« そんなサイズで大丈夫か? | トップページ | 御無SATAしております »

2016年5月 1日 (日)

King of Boombox

Img_0005

[見よ、この貫禄! 後ろに写っているのは後継機のRX-DT99]

一部では伝説のCDラジカセと呼ばれ珍重されているパナソニックのRX-DT9を入手しました。某所で本体のみ、CD/カセット再生しないとのことで1,080円。1989年に定価75,000円(当時の税込価格で77,250円!)で発売された、同社のCDラジカセとしては孤高の存在といえるものでした。

実は筆者、バブルラジカセファンでもあり、中でもパナソニック機は壊れにくさからお気に入りの名機が目白押しなわけです。ともあれ、10年来探していたDT9と巡り逢えて喜びもひとしおです。これでDT9、DT99、DT909、DT901とほぼコンプリートですね。あとは真光よろしく手かざしでコブラトップが開くDT95をば…。

Img_0006

[リモコンなしでも操作できるほど充実した操作部分。そのリモコンも非常にゴツい]

パナソニック株式会社(旧・松下電器産業株式会社)は実は、ナショナルブランドにてCDラジカセを発売した実績がほぼなく、本格参入が1988年頃と非常に遅かったです。当時の松下はオーディオ機器を発売するにあたり、ナショナルブランドでは先進的ではないと判断したのでしょうか、パナソニックブランドを日本で本格展開する以前は数機種しか出していませんでした。

その分、パナソニックブランドとして第2世代にあたるRX-DT70/DT80は非常に完成度が高く大ヒットしていました。その後継機として企画されたのがRX-DT7/DT8/DT9になります。DT7も当時としては大ヒットしていましたが、そのさらに上をいくDT8/DT9ともなればその価格や厳ついデザインからレアリティが上がるようです。RX-DT8はかの小室哲哉の一番弟子、久保こーじも愛用していたそうです。ちなみに、DT8とDT9の違いはグラフィックイコライザーとバランス調整機能の有無ぐらいだったようです。なお、取扱説明書はDT8のものがほぼ参考になります。パナソニックの公式サイトからもDT8のものが今でもダウンロードできるとは素晴らしいです。

パナソニックはその後、RX-DT99、RX-DT909、RX-DT901、RX-DT95…と年に1度モデルチェンジを繰り返すことになりますが、中でもDT99は音質が、DT909は全体的な完成度が、DT901はデザインがパナソニック史上最強と評判になっています。パナソニックは高級CDラジカセを最後まで発売していたことで知られており、最終機種であるRX-ED57ですら根強い人気を誇っています。なお、パナソニックらしさを残した高級機の最終機種はRX-ED707でした。ED707はコブラトップを搭載し、サブウーファーを背面に内蔵しながら厳つさが見られない流線形のデザインが印象に残ったものです。

Img_0007

[貫禄がありながら操作ボタンが整理されたフロント部。当時はグライコ内蔵というのが珍しかった]

本機はDT7/DT8とともにパナソニックのCDラジカセで初めてバイアンプ駆動を採用したことで知られます。本機は2ウェイスピーカーですが、ウーファーとスコーカーに分割されており、更にアンプ単位で独立して駆動させる構造になっています。また、カセットデッキは録音レベル可変式、ドルビーCノイズリダクション対応、そして取り出しやすさを重視した凝ったカセットドアと至れり尽くせりでした。

Img_0008

[カセットテープは録再面を下にして、水平に挿入する]

動作チェックしてみると、CDはしっかり再生できるし、テープもデッキ2はちゃんと動きます。こりゃロクに動作チェックできてないですねw が…どうも、テープデッキ1が不調の様子。どうもベルト劣化又はギヤ欠けのようです。このギヤ欠けは当時のパナソニック製ラジカセでよく確認された不具合です。また、本機の宿命といえる、バックライトの麦球切れが確認できました。これは交換するかLED化させて解決したいです。

ラジオはちゃんと聴けました。なぜか、ABS FM90.1もギリギリの周波数で入っています。改めて聴いてみるとラジオっていいですね…。動作チェックしたのが夜間でしたので、大都市圏のラジオもびんびん入ってきます。パナソニックのCDラジカセはラジオの受信性能が本当に素晴らしい機種ばかりでした。

簡単に紹介しましたが、各部の詳しい解説は後ほど。さて、伝説の名機を蘇らせるべく、ゴールデンウィーク中にいじってみましょうかね…。

« そんなサイズで大丈夫か? | トップページ | 御無SATAしております »

オーディオ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/65247657

この記事へのトラックバック一覧です: King of Boombox:

« そんなサイズで大丈夫か? | トップページ | 御無SATAしております »

Other Accounts

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ