ウェブログ・ココログ関連

2014年10月 7日 (火)

[お知らせ]スマートフォンからのコメントについてなど

まず筆者のT-01Dですが、ゲオにて下取り査定してもらった結果、3,300円になりました。安かったのは相変わらずですが、筆者の想像以上に値がついたのは良かったです。ISW11Fならゲオではぎりぎり2,000円ちょっと、F-05DならISW11Fの倍ぐらいはついたかもしれません。何はともあれ、中古購入価格の半分くらいで手放すことができました。これで新たな持ち主のもとにドナドナしてもらうことにします…。

さて本題。今までココログはスマートフォンからコメントできなかったことが大きな足かせになっていました。それもそのはず、筆者もコメントを投稿する際はスマートフォンからテザリングしてPCで行っていました。ところが、2014年の8月と9月に分けて「バージョンアップ」と称し、スマートフォン向けに最適化を図っていたようです。その結果…。

なんと、スマホからもコメントできるようになりました!

コメント方法は先に申した通りです。スパムコメント防止のために画像認証を具備しておりますので、「送信」をタップした後は表示された画像を読み取って見える文字を入力してください。これでスマホでもコメントを投稿できます。タブレットではPC版と同じ行程でコメントを投稿できます。コメントする際は必ず名前を入力してください。もし、blogやWebサイトをお持ちであればURLも入力していただくとなおありがたいです。

このココログの仕様変更により、本blog「NEXT GENERATION NOTE」をスマートフォンで閲覧する際の環境及び利便性が大幅に向上いたしました。今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

次に、このblogのアクセス解析のポリシーについて解説します。筆者のblogでリアルタイムでアクセス状況を把握できるのは以下のデバイスからのアクセスです。

・iOS端末(iPhone/iPad/iPod touch)
・Android端末(スマートフォンやタブレットなど)
・パソコン(Windows/Mac/Linuxなど)
・NTTドコモ以外のフィーチャーフォン(EZweb/Yahoo!ケータイ)

筆者のblogではiモード端末からもアクセスをいただいておりますが、こちらは反映されるまで時間がかかるようです。ココログのアクセス解析ではフィーチャーフォンからのアクセスにおきましては端末の型番ではなくブラウザーのUA(ユーザーエージェンシー)を用いて解析されています。

・EZweb端末は実際の型番ではなく、メーカー符丁(2文字)+3+通し番号(1~9、それ以降はアルファベット順)がUAとなっています。たとえばW61SはSN3D、SH006はSH3Gと表示されます。UAはEZweb設定から「バージョン情報」の項で確認できます。

・iモード端末のUAはハイフンなしの型番になります。たとえばF-02DはF02Dとなりますが、iモード2.0初期の端末は例外としてSH-06AがSH06A3という風に、セキュリティ強化を講じたことで実際の型番とはやや異なるUAが与えられています。

・Yahoo! ケータイ端末は「SoftBank」以降の型番がそのままUAとして登録されます。

筆者はblogを管理する際、アクセス分析をちょくちょく覗いてますが、新旧、メジャーマイナー問わず様々なデバイスからのアクセスをいただいていることを興味深く観察しております。筆者のblogはどちらかといえばAndroid関連の情報が多いためか、Android端末からのアクセスが全般的に多めです。意外とNexusシリーズから読んでるよー、という方が多かったですね。iPhoneなどiOSからのアクセスは全体の6分の1ほどです。2014年4月9日にサポートが終了したはずのWindows XPからもしばらくの間アクセスがあったことには驚きました。

■参考
[ニフティ株式会社より]
ココログバージョンアップのお知らせ (2014年9月30日)

ココログバージョンアップのお知らせ (2014年8月7日)

2014年1月14日 (火)

[お知らせ] コメント投稿について

報道されているとおり、連日の大雪で我が地元の秋田県横手市は2014年1月14日現在積雪量が177cmに達しました。筆者の身長、171cmをとっくに超えております。トホホ…。

さて本題。このblogにコメントが寄せられるたびに筆者のスマートフォンへメールで通知が来ます。最近、そのメールを読み返してみるとスパムと思しきコメントを確認しました。中には文字化けで読めないものもありました。そこでやむをえなく画像認証を導入することにしたいと思います。

従来通り必要事項を入力したうえで「送信」をクリックまたはタップすると画像が表示されますので、見えた文字を入力して「続ける」をクリックまたはタップしてください。これでコメントが投稿できるようになります。

本blogの読者のみなさんにはお手数をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2014, 01, 14 shiotama

2013年12月31日 (火)

Domain, Année 2014...

激動の2013年も残すところあと数時間。第2次安倍晋三内閣も、1年以内で総理大臣が交替することが多かったことを考慮すれば実に安定した政治運営でした。年末の靖国神社参拝がその後の国際関係に影響を及ぼさないことを祈るばかりです。組閣から1年たっても支持率が50%前後を維持できているのは奇跡です。国民の求心力を失うことなく、うまく舵取りができたことは良かったです。

石原都政以来の悲願となる夏季オリンピックの東京招致も成功を収めました。日本時間2013年9月8日にIOC(CIO、国際オリンピック委員会)総会にて行われた最終プレゼンテーションでは安倍晋三内閣総理大臣自身がオリンピックへの強い熱意をアピールしたほか、滝川クリステル氏によるフランス語のスピーチで日本人にはおもてなし精神が根付いている旨を「O, Mo, Té、Na, Shi - Omoténashi!」として表現したことは多くの会場の人々の心を打ったものです。これにより前東京都知事の猪瀬直樹氏の名声は絶頂に達していましたが、残念ながら徳洲会問題により失脚してしまいました。

世界的にみれば、時代を彩った数々の政治家が亡くなったことは残念でした。特に、南アフリカで行われてきたアパルトヘイト撤廃に尽力したネルソン・マンデラ元大統領が亡くなったことは大きな損失でした。95歳の大往生でした。世界中の首脳や要人たちが揃って葬儀に参列したほどでしたので、いかに国際的に愛されていたかが伺えました。アパルトヘイトの撤廃に、マンデラ氏の前任だったフレデリック・デクラーク氏も尽力していたことも忘れてはなりません。今まで罪人だったマンデラ氏を恩赦し、政界進出のチャンスを与えたのはまさしくデクラーク氏だったのです。

また、「鉄の女」の異名で知られたイギリスのマーガレット・サッチャー元首相。いくら鉄の女と呼ばれていたとはいえ、病にはかなうことができず87歳で亡くなりました。イギリス病と陥った不況を建て直すためにBT(ブリティッシュ・テレコム)を日本電信電話公社(電電公社)に先立って民営化させるなどの公共企業体の民営化を主導し、その政策は中曽根康弘氏にも大きく影響を与えたものです。その鉄の女の異名は共産圏に対する強硬な姿勢から当時のソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)の機関紙が付けた異名でしたが、その鉄の女ぶりは非共産圏に対しても健在でした。それを象徴するのが1982年のフォークランド紛争であり、自国の領土を守るために多くの犠牲を払いながら勝利を収めたイギリスからは領土問題を抱える日本が教訓にすべきことが数多くあります。

今年はとりわけ、日中・日韓関係の冷え込みが憂慮された1年でもありました。大韓民国ではパク・クネ(朴槿恵)政権が、中華人民共和国ではシー・ジンピン(習近平)政権が発足し、両国とも第二次世界大戦後に生まれた首脳による政権になりました。しかし、未だに両国と日本の首脳同士による会談の場を設けることができておらず、反日政策どころか日中・日韓関係そのものに関心がない無日政策ではないか、と思われるほどの冷え込みぶりでした。火に油を注ぐがごとく、両国で領土問題や戦後補償問題に対し急進的な運動が行われたのも心配です。来年こそは安倍内閣が続く限り関係改善に尽力するか、極端なところ改善の兆しがなければ中国や韓国との国交断絶まで日本が検討すべきではないかと思います。そうならないように、両国の歩み寄りを期待しましょう。

その中国ではまさに50年ほど前の日本でも環境問題になったPM2.5が深刻な問題になりました。そのPM2.5が貿易風により日本でも観測されるなど、国民の間に大きな不安を与えていました。PM2.5による健康被害問題が日本で盛んに議論された1年でもありました。

残りわずかな時間で2014年になろうとしています。スポーツをめぐっては何かと熱い話題が待ち構えています。

ロシアのソチで冬季オリンピックが開催されることになっています。日本でもようやく若手や注目株が育ってきましたし、なにしろ浅田真央キム・ヨナの各選手はこれを最後に現役引退することにしているので集大成の演技を見せられるかが期待されています。今回から正式競技となったスキージャンプ女子では高梨沙羅が注目されています。健闘を祈りましょう。

2016年のリオデジャネイロオリンピックを前に、ブラジルでもワールドカップが開催されます。ザック・ジャパンは監督もメンバーも、世界トップクラスのサッカーリーグが集うヨーロッパのサッカーに触れてきた面々ばかりです。今まで、2002年の日韓ワールドカップと2010年の南アフリカワールドカップで決勝トーナメント進出を果たしたのが最高成績でしたが、果たしてそれを超えられるでしょうか。

長友佑都
が所属しているインテルナツィオナーレ・ミラノのライバル、ACミラン本田圭佑が移籍してきます。2人の「」はいったいどんなデルビ・ディ・ミラノを見せていくか、そして世界最高峰のサッカーリーグと呼ばれているリーガ・エスパニョーラの強豪、FCバルセロナレアル・マドリードへ移籍する日本人が現れるのでしょうか。これも期待したいです。

果たして、日本人アスリートの活躍に応じるように日本が明るい2014年を迎えることができるか、期待しながらこの記事を終えたいと思います。このblogを読んでくださっているみなさん、本当にありがとうございました。来年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。

みなさん、良いお年を!

(31, Décembre, Année 2013, shiotama)

2013年2月11日 (月)

[お知らせ]blog名を変更しました

今まで、今は亡きau one時代の慣習から「AREA NGN」として本blogを展開していきましたが、これではコロコロとタイトルが変わるため、きっぱりとけじめをつける形で「NEXT GENERATION NOTE」とすることにしました。

というのも、NGN=NEXT GENERATION NOTEの略そのものだからです。

これからはblogタイトルを上記で統一します。また、デザインテーマも見やすいように少し変更しました。

というわけで、今後もよろしくお願いいたします。

11, Feb, 2013 shiotama

※旧ブックマークに登録されている方へ
お手数をおかけしますが、再登録をお願いします(URLは変わっていません)。閲覧中の端末によってはURLが同じのため、上書き登録が可能です。

2010年12月29日 (水)

[速報]過去ログ引っ越し完了

申請から1週間ぐらい経過して、ようやっとau oneブログの過去ログをlivedoorに移行できました。
[タイトル]
La voix du Nord-Est Deuxieme Edition

[URL]
http://blog.livedoor.jp/lavoixdunordest/

こちらも並行してちょくちょく更新したいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2010年12月29日 shiotama

2010年11月26日 (金)

モブログの限界

筆者がblogを始めた時から、メールでblogを更新する「モブログ」ができる環境にありました。しかし、携帯から更新するblogならではの難しさを、au oneブログを利用して痛感しました。

■文字加工が難しい
実はデコメで文章に加工を施してblogを更新しようとしたら、「更新に失敗しました」と撥ねられたことがありました。だからといって加工するには、fontタグを使わなくてはならなく、HTMLを熟知してなければならないという…。なので、文章をすっぴんのまま投稿しなければなりません。

■フォームで文字制限
au携帯では1,536文字までしかフォームに入力出来なくて、画像埋め込みタグのある記事を更新しようとすると、どうしても本文を削らなければならない感じでした。全般的に、携帯経由の画像付き記事は文章が希薄になってしまいます。記事をカテゴリー分けしようとすると、文章が途切れたこともありました。それもあって、記事本文をなるべく1,000字以内にまとめるのにとても苦労しました。

■記事が移行できない
これはau oneブログ固有の弱点ですが、過去ログをファイルとしてバックアップしたり、他所から記事を移行することができませんでした。実はこれだけじゃなく、モブログの大半にはバックアップを前提にしてないみたいですね…。過去の記事のメール本文は、microSDにバックアップするしかありません。

…とまあ、携帯でblogを更新するには様々な敷居が伴っているわけです。他には絵文字の扱いが足枷になりますし…。

2010年11月25日 (木)

崩れ行く砦

サービス終了通知から、どんどんau oneブログからのブロガー流出が加速しています。とうとう、今週でblog総数が10万アカウントを切りました。筆者は更新を止めて、seesaaへ移行できる時をひたすら待ってますが、一体どうなることでしょうか…。

au oneブログは普通のブログサービスと毛色が違って、モブログ主体のサービスでした。源流は2005年から始まったDUOBLOGまで遡ることができますが、DUOGATEの発展解消と同時に現在の形になりました。blogと携帯の距離を縮めた功績は評価できます。しかし、バックアップ手段がないとか(筆者は記事原文をmicroSDにバックアップしてました)、モブログ主体ならではの弱点もありました。

最盛期は15万あったアカウントも、今やその7割程度。アクティブユーザーでいえばもっと少ないと思います。中には、「au oneブログがなくなったから番ポで庭を辞める」なんて人もいるらしく…。

次回、au oneブログで筆者が痛感したモブログの限界について書いてみようと思います。

2010年11月 1日 (月)

とりあえず引っ越し。

今まで、au oneブログでやってましたが、11月1日のサービス停止発表を受け、急遽引っ越すことになりました。今後はここをメインに更新する予定です。

今までやっていた「AREA NGN」同様、携帯ネタが中心になると思います。今後ともよろしくお願い申しあげます。

2010年11月1日 shiotama

Other Accounts

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ