[Gレンズ搭載。多分。]

Xperiaの売り、カメラも大幅な強化が図られています。特に、AFはパッシブ式とアクティブ式のハイブリッド方式により、非常に速くピント合わせができるようになっていました。RGBセンサーも併せて搭載することで、原色に忠実な表現もできるそうです。ユニークなのはマニュアルモードの搭載で、シャッター速度とフォーカスを手動調整できるようになっています。さすがにスマホのカメラでは絞りの調整は難しかったようです。XPを継承して、Selfieもきれいに撮れる13メガピクセルのフロントカメラももちろん搭載しています。

Img_0008


USB端子は今までのUSB micro-Bから今後普及が期待されているリバーシブル型のUSB Type-Cに替わりました。防水対応コネクターの調達に苦慮した結果、XperiaではこのXZでようやく採用に至ったそうです。但し、グローバルサイトで読めるホワイトブックによればXZでは内部バスはUSB 2.0対応になっているそうです。USB Type-Cは本来、USB 3.xのために規格化された端子形状ですがねえ。USB micro-Bと比べて、耐久性が上がり接触不良に強そうな印象を受けました。

同じくリバーシブル型でiPhoneで採用されているLightningコネクターとは逆で、ケーブル側はメス、コネクター側はオスになっています。Lightningコネクターは逆にケーブル側がオス、コネクター側がメスになっていますが…あの形なので結構端子が折れたという報告が尽きぬようで。どうせなら、次期iPhoneからLightningをやめて、USB Type-Cと互換性があるThunderbolt 3にすればいいのにねえ。

愚痴はここまでにして…問題になったのが充電方法です。

Img_0004


しばらくの間、社外品ですがエアージェイAKJ-CT3を用いることにしました。QC3.0対応ではないですが、5V/3.0Aと大出力にも耐えられるのが決め手になりました。社外品にしては出来がいい部類で、満充電まで安定して動作できます。かつて、スマホ黎明期に社外品ACアダプターで保護回路が作動して途中で充電が止まったのを思い出しますが、良質な社外品アダプターも増えてきましたねえ。

USB Type-Cのためにある規格もあります。それが、USB PD[Power Delivery]というもので、既にMacBookなど一部ノートパソコンでも採用実績があります。なんと、20Vもの電圧印加に耐えうる規格で、充電機器と充電する機器、ケーブルのすべてが対応していることが条件になります。最近は限定的ながらUSB PD対応のType-C端子を搭載したパソコンも発売されているので、バスパワー充電もイケそうですね。大方は5V/3.0Aというケースみたいです。

まずは第一段階として、一通りプリセットアプリをアップデートしておきました。工場出荷時の状態でベンチマークをとってみましたが、かなり良好な結果が出ます。但し、ストレージがeMMCなのがボトルネックになっているようで、同じSnapdragon 820搭載のGalaxy S7 Edgeに多少見劣りする結果です。XPよりかなりスコアが上がっているようで、AntutuではなんとiPhone 6s/6s Plusを軽々と超えてしまいました。

Xperia XZにはXPともども、Android 7.0へのバージョンアップが提供されていますが、しばらくはAndroid 6.0.1の状態で運用してみようと思っています。一方、Z5系はしばらくの間、予備機として手元に残しておく事にします。Android 7.0へのバージョンアップも予定されているし、XZでは割愛されているFMラジオ機能が搭載されているのでFM補完放送も聴けることが決め手になりますね…。FM補完放送でラジオが再び話題になっているのに、Xperia arc以来搭載してきたラジオ機能を廃止してしまったのが惜しまれます。

本来なら同時にドコモのZ5も店頭でXZへ機変することにしていましたが、時間の都合で門前払いを喰らう羽目になってしまいました。地方都市なので、受付終了が夜7時と早めです。キャリアから派遣された専門スタッフがいなければ手続きできず、電器店では「もう少し早ければ手続きできたのですがねえ…」と言われてしまいました。

そこで仕方なくドコモオンラインショップで手続きすることに。同時にUSB Type-C変換アダプターと、USB Type-C専用ACアダプター、ACアダプター06も用途限定ポイントを用いて交換することにしました。因みに、Z5で同一色にした結果混乱した反省から、色違いのプラチナを選んでみました。やっぱり人気色のフォレストブルーではありませんw ところで、駆け込みで機変しようと思ったのはGoogle Playウインターキャンペーンのためですが、オンラインショップで機変してもそのクーポンはもらえるのかな? 早くて、節分の2月3日に納品となるので、楽しみです。

Img_0006


小ネタ。Xperiaロゴの「X」に漢字の「」が紛れているように見えます。つまり、人とともに進化するシリーズであることを暗示しているのは間違いないようです。Galaxy S IIIのキャッチコピー、「Designed for Humans」を想起させますね。

ところで、niftyの再編が決まったようで、個人向けISP事業は新法人設立の上で株式会社ノジマへ譲渡、法人向けクラウドコンピューティング事業は引き続き富士通グループとして展開するが新会社へ吸収分割となるそうです。もちろん、個人向けISP事業はココログも包含されているわけですが…本blogは今後もココログにて更新継続いたしますのでご安心を。

2016年12月29日 (木)

筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2016

2016年12月28日、本家大元から読者が選ぶケータイ of the Year 2016が発表されました。今年は4年ぶりにAndroid端末としてXperia XZ SO-01J/SOV34/601SOがキャリア端末部門のトップに輝きました。

Xperia_xz


インプレスによればAndroidが成熟の域に達したことを伺わせる端末であると評されています。クアルコム独自開発に戻った64bitのマイクロアーキテクチャーKryo(クライオ)採用のヘテロジニアスクアッドコアチップ、Snapdragon 820 MSM8996(2.15GHz×2+1.60GHz×2、Adreno 530)によりハイエンド機らしい良好なユーザーエクスペリエンスの提供を実現しています。そのほか、複数のセンサーを併せてより高速なピント合わせを実現したカメラ、放熱プレートも兼ねた新素材のバックパネル、これからの業界標準I/OとなるUSB Type-Cに対応する一方で充電制御を工夫することでバッテリーに優しい充電を実現するなど、ハイエンドスマートフォンならではのこだわりが詰まった1台でした。実のところ、筆者も年明け後にこの機種への変更を予定しています。Xperia X Performanceが想像よりも良かっただけに、実機を手にするのが楽しみです。

いよいよ、2016年に発表された中で最もイマイチだったスマートフォンを発表したいと思います。これまでの傾向を振り返ってみると、こんな感じでした。

・使うのも苦行なのにアップデートする度に充電が必須でなおかつ最長2時間も使えなくなる機種
・理想ばかり突き詰めてスマートフォンの基礎がガタガタになってしまい、最終的にメーカーを自滅に追いやりガラホ開発への望みを潰してしまった機種
・国産LTEモデム計画の挫折とともに儚く散った機種
・単体で安く売れたはずなのにゴミスペックのワイヤレススピーカーとの抱き合わせ販売で高額端末と化したミドルレンジ機
・普及する見込みがないのにGeek向けと銘打って、一般受けしないスペックと戦略をとったことで不興を買ったFirefox OS機

筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2015の不名誉に輝いてしまったFx0 LGL25は今、大変カオスなことになっています。なんとSIMロックを解除され、海外へ転売されてしまっています! (参考記事) 実際に、参考記事ではカスタムROMを焼いてAndroid端末として運用してみた結果も掲載されています。関心のある方はぜひご覧ください。本来はグレーゾーンの運用法ですが、これによってAndroid端末として延命を図ることもできます。もちろん、公式サイトは放置プレイ状態で、ハッカソンも打ち切りエンドです。

さて、2016年に発表された中で最も不名誉な称号を得ることになってしまうスマートフォンは一体どれでしょうか? 発表はこの木なんの木の後すぐ…ではなく、続きをご覧ください。

※あくまでも2016年に発表された端末の中で最もイマイチなだけで、問題なく使えたり何らかの工夫があれば快適に使えるようになりますのでご安心ください。

続きを読む "筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2016" »

より以前の記事一覧

Other Accounts

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ