« 01F+03F=01G | トップページ | チュッパチャプスはキットカットと思いつつ… »

2015年10月 3日 (土)

ブラッディウルフの如きARROWS

この頃、blogを更新するモチベーションを保ちにくくなっていましたが、なんとか重い腰を上げて更新再開としたいと思います。色々とマイナーチェンジしていくつもりなのでよろしく。

とうとう、ドコモメイン回線を思い切ってXperia Z1 SO-01F/Xperia Z2 SO-03Fの2台切り替え運用としました。2台ともmicroSIMで運用できるうえ、Z2のバージョンアップ再開までnanoSIMに切り替えるわけにいかなかったためです。ARROWS V F-04Eをどうしたかについては後ほど。というわけで、手持ちのラインナップはXperia無双になりました。

現在のラインナップ。これで1ヶ月が経ちました。なお、Z2は既にバージョンアップ済みですが、それについては後ほど記事にします。

Img_0001


ドコモメイン:Xperia Z1 SO-01F@Android 4.4.2(下の左側)
ドコモサブ:Xperia Z3 SO-01G@Android 4.4.4(下の右側)
auメイン:Xperia Z1 SOL23@Android 4.4.2(上の左側)
auサブ:Xperia Z3 SOL26@Android 4.4.4(上の右側)
ドコモ控え:Xperia Z2 SO-03F@Android 5.0.2(下の真ん中)
au控え:Xperia ZL2 SOL25@Android 4.4.2(上の真ん中)


※どれがどれなんだか分からないというツッコミはなしの方向でお願いしますw

F-04Eをメインの座から下ろすきっかけになったのは発熱の多さ。スマートフォンはスリープ状態でもバックグラウンドでアプリが稼働することの多いハードウェアですが、これに輪をかけるように、夏は常に40度台前後で推移していました。なお、F-04EにはNX!エコというエコモード機能が搭載されていますが、それを有効にすると余計熱を持つ本末転倒の事態も多かったです。これは、ISW11FやF-05D、ISW13Fでも散々悩まされました。

F-04Eは時々、発熱が原因とされる機能制限によってしょっちゅう充電が止まることがありました。そのため、充電したつもりが過熱によって充電を止め、そのままUSBがつながっているにもかかわらず充電されていないことも多かったのです。

出荷時はAndroid 4.0.4ですがなかなか安定せず、思い切ってAndroid 4.2.2へバージョンアップしてみました。しかし、今度は落ちることなく快適に使えるようになったものの、よりCPUが稼働するようになったためなのか、発熱が激しくなりました。特にテザリング時は壊れそうだと思うほど熱々になります…。一時は、テザリングを有効にしたまま放置していたら50度を軽く超えていました。

もう、やってらんない!

ということで、そろそろ(当時の)ARROWSともお別れしようと思っています。今のGoogleアプリがとことん当時のスマホに合わなくなってきたのかもしれません。今度手にするならARROWS NX F-01Fが安牌ですな…。

ARROWS V F-04Eは既に手元にありません。某店で下取り処分してしまったからです。これについては後ほど。また、2015年秋冬モデルに関する記事も、ある程度落ち着いたらまとめてみましょうか。ということでますますあのキャッチコピーが当てはまるようになってしまいました。

だから私は、Xperia。

« 01F+03F=01G | トップページ | チュッパチャプスはキットカットと思いつつ… »

KDDI/au」カテゴリの記事

NTT/ドコモ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

>>パナ好きっこさん
私的には良くも悪くも北欧テイストの入ったZ5のデザインはGoodだと思ってます。

特にZ5CのカラバリはZ1C(日本版のZ1f)へのオマージュが込められていると見ていました。未だにZ1Cのライム色は根強い人気があるようです。ちなみに、au版Z5はドコモロゴが入るところにソニーロゴが付いてますね。

私は無印狙いです。4型台でFHD液晶のXperiaが出る気配がないから。既に量産化されているのに搭載しないのはセコいです。

>>マグマ大佐殿
そりゃもう、日本勢は悲惨です。業界シェアでは京セラが善戦、シャープはかろうじてベスト5圏内、って感じです。

日本のスマホ市場を牽引してるのがアメリカとスウェーデンのメーカーになってしまったのは本当に皮肉です。

私は今のHuawei機は素晴らしいと思いますし、レノボはモトローラを傘下に収めた今は言わずもがな、Xiaomiも安くて高品質なのでこれらの中国メーカーが日本市場で荒ぶることに期待しているんですが…特にHuaweiはサムスンと同じく操作系が魔改造されているみたいでそこが課題かも。あと加速している人民元高も大きな課題です。

それ以上に心配なのはサムスンですね。メーカーを表に出せないマーケティング、なお売れ残るSGS6ファミリー、Galaxyファンを小バカにするような商品展開と、この頃の日本市場では迷走どころか自滅フラグがたちそう。

富士通はF-02Hだけ自社製造で、F-01Hを外注生産にすることでリスク軽減を図っているようです。もうすぐF-01Hと同じスペックのSIMフリー版が出ますのでお楽しみに。

こちらも Xperia端末ばかりですね;^_^A

Xperia Z5 三兄弟 デザイン良いんだけど
カラーバリーエション 良くないですねぇ(; ̄ェ ̄)

まあ docomoの刻印 目立たないから 良かったかなあ(*^o^*)

久々の記事にウPが何と全部ペリアつ。

という当方も同じ状況ではありますが。

国内のメーカー別シェアは今どうなってるんですかね。

世界的なシェア傾向とは林檎の事も含めて違う状況でしょうが、中華メーカーがキャリアにほとんど入ってないから他の地域と比べるのは意味はないけど、富士通、シャープが今後もスマホ続けられるか心配になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/61411315

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッディウルフの如きARROWS:

« 01F+03F=01G | トップページ | チュッパチャプスはキットカットと思いつつ… »

Other Accounts

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ