« 替え時の前の「通過儀礼」 | トップページ | レリーズ! »

2018年3月 6日 (火)

これからは二刀流でいこう

久々の更新になりますが、しばらくblogの更新が滞るかもしれません。筆者がこれから、家族と揃って引っ越し体制に入るためです。その旨予めご容赦ください。

3月から株式会社東芝のテレビ・ビデオレコーダー事業を担当する東芝映像ソリューション株式会社海信集団(ハイセンスグループ)の下で再スタートを図ることになりました。それに伴い、同社のWebサイトからは東芝のブランドタグライン[Leading Innovation >>>]が排除されることになりました。もはや、コモディティ化した家電は必ずしも日本品質にこだわる必要がなくなったようです…。

筆者宅のテレビはREGZA 32S7です。普及機なのでシングルチューナー搭載のため地デジの裏録が出来ず、録画時は裏番組を視聴したいとしたら地デジまたはBSかCSしかなくなるという点がやや家族の不興を買っています。おまけに廉価機らしくリモコンがちゃちで、特に筆者がよく使う番組表や録画関連機能の操作性は最悪の一言に尽きます。

32S7用のリモコンはCT-90422です。今となってはいい時代になったもので、部品扱いながら東芝ダイレクトで同一品が手に入ります。大昔は電器屋でわざわざ部品扱いで取り寄せるなどしなければ手に入らなかった代物ですからね。

しかしながらその作りからして割に合わない税別3,500円に加え、更に梱包料をとられるという有様です。本体に付属のリモコンは経年劣化による文字のすり減りなどが目立つようになりました。そこで筆者はリモコンをどう買い換えるか検討していましたが…ちょうどいいことに、純正リモコンが発売されたとのことで入手してみました。なぜなら、REGZAの新型リモコンは非常に操作性がよく好印象だったためです。この頃、シャープやパナソニックも共通リモコンを部品としてではなくオプション品として発売しているとおり、この路線は一定の好評を収めているようです。更に、サードパーティーながら特定メーカー用のリモコンも販売されていますしねえ。

Img_0009

今回入手したのはCT-90479Pです。実は、4Kレグザの中級機、M510Xシリーズに付属のリモコンと全く同じです。目安として、中級機以下のREGZA向けの共通リモコンで、中には完全な互換性を持つ対応機種まで存在します。機種ごとの操作性の相違はこちらを参照してください。これで3,000円はまずまず妥当な価格でしょう。

因みに筆者宅のS7シリーズは旧式のREGZAの設計を引きずっているためか、一部機能はこの共通リモコンから直接操作できなくなってしまいました。但し、ちょっとタイム、今すぐニュースなどの各機能は元々利用機会が少なかったため廃止されることになったのでしょう。

Img_0012

CT-90422と並べてみれば、如何に使いやすいかがよくわかります。元々、CT-90422はREGZAの廉価機用に用意されたシンプルレグザリモコンの流れを汲んだデザインのため、ボタン数を少なくした弊害で操作性を犠牲にしていたのでした。逆をいえば、普段使う操作に特化したリモコンといえます。

ボタン数が増えていますが、その分だけリモコンから呼び出せる機能数も増えています。そういえば、RD-StyleでもRD-X6などでボタン削減が不評だったのか、後にVARDIAにてボタン数を増やす羽目になっていましたね。一方で録画ボタンがなくなっていますが、番組表からそのまま録画操作できるので問題ないと思っています。

共通リモコンは中級機向けのものをそのまま販売しているためか、特に録画機能などでよく使うだろうボタンがタクトスイッチ化されており、今までのリモコンと比べて格段と使いやすくなっています。前述の通り増やされたボタンもやはり、番組情報や字幕、音声切替、設定などREGZAの廉価機ではクイックメニューに集約されていたものばかりです。意外とデータ放送利用者が多かったのか、dボタンもよく使うボタンの位置に移動していました。とはいえ、次見るナビ、シーン検索は32S7で使えないですが。

新しいリモコンに触れてみると、これまで4年間はよくぞ騙し騙し使っていたものだと実感させられます。特にアクセスの難しかった機能が一発で呼び出せるのは有難いです。最近のSシリーズも、ボタン数をそのままにより使いやすくしたシンプルレグザリモコンが付属しているので、やはり操作の癖はメーカーも自認していたようです。

引っ越しに向けて、今は録りためた番組の整理に勤しんでいますが、これを用いることで捗ること請け合いですね。本当はこのリモコンをフルに活用できる4Kレグザの中級機を狙いたいところですが、これはまた後の機会で。新品なら40M510が、中古なら43G20Xが狙い目だと思っています。

« 替え時の前の「通過儀礼」 | トップページ | レリーズ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

>>パナ好きっこさん
確かに普及機といえばREGZAが安いですよね。その分、機能は分相応ですが。

でも、安物なので「残す」のに難儀しそうで、中級機を物色しています。REGZAはある程度のクラスならテレビで録った番組でもレコーダーへダビングして残せるんだけどね。

こちら TVは 普及機のREGZAです(;^_^A
けど リモコンは ソニーのBlu-rayレコーダーのリモコンを 使用して、います(;^_^A

ソニーのBlu-rayレコーダーのリモコン TVの操作と いっても 基本的な ことしか しないから Blu-rayレコーダーのリモコンで 間に合っています(;^_^A

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/73050551

この記事へのトラックバック一覧です: これからは二刀流でいこう:

« 替え時の前の「通過儀礼」 | トップページ | レリーズ! »

Other Accounts

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ