グルメ・クッキング

2017年2月27日 (月)

HTCPCP対応コーヒーメーカー

Hyper Text Coffee Pot Control Protocolをご存知でしょうか? 日本語ではハイパーテキスト・コーヒーメーカー制御プロトコルが最も近いかと思われます。1998年4月1日に発行されたRFC 2324にて規定されていますが…

実はこれ、ジョークRFCです。

ネット界隈では鳥類キャリアによるIP[RFC 1149; IP over Avian Carriers/IPoAC]と並んで人気の高いもので、GoogleではHTCPCPを応用したエラー表示、Error 418がイースター・エッグとして仕込まれているほどです。

ところが…技術の進化は目覚ましいです。IPoACは伝書鳩の脚にUSBメモリーをくくりつけることでほぼ実用化の目処が経ちましたし、HTCPCPも形を変えて実用化の兆しが見え始めました。

Img_0100


それこそ、ネスレが発表したバリスタi[PM9635]です。通常はネスレから「買って」入手しますが、今回は定期お届け便を利用するため「借りて」使うことにしました。実際に購入すると諭吉さんでお釣りができるぐらいだったかなあ。第3世代のバリスタTAMA[PM9633]のマイナーチェンジ版で、新たにBluetoothを搭載することでスマートフォンとの連携を図っています。説明書によるとBluetooth 4.0 BLEでペアリングするみたいです。

※バリスタ本体は利潤ギリギリで作られているらしく、利益の大半は詰め替えカートリッジからもたらされているそうです。これはドルチェグストにも言えることです。詳しくはこちらから。

Img_0101


同時にコーヒーを必ず買わなければならなかったので、まずは「ニホンジンハ、ウルサーイ」で有名になった香味焙煎と、おなじみゴールドブレンドの「コク深め」を選んでみました。定期便は後で選び直せるのも助かります。香味焙煎って、PRサイトのためだけにドメイン[urusai.jp]を取得したのが強烈に印象に残っています。元々、筆者が自宅でコーヒーを楽しめずにいじけていたのに母親が新聞の折り込みチラシを見せてくれ、これなら自宅でコーヒーを満喫するのもはかどりそうと思いネスレ通販を利用して手に入れました。初回特典として、クリアマグとブライトが付いてきました。

Img_0103


筆者はかつて初代バリスタを使っていたこともありますが、その地点では完成度が低く、手入れの仕方もよく知らぬまま使っていたためにメカニズムの固着に苦しめられました。それに、水タンクが空くのを検知するセンサーの誤作動にしょっちゅう悩まされました。それで結局、志半ばで断念した経緯があります。

ネスレはそれ以前から独自のコーヒーメーカーの企画販売を積極的に行っており、古くはネスプレッソ[NESPRESSO]、その後にドルチェグスト[Dolce Gusto]と続いています。いずれもカプセルコーヒーです。ネスプレッソはパナソニックから互換機が発売されていたのを思い出しますが、本体もカプセルコーヒーもかなり高価だったのを覚えていました。当時はネット通販も発達していなかったので、電話でコーヒーを取り寄せることになっていたようです。ドルチェグストはそれを現実的なレベルで楽しめるようにしたものでしょう。実際に、カプセルもスーパーで手に入るのでいい時代になったものです。

※ネスプレッソはドルチェグストとは異なり、今では少数単位でコーヒーが買えるのが売りになっていたようです。カプセル1個あたり80~90円だそうです。つまりネスプレッソコーヒーを10個買えば、ドルチェグストのカプセルパッケージ1つと同じくらいになるわけですね。

いずれも挽豆をカプセルに封じたものを使っていますが、バリスタはフリーズドライ式レギュラーソリュブルコーヒーを用いるタイプです。詰め替えパッケージが現在の紙カートンタイプに変わった地点でそれを予感していた方は勘が鋭い。原材料に生豆を用いていることから実現したのですが、一方でやはり同じレギュラーソリュブルコーヒーでもスプレードライ方式のエクセラは使えません。

Img_0104


上部のフタを開けたところです。コーヒーが入るチャンバーが装着されています。従来のバリスタではそのまま上のふたを開けて補充できましたが、この場合は…

Img_0105


ちょっとめんどくさいですが、いったん取り出して、チャンバーを立てて補充します。ここら辺が改良されているようで、コーヒーが湿けにくくなっているようです。また、使い始める際は必ず、カプチーノを淹れる要領で湯通しする必要がありました。

Img_0102


淹れ終わるごとにカプセルトレイを洗浄するだけでよいドルチェグストよりも、バリスタのメンテナンスはめんどくさいようです。毎日、撹拌部は水洗いが必要ですし、コーヒーが切れるごとにチャンバーを清掃しなければならないそうで。しかも、チャンバーは原則として絶対に水洗いしないで、と説明書にあります。

Img_0108


試しに淹れてみた結果です。レギュラーコーヒーですがご覧の通りクレマがしっかり浮かんでいます! 高圧抽出だからこそできる芸当なのでしょう。やはり、このまま湯で溶いた時よりも風味は良かったです。これならコーヒータイムが捗りそうですね! 詰め替えコーヒーも手軽に手に入るし、何しろコストパフォーマンスがかなり良好です。

筆者はこれをドルチェグスト導入の布石にしてみようと思っています。ドルチェグストの場合、実際に挽いた生豆がカプセルに封じ込まれているので、バリスタ以上にとっておきのコーヒーを堪能するのに向いている…はず。

いよいよHTCPCPを実装…ではなく、ネスレアプリとの連携を試みてみます。その結果は追記にて。

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ