« Sunday Bloody Sunday | トップページ | その時、歴史が動いた »

2016年2月10日 (水)

マシマロは関係ある、本文と関係ある。

2016年2月10日、株式会社NTTドコモがAndroid 6.0へのバージョンアップ対象機種を発表しました。いつもなら夏頃に発表して遅くとも秋口迄に適用とスローペースでしたが、今回は意外と早かったです。2015年秋冬モデルとしてNexus 5Xを取り扱ったことがプラスに働いたようです。

なお、対象機種は以下の通り。赤字の機種は2度目のバージョンアップが提供される機種を意味します。

arrows NX F-04G/F-02H、arrows Fit F-01H
Galaxy S5 SC-04F
Galaxy Note Edge SC-01G、Galaxy S5 Active SC-02G、Galaxy Tab S 8.4 SC-03G
Galaxy S6 Edge SC-04G、Galaxy S6 SC-05G

Xperia Z3 SO-01G、Xperia Z3 Compact SO-02G
Xperia Z4 SO-03G、Xperia A4 SO-04G、Xperia Z4 Tablet SO-05G
Xperia Z5 SO-01H、Xperia Z5 Compact SO-02H、Xperia Z5 Premium SO-03H
AQUOS ZETA SH-03G/SH-01H、AQUOS Compact SH-02H


この顔触れで興味深いのが、Galaxyシリーズに加えXperiaシリーズも2度目のバージョンアップを受けられる機種があることと、同じSnapdragon 801/410搭載機種でも受けられる機種と受けられない機種があることです。なお、Snapdragon 801は主にMSM8974ABとMSM8974ACの2つがありますが、その中でも高クロックのMSM8974ACを搭載した機種がバージョンアップへ有利に働いたようです。実際、下記のバージョンアップ対象から外された機種でSnapdragon 801を搭載していたものは全てMSM8974AB搭載でした。

特に前者のメリットは大きいものがあります。なぜなら、日本におけるAndroid機の代名詞といえるXperiaシリーズはこれまで、バージョンアップ1回きりか、バージョンアップなしでモデルライフを終える機種が多かったためです。Xperia Aシリーズは初代含めてバージョンアップへのフォローがぞんざいだったため、A4でベースモデルのXperia Z3 Compact SO-02Gともども受けられるようになったことは大きいかもしれません。

Xperiaシリーズは早い段階から有志により相当するグローバル版に型番を偽装させてROM焼きすることで日本版で提供されていない更なるバージョンアップを適用する動きがありました。Xperiaシリーズはパソコンを持っていれば復元操作を行うことで工場出荷時の正規ソフトに戻せるため、そのようなことが容易くできます。

極端な例では、Xperia GXをAndroid 6.0で運用している方がいることも筆者は存じております。本来、Xperia GX SO-04DはAndroid 4.1.2まで、ベースモデルになったXperia TXはAndroid 4.3まででバージョンアップ打ち止めでしたから…。

一方で、今回のバージョンアップ対象から外れたドコモのAndroid 5.x機は以下の通りです。青字は工場出荷時、Android 4.4以前だった機種です。

arrows NX F-05F/F-02G
Galaxy Note 3 SC-01F、Galaxy J SC-02F、Galaxy Active neo SC-01H
AQUOS ZETA SH-04F/SH-01G、AQUOS EVER SH-04G、AQUOS PAD SH-05G
Xperia Z2 SO-03F、Xperia Z2 Tablet SO-05F
dtab d-01H/d-02H
Disney Mobile on docomo DM-01G/DM-01H


このうち、Galaxy Note 3/Galaxy JはAndroid 6.0へのバージョンアップを断念せざるを得なかったとのことなので仕方ないでしょう。一方、またしてもAQUOS PADはAndroidバージョンアップの対象から外されてしまいましたし、Xperia Z3とほぼ同じビルドで動作しているXperia Z2系も技術的には不可能ではなかったはずです。Disney Mobileの各機種は独自拡張機能の多さからOSバージョンアップを実施しても必ずしもベースモデル同様のパフォーマンスが期待できないとして見送られたようです。ちなみに、DM-01GはLG G3が、DM-01HはAQUOS Compact SH-02Hがベースモデルになっています。

多くのスマホユーザーを阿鼻叫喚させた暗黒期とも言えるAndroid 2.3/4.0ほどではないですが、Android 5.0/5.1は共に完成度が低いと評されています。Android 5.1では若干改善の兆しがありますが、それでも焼け石に水。主に、メモリーリークやバッテリーリークなどの不具合が指摘されています。Android 5.0へバージョンアップする際にこれらの問題へ独自に対策をとったメーカーがあったぐらいです。それもそのはず、64bit化に対応すべくLinuxカーネルを刷新したりアプリの実行速度を速めるべくランタイム環境の全面移行を行ったりと、従来の4.4.4以前のAndroidから生まれ変わる途上だからでしょう。

なお、ドコモは2016年3月から対象機種に対しAndroid 6.0へのバージョンアップを実施するとしています。Android 6.0はAndroid 5.0/5.1の特徴を継承しつつ、アプリ別に電源管理をできるようにして電池持ちを良くすることができるようになっています。緻密にアプリ別の動作を管理できるようになっているのも地味ながら改善点となっています。そのうち、筆者はXperia Z3 SO-01GXperia Z5 SO-01Hを持っているので、バージョンアップ提供に期待したいです。

あとはauとソフトバンクのどの機種にAndroid 6.0へのバージョンアップが提供されるか気がかりなところですね。XperiaとGalaxyには必ず提供されるでしょうけど。auはAndroid 5.0へのバージョンアップの際はキャリア最後発でしたし、ソフトバンクはXperia Z3 401SOにしかAndroid 5.0バージョンアップを提供していなかったのでまともだったとは言い難いです。ドコモと違い、話題のスマホに集客を頼ってきたツケでしょうか。ソフトバンクのAQUOSシリーズは…Y!mobileでAQUOS Xxがバーゲンセールされている現状からお察しですね…。

[株式会社NTTドコモより]
Android 6.0へのバージョンアップ予定製品について

« Sunday Bloody Sunday | トップページ | その時、歴史が動いた »

NTT/ドコモ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

>>パナ好きっこさん
レスが遅れて申し訳ないですorz

Android 5.0以降はまず後悔しないバージョンアップになってると思ってます。XperiaでいえばZ2/Z3で実施しましたが、概ね良好でした。ランタイム環境が置き換わったのが大きく響いているのかも。

機種にもよりますが、やって損したバージョンアップといえば概ねGBからICSか、JBからKitKatでしたね…。

こちら Android OS6のバージョンアップするとしたら 様子見で ソフトバンクのスマホで
、OS6のバージョンアップしてから しばらくしてから ドコモのXperiaの OS6のバージョンアップしたいと 思っています(;^_^A

こちら バージョンアップの対象スマホ 所有しているけど 人柱の報告状況みて バージョンアップしたいと 思っています(;^_^A

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/63886802

この記事へのトラックバック一覧です: マシマロは関係ある、本文と関係ある。:

« Sunday Bloody Sunday | トップページ | その時、歴史が動いた »

Other Accounts

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ