« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月

2016年8月10日 (水)

ドコモ様、もう少しだけ

Xperia Z3 SO-01GXperia Z3 Compact SO-02GXperia A4 SO-04Gの3機種に対し、Android 6.0へのバージョンアップが提供されました。間もなくAndroid 7.0(Nougat)が正式にお披露目されるだけあって周回遅れ感が否めませんが、まあバージョンアップを受けられるだけよしとしましょう。これでドコモのXperiaはG型番以降、全機種Android 6.0で使えるようになりました。

Xperiaといえばスウェーデンをメインにコスモポリタンな開発体制を敷いているだけあってかつてのスマートフォンの在り方を偲ばせるPCを用いたバージョンアップも可能でした。しかし、本機種はPC Companionのサポート終了に伴いシリーズでは珍しくPCによるOSバージョンアップが提供されず、OTAのみによるOSバージョンアップとなります。つまり、LTEかWi-Fiでしかバージョンアップデータをダウンロードできません。但し、バージョンアップに失敗した際などは新たに提供されることになったXperia Companionにて復元可能とのことです。

今までグローバル版で幾度もバージョンアップが提供されたのに国内版は1度きりと、日本のXperiaユーザーは散々キャリアから愚弄され続けてきました。今回はドコモ版のみですが、ようやく国内ユーザーでも納得いくバージョンアップを受けられることになったのではないでしょうか。一方でau版のSOL26は通信方式との心中を、ソフトバンク版の401SOは多すぎる種類のSIMカードとの心中を余儀なくされた格好でしょう。au版は主に音声通話用にCDMA2000とのデュアル対応となっていたため、政策的にCDMA2000を全廃することになっていたau自身がとどめを刺したことになります。

今はSnapdragon 820を搭載したXperia X Performance SO-04Hもそこそこの売れ行きを見せており、実際にZ3からの乗り換え組も少なくないです。しかし、筆者も実感したこととして、XPはZ3と比較して、かなりの機能が割愛されています。そんなこともあり、敢えてXPの導入を見送ったユーザーも多いようです。筆者もドコモにおいてはそんな1人でした。やはりZ3ファミリーは未だに根強い人気があるようで、壊れてもなお修理して使い続けるユーザーが多いのがうかがえます。

ドコモのXperia Z3ファミリーと併せ、2016年8月8日にAQUOS ZETA SH-03Gに対するAndroid 6.0へのバージョンアップが提供されたことで、残るバージョンアップ対象機種はGalaxyシリーズの32bit機や韓国・台湾勢が中心となりました。具体的には…以下の通りです。

Galaxy S5 SC-04F/SCL23(MSM8974AC、RAM2GB、ROM32GB)
Galaxy Note Edge SC-01G/SCL24(APQ8084、RAM3GB、ROM32GB)
Galaxy S5 Active SC-02G(MSM8974AC、RAM2GB、ROM16GB)
Galaxy Tab S 8.4 SC-03G(MSM8974AC、RAM3GB、ROM32GB)
Galaxy Tab S SCT21(MSM8974AC、RAM3GB、ROM32GB)
Galaxy A8 SCV32(Exynos 5433、RAM2GB、ROM32GB)
HTC J Butterfly HTV31(MSM8994、RAM3GB、ROM32GB)
isai vivid LGV32(MSM8992、RAM3GB、ROM32GB)
TORQUE G02 KYV35(MSM8928、RAM2GB、ROM16GB)


ちなみに、TORQUE G02 KYV35は新色にていち早くAndroid 6.0をインストールした状態で出荷していますが、なかなかにバグ取りが捗らないようで残りのカラーへのAndroidバージョンアップ提供が延び延びになっているようです。先行してAndroid 5.1対応機として出荷されたカラーとAndroid 6.0対応機として出荷している新色に並行してアップデートを提供しなければならない点が負担になっているのでしょうか。とはいえ、WX04K以来3年ぶりとなる京セラ機へのバージョンアップ提供になるため、筆者はひそかに期待していますが。

さて、Android 7.0の話題に移りますが、NexusシリーズではNexus 5X/6/6P/9/Player、Pixel Cに対して提供されることが決まっており、ここでNexus 5/7(ME571)がバージョンアップ対象から外れることになりました。この線引きは、実はSoCに実装されたGPUではないかとみています。というのも、日本はその趨勢からやや外れていますが、海外ではより3Dゲームが快適に動かせる環境がスマホやタブレットに要求されています。

Nexus 5/7(ME571)はそれぞれMSM8974、APQ8064を搭載していますが、これらに実装されたGPUはOpenGL ES 3.0対応にとどまっているAdreno 300シリーズのため、GPUにかかる負荷を軽減できる次世代API、Vulkanに対応できない可能性があるようです。一方で、バージョンアップ対象となったNexus 5X/6PはVulkanサポートが正式に言及されたAdreno 400シリーズをGPUとしています。

こういった事情も勘案すると、Xperia Z3のAndroid 7.0へのバージョンアップは難しいか、有り得ないのでは…とみています。というのも、Androidはこれから徐々に32bit対応を切り捨てようとしていくのが目に見えています。既にSoC業界は64bit化も佳境になっており、中韓台の半導体メーカーの市場競争のおかげで64bit化されたSoCも非常に安価に供給できるようになっていきました。こうした事情から、実は将来性を考えるとかつてのフラッグシップ32bit機を使い続けているよりもそれと同等のスペックかつUXが期待できるミドルレンジ以上の64bit機に乗り換えてしまったほうが割に合っているという有り様です。

そのXperia Z3ですが、SIMカードを抜いた今では主にリオオリンピックをフルセグ視聴するために使っています。なるべくバージョンアップは余裕のある時間帯に行いたいので、やるとすれば祝日(山の日)の11日未明ですね…。バージョンアップによる変化は後日報告してみようと思います。

[追記]
バージョンアップデータ容量はXperia Z5シリーズのときと同じく約1.3GBです。もちろん、ドコモ回線でバージョンアップする際にXi経由でダウンロードしてもデータ通信料は無料となり、データ定額プランの影響を受けることがありません。なお、Xperia Z4/Z5より一足早く、Android 6.0.1へバージョンアップされるとのことです。一方、Linuxカーネルは3.4.0のままですが…しかし、このカーネルは2013年から長らく使われているにもかかわらず非常に安定してますね。なお、Android 6.0.1では電源ボタンを素早く2度押ししてもカメラを起動できます。

このバージョンアップで特筆すべきことはNOTTV機能が削除されることです。NOTTVは2016年6月30日をもってサービスを終了してしまったため、この機能を応用して番組を録画していたユーザーの皆さんはバージョンアップ前に録画番組を消去することを強くお勧めします。そのままバージョンアップを行うと、ファイラーアプリでの操作や端末の初期化でしか録画番組を消去できなくなってしまいます。

バージョンアップやアップデートではアプリの追加はよくあることですが、その逆はとても珍しいのではと思います。あとは、Xperia Z4/Z5系もセキュリティパッチの更新およびNOTTVアプリの削除を目的に、Android 6.0.1へマイナーバージョンアップが受けられることに期待したいのですが…。

2016年8月 3日 (水)

斗え! 僕らのミラーマン(違)

Img_0016

[元箱からしてプレミアム!]

…ということで、既報の通りドコモのサブ回線をXperia Z5 Premium SO-03Hへ機種変更しました。月々サポートが減額になる分を料金プランの見直しによって吸収することにしました。実はこれ、現金価格そのものは93,312円と無印Z5(SO-01H)と全く変わっていません。ドコモ版は問題ないながらも、同じ画面サイズのiPhone 6s Plusもこの値付けを見習ってほしかったなあ。

実際の筆者は順当にXperia X Performance SO-04Hにすべきか、それとも変化球でこの機種にするかでかなり迷っていました。しかし、Xperia X Performance SOV33を使っているうちにコレジャナイ感が込み上げてきたために敢えて周回遅れのこの機種にしました。XPは悪くはないですが、やはり「次」に向けての布石といった色彩が濃い機種ですね。

Img_0015


この機種、箱まで「プレミアム」感満載です! 普通なら厚紙で済ませるところを、なんと段ボールでしっかり作ってあります。そのために密着感が半端無く、開けやすくするためにフタの一部をトリミングしています。従来のXperiaとは別物の風格がありますね! キリッとしたフォルムになっています。

基本的にはZ5系を踏襲していますが、Z5との違いはこんな感じです。特に、バッテリー容量がXperia Z2 SO-03F(3,200mAh)を上回ってしまったことはインパクトがあります。

・背面ガラス加工(Z5はすりガラス、Z5Pは鏡面仕上げ)
・カメラ周りの細工(Z5はフラット、Z5PはZ3と同じくリング付)
・液晶サイズおよび解像度(5.5型4K液晶)
・バッテリー容量(Xperiaスマートフォン史上最大容量の3,430mAh)
・フレームシャーシ加工(ステンレスに見えるが実はアルミフレーム)

使用感はZ5とほとんど同じです。但し、排熱効率ではシャーシが大きい分、Z5Pに分がありました。やはり、Z5Pのほうが冷めやすいです。電源ボタンを押したときの感覚も少し違います。「プチッ」という感じのZ5に対し、Z5Pは「ポチッ」という感覚です。ニュアンスレベルなので分かりにくいとは思いますが。

手にした感覚は実はXperia Z1 SO-01F/SOL23に似ていました。あたかも「」に触れているような実感が湧いてきます。但し、ただの金塊のような感じだったZ1とは異なり、Z5Pはぎっしり詰まった塊といった感覚です。2年でこんなに進化するものなんですね…。その割には、片手操作もそんなに難しくなかったです。実はZ1、画面サイズの割にベゼルが太く、片手操作に難ありでしたからね…。

Img_0017

[裏面。左からZ5P、Z5、XP]

なんといってもZ5Pのデザイン上の大きな特徴は鏡面仕上げのリアパネルでしょう。海外版ではゴールドやピンクも発売されていましたが、日本版はブラックとクロームの2色のみの展開になっていました。この写真では保護フィルムをはがす前なので分かりにくいですが、ちらっとはがしてみるとちゃっかり手鏡のようになってましたw リアカメラを使ったセルフィーの被写体合わせにぴったりだと思います。但し…あんなことに使うのはダメ、ゼッタイw

売りの4K液晶ですが、工場出荷時のAndroid 5.1.1の地点ではあまり恩恵が受けられません。普段はフルハイビジョン表示で、一部アプリを使用する際のみ4K表示になるのですが、じわーっとフルハイビジョンから4Kへ遷移していきます。最初はもやっとしていた表示が緻密になっていく様は必見です。なんだか、かつて使っていたN903i/N904iを彷彿させます。この2機種はとある目的で保管してあります。Z5Pをネイティブ4K表示に対応させるには、Android 6.0へのバージョンアップが必要です。

Z5Pはまだまだ余裕で手に入る機種なので、興味があるなら買いだと思います。オリジナルのZ5が品薄になってしまったため、Z5が買えず狼狽している方にも一応はお勧めしたいです。この4K大画面を生かし、動画・画像ビューアに使うにはうってつけでしょう。但し、4K動画は大量にデータ通信するため、IEEE802.11n/ac対応のWi-Fi環境を整えておくとなおさらいいですね。まさか、Z5Pがこんなに所有する喜びを与えてくれる端末だったとは想像だにできませんでした。

今月はほかにも、ドコモ、au双方のメイン回線で使っているXperia Z5のSIMフリー化、予備機として保管しているXperia Z3 SO-01GのOSバージョンアップなどが待ち構えています。おいおい記事にしたためていきたいと思います。ああ、Z3のバージョンアップを体験してからZ5Pにしたかったのになあ…。

2016年8月 2日 (火)

[予告]史上最強のあいつとは…

Img_0013

おや、誰か来たようだ…。いや、なんでもないか。

詳細は後ほど更新。乞う御期待!

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

Other Accounts

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ