« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月16日 (月)

Z1へ変えOTAで

Img_0002

ドコモメイン回線を無事にXperia Z1 SO-01Fへ変更できました。2013年秋冬モデルながら、まだオンラインショップに在庫が残っていたのに驚きます。現金価格は番ポなら18,000円+税ですが、機変だと84,800円+税なんですよねえ。月々サポートは機変だと毎月1,800円+税なので概ね好条件ですが、現金価格の高さがどうも気になります。実はXperia Z2 SO-03F(79,000円+税)やXperia Z3 SO-01G(80,400円+税)よりも高いです…。

So01f_lockscreen_422

まず、電源を入れてみましょう。この地点で返品ができなくなってしまいます。…良かったです。Android 4.2の状態でした。やはり、ドコモオリジナルとXperia標準の2つからロック画面が選択できます。Android 2.3/4.0時代、Xperiaの一部ではXperia標準のみ、国産勢の一部でもドコモ標準しかロック画面を設定できなかった機種があったのでどちらか選べることはいいことですね。

Img_0004

さて、ここでSIMカードを交換しましたが、開通手続きが必要になります。この手順はドコモオンラインショップから紙面で指示がありました。大きく分けて、2つの方法があります。パソコン上で手続きする方法と、新しい端末から手続きする方法があります。筆者は後者で実施しましたが、どちらも空のSIMカードへOTAによって契約情報を書き込むことで開通が完了します。

・PC上で手続きする際
ドコモオンラインショップのサイトの「お申込み履歴」をクリックし、該当する回線の「電話機の開通手続き」をクリックします。

・電話機から手続きする際
後述します。PCサイトからこのblogへアクセスしている方は「続きを読む」をクリックしてください。

Img_0017

うーむ…SIMカードスロットのキャップが少し浮いてしまいます。おそらく接着や切り離しがイマイチだったのでしょう。これはドコモショップに持ち込むと無料で交換してもらえるようなので、気が向いたらショップに足を運んでみたいと思います。かつてはカバーの交換ですら無料でも預かり修理扱いだったらしく、わざわざ工場送りにして交換していたそうです。

Img_0018

結構気にされている方も多いですが、Z1には個体差があります。Z1はVA液晶搭載ですが、調達元が株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)シャープ株式会社の2社になっているそうです。よく当たり外れと聞きますが、液晶に限ればメーカーがわかっている分ハズレはないだろうと思います。JDIのほうが寒色寄りで、シャープのほうが暖色寄りの発色をします。シャープ製のものはIGZO液晶(実はこれもVA方式)ではないそうなので、これのご先祖様といえるS-CG Silicon液晶搭載と思われます。

確かに、その液晶を搭載していたAQUOS SRIE ISW16SH(SHI16)でも、電源を入れると一瞬だけ画面の色合いがいつもと変わることがあります。そういえば、Z2にIGZO液晶を搭載するというデマが流布したことがありましたねえ。結局、Z2はIPS液晶搭載になりましたが。

ちなみに、Xperia Z1 Compactの日本版、Xperia Z1f SO-02FIPS方式で、JDIと友達光電(AUO)からパネルを供給してもらっています。やはりこちらでもJDI製ディスプレイを採用した個体が当たりとされているようで、AUO製パネルを採用した個体は本当にハズレとみなされています。元々、Z1 Compactがやや安作りですからね…。

Screenshot_20150205223342

だいぶ後期のロットだったau版に対し、ドコモ版は初期ロットでビルド番号が14.1.H.0.542となっていました。つまり、まだSTAMINA(R)モードやホワイトバランス調整機能、docomo ID認証が実装されていません。この後、Android 4.4へバージョンアップするにはさらにソフトウェア更新などを用いた機能バージョンアップでLTEローミングへ対応させる必要があります。この際に、海外ローミング対策としてLTEを無効化する機能が追加されるそうです。

なお、LTE経由のバージョンアップは機能バージョンアップ、OSバージョンアップを問わず2013年夏モデル以降はデータ通信料が無料になっています。即座に更新するにはWi-Fi環境が必要で、LTE経由の機能バージョンアップは一晩おいてダウンロードしてからユーザーが承諾して初めて更新、という形になります。どちらも必ずドコモのSIMカードを入れて実行してください。

Screenshot_20150209235113

[画像はSOL23の更新センター。SO-01FはXperia専用アプリのみここから取得、更新]

Z1、というかAndroid 4.2以降のXperiaではソフト更新以外では今まで形骸化していた更新センター(アプリケーションの更新)が重要度を増すことになりました。更新センターまたはアプリケーションの更新では、Xperia専用アプリを更新することができるようになっています。なぜか、Android 4.1までは機能として搭載されていたもののソフトの更新以外には使われていませんでした。ドコモでは、ソフト更新やOSバージョンアップがXperia A SO-04E以降では更新センターから完全に切り離されているようです。

つまり、ドコモ版Xperiaはソフトウェア更新、Androidバージョンアップ、アプリケーションの更新、Google Playストア、dマーケットの5つでシステムやアプリの更新を行うことになります。au版やソフトバンク版のXperiaは少し簡略化されて更新センターでXperia専用アプリ、システム、Android OSの各種バージョンアップをこなすことになります。

Screenshot_20150205223438

[SOL23ともども、ベンチマーク結果は極めて良好]

端末の印象自体はSOL23と同じです。液晶の当たり外れ自体はかなり気にする方も多いと思いますので(前述のとおりメーカー的には両方とも当たり)、こちらは機能バージョンアップで追加されるホワイトバランス調整でなんとかするしかないですね。なお、ドコモ版ではAndroid標準ブラウザーが搭載されない代わりにChromeを使うようにになっております。元々、Android標準ブラウザー自身がChromeの簡易版でしたからね。

Screenshot_20150205224124

[AnTuTuのスコアもおおむね良好]

少々粗は見受けられますが、VoLTEやハイレゾ音源など、最新鋭の機能を追わない方にとってXperia Z1は「The best of Sony, for the best of you」のキャッチコピー通り最高に満足を得られる端末になると思います。ただ、店頭で手に入る見込みはほぼ皆無なので、「どうしてもSIMカードを変えるのが嫌だ!」とか、「型落ちでもいいから安定して使えるスマホが欲しい!」、「当時欲しかったけどいつの間にか店頭で買えなくなった!」という方にはオンラインから手続きしてでもお勧めできると思います。

さて、あとはファブレットのXperia Z Ultra SOL24ARROWS V F-04Eのバージョンアップ練習用にARROWS X F-10Dを中古で、F-04Eのスペア電池兼充電器として(笑)ARROWS X F-02Eを手に入れれば一通り欲しい機種を手に入れたことになりますね…。ただ、ここ最近はROM容量と等価の容量を持つmicroSDカードで運用するのがベストだと思ってますが、32GBは少々値が張るのが厄介ですw

続きを読む "Z1へ変えOTAで" »

2015年2月15日 (日)

ZからZ1へ

Img_0004

紆余曲折ありましたが、なんとかauメイン回線のLTE化が完了しました。先に申した通り、敢えて型落ちのXperia Z1 SOL23にしてみました。本当は最新機種のXperia Z3 SOL26にしても良かったですが、auの場合、SOL26が機能バージョンアップでVoLTE対応になるか、XperiaでVoLTE対応機が出ることを待つしかないですね。出荷時期の関係でAndroid 4.4にされているのかどうか不安でしょうがなかったですが、結局工場出荷時のAndroid 4.2の状態で受けとることができました。なぜか、手元のZ1のほうがZL2よりも後に製造されていたらしく、銘板に「2014年8月製造」と書かれていました。そのためか、先に受け取ったドコモ版Z1(SO-01F)よりも状態が良いです。

Img_0010

どうでしょう? このアルミ削り出しのフレームシャーシは見ているだけで惚れ惚れするほど高級感を放っています。一応、これがアンテナも兼ねています。写真はZ2とZ1の3台重ねですが、Z2とZ1ではフレームシャーシの加工が若干異なるのも興味深いです。

Screenshot_20150209235053

というわけで、本機のビルドは14.1.C.3.95となっています。STAMINA(R)モード、伝言メモ、Wi-Fi安定制御機能を追加する機能バージョンアップが既に施されています。なお、開発者向けオプションはそのビルド番号を7回連打することで有効化できます。再び隠す方法もありますので、これはSOL22のバージョンアップの際に紹介しようと思います。御覧の通り、Z1以降でXperiaのメニュー画面は黒地から白地に変更となりました。

Wi-Fi安定制御機能はauのスマートフォンではAndroid 4.2へバージョンアップされたHTC J One HTL22で初めて導入された機能です。この後、auの2013年秋冬モデルでもAQUOS SERIE SHL23ARROWS Z FJL22などでも工場出荷時に搭載されているようです。XperiaシリーズではXperia UL SOL22のAndroid 4.2へのバージョンアップで先行して初導入された機能でした。簡単に説明すると、Wi-Fiにつながっている間もLTEにつなげることで、Wi-Fiが不安定になってもLTE通信でそれを補うことで継続して通信できるようにする機能です。Wi-Fiにつながっている間でも電波ピクトに「LTE」と表示されるので不具合だと混同されやすいようです。

Screenshot_20150209235918

ベンチマークの結果も良好です。意外なことにXperia Z2/ZL2よりも良好な結果が出ました。Quadrantでは常に20,000スコアを、AnTuTuでも常に40,000スコアを超えることができます。逆に、Z2/ZL2はZ1よりもCPU/GPUの各クロックが高いはずなのにポテンシャルをフルに発揮できていない、ということになります。Z2/ZL2では稼働コア数とクロックを動的に制御することで省電力化を図っているので、それが原因でしょうなあ。

Screenshot_20150210001148

[SGS5に匹敵する良好なパフォーマンス]

3GからLTEへの契約変更なので、使用感は本当に雲泥の差です。特に、OSバージョンが上がったことによる動作の安定化、ハードウェアスペックが上がったことによるUX(ユーザーエクスペリエンス)の大幅なアップ、通信速度の高速化によるブラウザーの読み込み時間やダウンロード時間の短縮など、非常に大きな恩恵を授かることができました。WiMAX低速化が一部地域から既に始まっているので、LTE化してよかったと思っています。

さて、今後の課題は、いわゆるバナナペリアの予防策として装着するハードシェルを探すことと32GBのUHS対応microSDカードを大量に仕入れることですかねえ…。また、Android 4.4へのバージョンアップもぼちぼち様子を見ながらやってみようと思います。ドコモ版Z1の紹介も後日してみることにしますが、筆者の個体では色々と見比べているうちに興味深いことがわかりました。

なお、Android 4.2は4.1と比較するとRAM占有量が上がっている一方で、かゆい所に手が届くようになったといえる様々な新機能を搭載しています。これは、SOL22のバージョンアップの際に解説してみようと思います。

さて、ARROWS Z ISW13Fはどうしましょう? めんどくさいことにアプリの一部にはTegra専用タイトルもあるようですからねえ…。これの兄弟機、ARROWS X F-10Dもバージョンアップでどれだけ化けるかに期待して手に入れてみたいとは思ってますが…。

■良いところ
・両面ガラスにアルミフレームの高級感あるデザインでZL2以上に「感覚を揺さぶる
・Snapdragon 800 MSM8974のポテンシャルを引き出した良好なパフォーマンス
・うまく電源管理をすればSTAMINA(R)モードなしでも2~3日も持つバッテリー
・Cat.4対応で運が良ければWi-Fiと見紛うほど高速に通信できる
・Xperiaらしく音楽、映像、イメージングに全力投球した機能
・少々粗があるが、セルフィー(自撮り)に向いている画質のサブカメラ

■微妙なところ
・ウォークマン機能がロック画面から使えなくなってしまった
・20メガピクセルもあるカメラなのに、プレミアムオートにすると8メガ(4Kワイド)固定
・やはりスクリーンショットで音が出てしまう(バージョンアップで出なくなるらしい)
・明るさ調整はトグルからよりもウィジェットでやった方が簡単にできてしまう
・立て付けがあまり良くないのか、バイブレーターが動作すると時々シャリシャリ音がする
・STAMINA(R)モードの設定が海外版と逆のブラックリスト方式なのでやりにくい

2015年2月 2日 (月)

[敗北宣言] 飯田橋の軍勢に折れた…

Xperia_z1

とうとう、Xperia Z1 SO-01F/SOL23をオンラインショップで注文してしまいました。どちらもドコモとauのメイン回線です。…アレ? auのメイン回線は夏まで3Gで我慢するんじゃなかったっけ、と思った方も多かろうと思います。しかし、筆者はauが色々と3G回線にとどまっている契約者の巻き取りに躍起になっていることを察知したため、やむをえなく契約変更することにしてしまいました。

Img_0002

決定打になったのは、やはり+WiMAX端末の完成度でしょうか…。RAM容量不足がしょっちゅう起こって使い物にならなくなってしまったAQUOS SERIE ISW16SH(SHI16)からARROWS Z ISW13F(FJI13)に乗り換えてしばらく使っていましたが、やっぱり一長一短なんですよね…。一応、ISW13Fは電池持ちが悪い一方でISW16SHよりも快適に使えてはいます。

Screenshot_20150109101056

[ICSで1GB丸ごとRAMを使っているスマホは初めて見た!]

先にXperia GX SO-04Dのバージョンアップの項でも触れましたが、実はAndroid 4.0の端末の多くはRAMを1GB搭載しているにもかかわらず、その3分の2の約650MBしかユーザーRAMとして使われていません。しかしISW13Fは珍しく、Android 4.0の地点でもユーザーRAMとして1GB丸ごと使っているのです。

たとえばISW16SHではGoogle検索しようにもRAMの逼迫で検索アプリそのものが落ちてしまうことが日常茶飯事だったので予めランチャーにGoogleホームページへのショートカットを貼りつけたうえでそこから普通にブラウザー検索するようにしていました。auのキャリアアプリはやや重いものが多いため、やはりRAM容量の余裕は欲しいものですね。

Screenshot_20150126163932


ISW13Fのほうが(まだ使い始めてから時間がたっておらず調子がいいということもありますが)意外にもWiMAXの通信品質が優秀でした。これから13.3Mbpsへ減速になりますが、公称40Mbpsに対し未だに15Mbpsも出ています。ISW16SHは(使わなくなる前は)かなり速度が落ちていたように思います。経年劣化でしょうなあ。自宅はWiMAXが入らないものの、生活圏にかろうじてWiMAXエリアがあるのが救いになっています。

しかし、どちらも問題を抱えているのは間違いありません。せっかく当時の最先端を行くスペックを誇っているのに、ソフト側の詰めの甘さでUX(ユーザーエクスペリエンス)があまり良くないのです。当時、多くのユーザーはAndroidバージョンアップが提供されることに期待していましたが、KDDIは政策的にLTEへ移行させることを優先するため、バージョンアップを見送りしてしまったのです。ちなみに、ISW16SH、ISW13Fにそれぞれ対応する端末(兄弟機)はAQUOS ZETA SH-09DARROWS X F-10Dでしたが、いずれもAndroid 4.1/4.2へのバージョンアップ後はかなり動作が改善されて長く使えるほどになった、と伺っています。もったいないですね…。

OSバージョンアップされないのでセキュリティが危うい上に将来的にアプリ対応機種から切り捨てられる、細々としたバグや不具合がまだあるのに2013年を最後にソフト更新が放棄されている、売りのWiMAXは低速化される、どんどん重くなっていくキャリアアプリにハードウェア(主に通信速度)が追い付けない、電池持ちが悪い、iPhone 4SはかろうじてiOS 8対象機種になったもののこれが最後かもしれない、そして第一に新機種が出なくなっている…そんな中で3G回線を騙し騙し使っていく意味はあるだろうか? いや、ないだろう。そう判断して重い腰を上げて3G回線からLTE回線への契約切り替えせざるを得なくなりました。

こうなると、問題はauの3Gスマホの維持の仕方です。3Gスマホは、基本は持ち込み新規でプランEシンプル(所謂ガンガンメール)を使って維持してみようと思っています。プランEシンプルの利点は最低でも月額743円+消費税で維持できることと、データ定額プラン統合型のため万が一データ通信が生じてしまっても追加料金が5,700円+税で済むことです。

一方のドコモも、メイン回線でiモードをまだ使っていきたいという思いがあったものの、結局spモード上のオンライン手続きで廃止することにしました。これでspモードへ一本化することができました。2015年1月31日付で廃止しましたが、購読中の2つの有料番組(★ぷよぷよ!セガ、NEWS読売・報知)がspモード上のメニューに引き継がれたのはその翌日になりました。iコンシェルもこれでようやく使えるようになりましたし、念願のXperia Z1への機種変更の準備が整いました。ただ、しばらくの間はARROWS V F-04Eを使い続けるか、ARROWS X F-02Eを別途入手して使うことになるかもしれませんw まあ、iモードを使いたいとなれば、サブ回線のほうをオンライン手続きでiモード契約に変更するという手もありますね。

既に最新機種のXperia Z3 SO-01G/SOL26が出ている中で敢えて型落ちのZ1を狙ったのにはわけがあります。

・ドコモ、auともにオンラインショップで購入してもAndroid 4.2のまま出荷されると分かったため
・残暑に購入したXperia Z2 SO-03F/Xperia ZL2 SOL25がこの後、Android 4.4.4へのマイナーバージョンアップ提供によってZ3相当の機能に進化する可能性に賭けているため
・Z3でnanoSIMカード対応になってしまうので手持ちの端末を使っていくのに不自由が生じるため
・今では型落ち品でも十分満足いくUXが得られると判断した
・Z3よりもむしろZ1のほうがデザイン的に好み

ドコモのZ1はSIMカード再発行のうえで自宅へ配送してもらうことにしました。送料もかからないうえに頭金も機変手数料もとられないのが大きな魅力でした。一方、auのZ1はau WALLETポイント目当てでショップ受け取りを選んでみました。ドコモオンラインショップでは機変に限りコンビニ受け取りも選択できるんですが、店舗によってはこのサービスを拒むところもあるんですよね。何か不都合でもあったのでしょうか…。

毎月割および月々サポートを受けるべく、プランも変更しています。auのほうは一応メイン回線としていますが、サブ回線同様にLTEプラン+LTE NET+LTEフラットとしました。無料通話分がなくなりますが、これからはカケホになったドコモのほうへ連絡先を一本化しようと思います。

※一応、auのVoLTE回線でも従来プランがLTEプラン(V)として残されています。これとLTEフラット(V)でも毎月割の対象になるようです。

一方、ドコモのほうはどうしても新プランへの移行が避けられず、カケホ(スマホ/タブ)+spモード+データL(8GB)で組んで様子をみることにしました。サブ回線とシェアを組むかどうかは1ヶ月間様子を見て判断しますかねえ…。これで、LTE回線全体で見れば8GB+2GB+7GB+7GB=24GB分は定額料内で使えることになります。

どちらも到着し次第、第一報を更新してみようと思います。Xperia Z Ultra SOL24もタブレットの代わり(=ファブレット)として欲しくなりますなあ…。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ