映画・テレビ

2016年12月15日 (木)

La Gran Prueba - 試練の時、来たれり

いよいよ、日本最強のクラブの実力が試される時がやってきました。FIFAクラブワールドカップで開催国代表として出場した鹿島アントラーズが、なんと南米王者アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)を3-0で下し、ファイナリストとなったのです。いつもなら前身のトヨタカップ同様に南米最強クラブ vs. ヨーロッパ最強クラブの対決になりうるところでしたが、まさかJリーグにこんなに強いクラブがいたとは…。アントラーズはとんでもない大番狂わせを演じてくれました。(もちろんいい意味で)

そうです。これがサッカーというものです。

今年、2016年はクラブワールドカップの前身で、同じく世界一のクラブを決めるインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)が日本で開催されるようになってから丁度35年の節目にあたります。元々、UEFA(ウエファ、欧州サッカー連盟)とCONMEBOL(コンメボル、南米サッカー連盟)、FIFAの共催で開催されていたのですが、会を重ねるごとにサポーターの暴徒化が過熱してしまい、大会そのものが中止された年もあったほどだったそうです。

これを憂えたFIFAはインターコンチネンタルカップの第三国開催を計画します。そこでちょうど開催国候補に挙がったのが、治安が良く警備体制もしっかり整った日本でした。それに名乗りを挙げたのが、日本テレビ放送網、電通、トヨタ自動車の3社でした。それ以前はホーム・アンド・アウェー方式で世界一を決めていましたが、日本開催が決まった際はスケジュールの都合から一騎討ちとなりました。

しかし、第1回大会はこれら3者間で独断で進められていたのか日本サッカー協会(JFA)から開催の承認がなかなか下りず、何とか関係各位を懐柔して開催にこぎつけた、とのエピソードが残っています。また、日テレにとってはこれが日本でサッカーを普及させるきっかけになれば、とも思っていたようです。当時から日テレは読売グループの中でも特にサッカーの啓蒙に熱心なメディアでした。

当時はまだメジャーと言えなかったサッカー選手権の中継と言うこともあり、幾度となく中止を求める声が上がっていたようですが、1985年にはかの「将軍」ことミシェル・プラティニ擁するユヴェントスFCが来日し、喝采を浴びたこともありました。

1987年のトヨタカップは世界のサッカー史上に残る名試合となりました。

FCポルトとCAペニャロールが大雪の中、国立で死闘を繰り広げ、審判の制止を振り切りながら延長戦までもつれこみ、結果としてFCポルトが世界一に輝きました。トヨタの社長もこの試合に大変感動したといわれ、一時は中止がささやかれていたこの大会も継続が決まったのです。少なくとも、日本がワールドカップに出場するまで、ないしは三浦知良がセリエA進出を果たすまで、事実上日本で世界トップクラスのクラブを目の当たりにする年に一度の機会でした。

そしてトヨタカップは新たなフェーズへと移行します。2002年の日韓共催によるFIFAワールドカップも成功裏に終わり、その活躍を買われた日本人選手が伝統ある海外クラブへ続々と移籍します。そうです、トヨタカップを見て世界のサッカークラブにあこがれた少年も数知れず。その夢も当時から既に現実と化していました。トヨタカップは2004年大会を以て終了し、翌年からFIFAクラブワールドカップとして開催されることになりました。トヨタ自動車は結局2014年大会を以てスポンサーから撤退してしまいますが、日テレは長年のトヨタカップの中継実績を買われ、引き続きホストブロードキャスターとして携わっています。この中継体制はFIFA主催の大会としては異例と言えるものです。

このクラブワールドカップに、2007年から開催国枠が設けられます。日本開催の場合、J1リーグ年間優勝クラブが出場権を得ることになります。その後は2年ごとに日本開催と他国開催を繰り返すことになりました。これで、J1優勝クラブには新たな目標および試練が課せられることになりました。そうです。

他国開催の時は出場権を得ること、
自国開催の時は悲願の決勝進出を果たすことです。


しかし、Jリーグクラブにとって他国開催でのクラブワールドカップ出場は容易ならざるものでした。常に中韓、中東勢に力及ばず、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)で敗北を味わってしまっていました。また、開催国枠で出場できたとしても最高3位とどまりと、世界の壁を痛感することになってしまいました。

今年は年間勝点3位ながらも、川崎フロンターレ、浦和レッズと戦いチャンピオンシップで下剋上を果たし悲願の銀皿を手にした鹿島アントラーズがその戦いに臨むことになりました。筆者は淡い期待を寄せていました。アントラーズと言えばあのジーコも所属したクラブ。Jリーグで一番ブラジルサッカーを知り尽くしているクラブで、堅守速攻を武器にJリーグで最も成功を収めたクラブだから、と…。

我々の期待に応えるかのように、アントラーズは初戦でオセアニア王者のオークランド・シティFCを、準々決勝で南アフリカ王者のマメロディ・サンダウンズFCを下し、勝ちあがってきました。いよいよここからが難関。準決勝の相手は南米王者のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)でした。そうです、これを乗り越えれば成り行き次第では世界最高峰のクラブ、レアル・マドリードCFとの対戦が夢でなく現実と化すのです。

実はアトレティコ・ナシオナルは先日の航空事故により選手、首脳陣のほとんどが殉職してしまったシャペコエンセの代わりに南米王者として出場していました。すなわち、シャペコエンセの遺志を継いでファイナリストになろうと息巻いていたところでした。しかし…

荒々しいプレイを見せるA・ナシオナルをよそに、アントラーズは前半で思いがけぬ幸運に見舞われます。初めて導入されたビデオ判定によりPKが与えられます。これで先制点を獲得し、そのままA・ナシオナルの猛攻を抑えながら1点を死守し前半を終えました。筆者はこのPKだけでは棚ぼただからと、自力で追加点を得てリードを保てば…と思っていました。

その思いも、見事に叶えてくれました。もう1点だけでなく、更にもう1点。そうです。アントラーズは後半で大金星につながる2点を獲得したのです。一方のA・ナシオナルは先制点に怖気ついたのか決定力不足が目立つ結果となり、後半では明らかに精彩を欠いたプレイとなっていました。

そして試合終了のホイッスルが大阪のスタジアムに響いた瞬間…

鹿島アントラーズ 3-0 アトレティコ・ナシオナル

35年越しの悲願がかなうことになりました!

トヨタカップ時代は黙ってヨーロッパ王者と南米王者の決戦を傍観しているだけ、クラブワールドカップでもいくらでもそのチャンスに恵まれたのに南米もしくはヨーロッパ王者という防壁を崩せずにいましたが、とうとう、日本のクラブが南米王者の代わりとしてファイナリストへ勝ち上がることができたのです! まさか、日本にもこんなに強いクラブがあったとは…本当に、本当に大きな意味を持つ一戦でした。なぜなら、クラブワールドカップは世界中へ中継放送されているため、多くの視聴者から「なんで? なんで日本にこんなに強いクラブがあるの?!」と驚嘆されたのではないでしょうか。

いよいよ、2016年12月15日に鹿島アントラーズの対戦相手が決まります。今度は北中米代表にして10万人規模の収容人数を誇る世界最大級のサッカースタジアム、エスタディオ・アステカがホームのメキシコを代表するサッカークラブ、クラブ・アメリカと、もはや説明不要のLa Ligaきっての無双軍団、レアル・マドリードCFです。新・銀河系軍団、とりわけクリスティアーノ・ロナウドに注目が集まりますが、レアルの監督もやはり、ジダネスとパボネスと呼ばれた銀河系軍団の一員だったジネディーヌ・ジダン。前任の監督が解任されたことにより、カンテーラ(下部組織)の監督から昇格する形で千載一遇のチャンスを得ています。

決勝戦はアントラーズにとって厳しい試練になること請け合いです。一方、レアルが準決勝や決勝で見せてくれるラ・マヒア[La Magia]とは何か。乞うご期待。

返す返す、トヨタがこの大会のスポンサーから撤退したのが惜しまれますな…。この準決勝はもちろん、決勝戦も胸を打つこと請け合いなのにねえ…。

2016年7月11日 (月)

御無SATAしております

かなり久々の更新になります。決してネタがなかったわけではなく、いろいろとつぶやいてみたいことがあるので後ほど。

Img_0009

ソニー初の外付けHDD、HD-D1(1TB)を手に入れました。ソニーでは、同時に2TBモデルのHD-D2、ポータブルタイプの2.5型500GBモデルHD-EG5も発売されていました。元々は、ソニーのブルーレイレコーダーVAIOでの使用を想定したもののようです。容量が逼迫してきた上に中身が旧弊と化したIDE HDDHD-H320U2/H500U2(中身はシーゲイトのBarracuda 7200.10シリーズ)からのリプレースも兼ねて、REGZA 32S7用の録画HDDとして導入しました。これで手持ちのHDDは内蔵型、外付型含めすべてSATA対応になりました。今ならやっぱりSATAしかないですよね。

容量1TBの割にはえらい軽いです。実は後期ロットのHD-D1 BEである可能性が高いです。ケースの放熱孔から見えるHDDのバーコードの形状を見た限り、中身はシーゲイト製でしょうか…。おそらく、各所で1TBで最速と評判だった、現行品のST1000DM003(7,200rpm/64MBキャッシュ)でしょう。シーゲイトは薄型(約20mm)のHDDをラインナップさせているので、シングルプラッターのこのHDDも薄型シャーシ採用のようです。これ自身の評判はこれまでのシーゲイトとは裏腹に高かったですが、当時から高速ストレージとしてSSDが脚光を集めてきたのが惜しまれ、結局大容量でコストパフォーマンスに優れたWD Greenシリーズ(特にWD20EZRX)にお株を奪われてしまった格好でした。

Img_0014

フロントパネルの傷が多めだったので、ロゴやシルク印刷をクラフトテープでマスクしてピカールで軽く磨いておきました。これでなんとか目立たないレベルになりましたが、まあ気持ち程度ですね…。本来、ピカールは金属磨きのためのものですが、その微粒子を生かして小傷の目立つプラスチックを磨いて光沢を蘇らせるためにも使えます。便利ですよ~。

Img_0011

2012年7月製造だそうで、4年選手です。やはり、軽いということは製造時期から間違いなくHD-D1 BEでしょう。無印のHD-D1からわずか半年余りでバトンタッチしていますので、当時もHDDは日進月歩の進化を遂げていたのです。

Img_0012

ということで、さっそくテレビにつないでみました。長時間テストも兼ねて「ZERO×選挙」を録画していましたが、長時間稼働させてもほとんど熱くなりません。Barracuda 7200.10あたりの世代ならすぐチンチンに熱くなったのになあ…。

Img_0013

1台だけでは連続した番組の録画に支障が出るということで、リレー録画ができるようサブHDDとして新たにHD-HES640U2を登録しておきました。HD-HES640U2は中身がサムスンのHD642JJ(7,200rpm/16MBキャッシュ)ですが、あのサムスン製であることを感じさせない素晴らしいHDDです。これの3枚プラッター版がHD103UJ(32MBキャッシュ)だそうで、筆者が保有しているHD-HS1.0TSU2に搭載されています。

一方、その手前に見えるのが、REGZA純正HDDとして発売されたTHD-50A1です。中身は未だに名器との評判がゆるぎないMK5055GSXで、消費電力や性能ともに申し分ないです。こちらには主にアニメを録り溜めてあります。

同じ外付けHDDでもIDEはダメでしたね…。スリープに入ってもなかなかHDDが回転停止しないのです。そのためにかなり熱を持っていたようでした。なかなか「録画番組の修復」が終わらなかったのは、熱でHDDがバテてしまったためなんでしょう…。外付HDDは中身がSATA対応になってからどんどん構造が単純化していきましたが、これはスリープ機能の進化により放熱対策が簡素で済むようになったからだと思われます。かつては強制空冷ファンをオプションで用意していたメーカーもありましたが、今は自然空冷で済んでしまうくらい熱くならないですね…。

これは導入して正解でした。徐々にHDDを買い替えながら、最終的には1台あたり1~2TBを目指していきたいですね。

■長所
・ソニーらしく飽きのこないデザイン
・一定時間が過ぎるとアイドル状態からスタンバイ状態に移行するので省電力化に寄与している
・アクセス時やスタンバイ時はLEDがゆっくり点滅するのでうっとうしさがない
・長時間稼働させても発熱はほんのりとしている

■イマイチな所
・ACアダプターのケーブルが細い。経年劣化で剥き出しになってしまいそう
・対応機器以外ではUSB 3.0の性能を持て余してしまっている(それでも速いほう)
・スタンバイ状態に入ると回転を止めるため、スタンバイから復活するまでやや時間がかかる
・中身のHDDが軽いので拍子抜けしてしまう

2014年1月 1日 (水)

三本の矢が揃った

今日から2014年。新年あけましておめでとうございます。みなさんには今年も旧年と変わらぬご愛顧をよろしく申し上げます。

Img_0004


筆者のtwitterのTLを読んでいた方はご存知かと思いますが、昨年の年末にアアアッREGZA Phone T-01Dを入手しました。NEXTシリーズばかり買っていた中で初withです。中古で6,980円と安かったので、思わず御乱心…コホン。相応の使用感がありましたが、一通りの付属品が揃っていたのは良かったです。

このT-01Dといえば皆さんご存じのとおり、発売からほどなく条件を満たすと通信が全くできなくなる不具合が発覚して発売停止になってしまいました。しかし、この個体に限ってみれば2012年1月製造と、なんとかそれを免れていたようです。店頭でチェックしてもらい、運よくバージョンアップがまだのものとめぐり合うことができました。ARROWS X LTE F-05DARROWS Z ISW11F(FJI11)の姉妹機種ですが、2011年11月18日にこれらよりも先行して発売されました。F-05Dとの違いは以下の通り。

・LTE対応でない
・ROM容量が4GBと半分(カーネル1.5GB+アプリ領域1GB+ユーザー領域1.5GB)
指紋センサーが付いている(ただし、押し込んでスリープ復帰不可)
・F-05Dよりも軽い120g (F-05Dは124g、ISW11Fは130g)
・サブカメラの画素数が低い
・東芝製の薄型テレビ、REGZAとの連携機能を強化

ざっとセットアップを済ませたりしてみましたが、全体的な使用感はやはりF-05Dに似ています。それはいいとしてとにかくF-05Dよりも熱くなります! F-05Dでも絶対50度台になることはありません。ISW11Fと同じく、リアカバーがペナペナすぎます。相当、薄型化と軽量化を果たすために無理をしていたのでしょう。一方F-05Dについていた温湿度計歩数計機能もあるので、当時のスマートフォンとしてはスペックが周回遅れながら相当高機能だったのではないでしょうか。

Img_0001

これでやっと、良くも悪くも有名なARROWSのOMAP三兄弟を揃えることができました。正確にはF-08DとF-01DもOMAP4搭載なんですけどね…。

Img_0003

全体的な構造はやはり似ていますね…。ただし、F-05Dがその中では一番マシにできている印象です。

さて、これを買った理由はズバリ、F-05DのAndroid 4.0へのバージョンアップの練習のためです。Android 2.3とAndroid 4.0ではLinuxカーネルがガラリと変わるため、これを乗り越えられた機種がほんの一握りしかありませんでした。間違いなくこの機種は日本で発売された対象機種では底辺に位置するパフォーマンスですが、4.0にすることで受けられる恩恵は大きいです。Chromeも使えるようになりますので。

Android 2.3における最新ビルド、V43R41Cの状態でした。この状態でベンチマークをとってみた結果ですが…

・主にハードウェアスペックの指標になるQuadrantのスコアはおよそ1,600程度
・主にUX(ユーザーエクスペリエンス)の指標になるAnTuTuのスコアは9,200程度

と、やはり思わしくないですね…。Android 4.0ではLinuxカーネルのバージョンアップなどもあり、相当スコアの改善がみられると思います。いつやるか? 今でしょ!

ということで既にダウンロードしておいたT-01DのOSバージョンアップデータをmicroSDカードに焼いてアプリをインストールして実行すると「ファイルがない」とエラーが出ました…。そこで、近くのWi-Fiスポットで再ダウンロードして、なんとか準備が整いました。あとは端末側で操作するだけですね。

Android 2.3状態のISW11Fはauホーム搭載だったので、何としても手にしてしまいたいです…。OSバージョンアップ済みの状態で渡されてしまった時はがっかりしたので…。

※実は前回、auショップでISW11Fを購入した際はauオンラインショップで注文を承ったうえで店頭渡しにしていたそうです。後日談になりますが、OSバージョンアップが提供済みの場合、バージョンアップされた状態で渡すとのことでした。

Img_0002

[1、2、三枝、御苦労さん! 6、7、ハッキリクッキリ東芝さん!]

きょうから自宅のテレビが替わりました。それも奇遇なことに東芝のREGZA 32S7 です。下っ端なのは間違いないですが、今のテレビって安物でも録画できるんですね…。いい世の中になった…と思ったら、なんと筆者が絶対必要としていたD端子S映像端子が削除されてしまっていました。今まで借りていた32S5ですらD端子は残っていたのに…実に世知辛いですな。

2013年12月 2日 (月)

流行語、ということですが…

2013年の流行語大賞が決定しました。1984年に始まったこの賞ですが、歴代最多の4語が大賞受賞という結果になりました。大賞に輝いたのは…

■いつやるか? 今でしょ!
予備校の東進ハイスクールで講師を務めている林修氏自身が出演するテレビコマーシャルの名台詞。さまざまな番組やCMがオマージュしていったことで有名。

■お・も・て・な・し (O, Mo, Té, Na, Shi)
2013年9月7日(日本時間8日)のIOC(フランス語の略称はCIO)総会にて、2020年のオリンピック開催地を決定する重要な最終プレゼンテーションにて、滝川クリステルが登壇し、CIOの公用語の1つであるフランス語でスピーチした際に日本人に根付く精神をこの一言で表した。いわゆるホスピタリティ(Hospitality / Hospitalité)精神のこと。
これが後押しして、2020年の夏季オリンピック開催地が東京に決定し、東京都政の約10年越しの念願、東京オリンピック招致がかなうことになった。開催決定後も、メディアで「おもてなし精神」がしきりにクローズアップされてきた。

■じぇじぇじぇ
クドカンこと宮藤官九郎が脚本を担当したことで話題になった2013年度前半のNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」。朝ドラ久々のスマッシュヒットになり、ロケ地の岩手県久慈市には観光客が押し寄せた。東日本大震災の傷が今なお残りながらも復興しつつある岩手県の三陸地方を舞台にしている。
もともとは、ごくごく一部の地方で用いられている感嘆の言葉。ちなみに岩手県内陸では「じゃじゃじゃ」という。IBCテレビのローカル番組に「じゃじゃじゃTV」があるほど。

■やられたらやり返す。倍返しだ!
TBSテレビの日曜劇場「半沢直樹」で主人公が窮地に追い込まれた際に発する名台詞。このドラマは三井本館がロケ地に使われたり、主人公役の堺雅人や強烈な印象を残したオネエ口調の悪役を演じた片岡愛之助の熱演も相まって、2010年代のテレビドラマとしては大成功を収めることができた。最終回の後味の悪さは賛否両論に。

時代だなあ…と思ったのが、「いつやるか? 今でしょ!」と「倍返しだ!」の2語が2013年のネット流行語大賞と重複していること。ちなみにネット流行語大賞銀賞は「激おこプンプン丸」でした。誰得ですが、iOS 7の日本語入力に「激おこ」の最上級表現「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」が候補として入っているくらいですからねえ…w

さて、ここからは筆者的流行語大賞2013です。おまけとして、先日のアレについて発表したいと思います。

続きを読む "流行語、ということですが…" »

2012年5月 8日 (火)

見えてる地雷?

今、フジテレビで放送している「家族のうた(日曜夜9時)」がある意味話題になっています。なんと、数字(視聴率)がプライム帯の民放連続ドラマ史上最低記録を更新し続けているそうです。最新回の第4回でたったの3.1%、だそうです。成り行き次第では打ち切り検討ということです。

大筋を簡単に説明すると、オダギリジョーふんする生活が荒んだミュージシャンの主人公が、家族と名乗る子供たちと出会って立ち直っていく、というもの。実は、かつての名作「パパはニュースキャスター」との類似性が(脚本を書いた伴一彦からも)指摘されていました。結局、伴が贔屓にしているTBSのお偉いさんを交えて、なんとか設定を変更して放送されることに。

当然放送前から見えてる地雷と呼ばれる有様で初回から数字は低迷。この時間帯、NHKスペシャル、行列、日曜劇場(TBS)、日曜洋画劇場と激戦区ですが、フジテレビのドラマだけ一人負けしています。同じ時間帯でもTBSの「ATARU」が久々にTBSの本気という感じで面白い。

ファミリードラマでオダギリジョーを主役にしたところから、フジテレビの前々からキャスティングでドラマを着飾る傾向がまる見えです。実際「月9」も、何度もキムタク神話にすがった前科がありましたからねえ…。このところ韓国びいきにまともなバラエティーや情報番組すら作れていないフジテレビの零落ぶりを残念に思うばかりです…。

「家族のうた」、このまま小数点台まで数字が落ちてしまう悪い予感がするんですよね…。

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ