« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月13日 (火)

0.1だけでもバージョンを進めてみよう

Img_0002


筆者の持つXperia GX SO-04Dは工場出荷時、Android 4.0が導入されていました。この機種は日本独自機能をニーズの多いおサイフケータイに絞ることで非常に安定した動作を実現していました。発売からバージョンアップ前まで2回しかソフト更新がなかったことからそのことがよくわかります。快適性でいえば、数あるMSM8960搭載機種の頂点といえるものです。

※同じMSM8960搭載機種でも、どん尻はこの機種ですよねw

この機種とほぼ基本設計が同じSO-05Dを対象に、2013年7月2日からAndroid 4.1へのバージョンアップが配信されています。なお、Android 4.1で変更となる点は…

・Google検索機能が進化(Google Now)
・通知トレイからダイレクトに受信または発信操作ができる
・XperiaホームがCosmic FlowからExperience Flowに変更
・ロック画面の解除方法が右スワイプから上下スワイプに変更
・ロック画面がXperia標準版とドコモ標準版のいずれかにできる
・アプリ履歴から現在起動中のアプリをワンタッチで終了できる
・Chromeのプリインストール化
・ドロワーでもフォルダーを作成可能に
・通知トレイ上のトグルが増える
・カメラ機能の変更に伴いオートシーン機能の強化


…などと、従来からガラリと変化が見られます。一言でいえば、あのXperia A SO-04Eと同じ感覚で使えるようになります。そこで、提供から1年半たったとはいえ、思い切ってバージョンアップを実施してしまいました。Xperiaの場合、パソコンで所定のアプリケーションからデータをダウンロードしてバージョンアップする方法と、Wi-Fiからダウンロードしてバージョンアップする方法がありますが、筆者は後者の方法で実施しました。

So04d_lockscreens2


ロック画面です。今までは左のXperia標準ロック画面しか選択できませんでしたが、これによって中央のXperia標準ロック画面と右側のドコモ標準のロック画面と切り替えることができるようになりました。慣れないうちはドコモのロック画面で、慣れてきたらXperiaのロック画面で使ってみましょう。実は根っからのXperiaファンからは、ドコモのロック画面はすこぶる不評と伺ってますけれどね…w

So04d_quadrant_diff2


バージョンアップ後、ベンチマークをとってみたところ劇的な変化が見られました。QuadrantではICSの状態(上)で5,000スコア前後だったのですが、JBにした結果(下)、RAMとI/Oのスコアが大きく伸びてなんと6,000スコア以上が出るようになりました。一方で、AnTuTuでは19,000~20,000スコアとあまり伸びなかったです。AnTuTuは総合的にUXの指標を測定できるベンチマークアプリなので、この機種は元々UXが優秀だったのでしょう。

So04d_notification_tray


ICS時代は5つしかなかった通知トレイのトグルも10個に増えました。うれしいのは「テザリング」がここから選択できるようになったことですね。しかしながら、Xperia Aなどのようにカスタマイズできるわけではなく、選択できる項目も少々微妙です。

Android 4.1以降ではアプリメニューの構成が変わっています。今までタブをタップして切り替えるようになっていたものが、左右へフリックして切り替えるようになりました。基本は「ダウンロード(⇔内蔵ストレージ/SDカード)⇔実行中⇔すべて」の順に切り替わります。

Screenshot_20150105195124


ユーザーに提示されるRAM容量も大幅にアップしています。ICSの状態では1GBのうち650MBほどしか使えませんでしたが、JBにバージョンアップした結果800MBほどに拡大しました。これは思った通りの成果でした。元々、ICSの状態でもRAMをそんなに消費しない上にメモリー解放が上手い端末なので、1GBでも十分ですね。

ああ、常にRAM容量がカツカツになってしまうISW16SHもバージョンアップできたならよかったのになあ…。これが原因で、ISW13Fを使うことになってしまったわけです。KDDIはLTE機への移行を促すため、つまり計画的陳腐化のために2012年夏モデルのAndroidバージョンアップを却下したといわれています。むごい…。

Screenshot_20150105195114


なお、ICS時代から引き続き、アプリはSDカードではなくJB世代のシャープ機と同じく内蔵ストレージへ退避させることが可能になっています。これはおそらく、Android機でSDカードがうまくマウントできない場合があることを受けての仕様と思われます。故に、内蔵ストレージを丸ごとアプリに使うこともできます。実際、Xperia Z SO-02Eからは内蔵ストレージをアプリ領域と共有するダイナミック管理方式に変わっています。

システム領域が2GBしかないので、大容量のスマホゲームをインストールする際はこうやって容量確保することをお勧めします。ただし、それを行う際は予め内蔵ストレージ内のデータをSDカードへ書き出しておくとよいです。

So04d_app_history


ICS時代(左)は単に履歴を表示する「だけ」だったアプリ履歴も、JBにしたことで一括終了機能が付きました(右)。これで同じチップセットを搭載するXperia V系統(AX/VL)とほとんど同じ仕様になったといえます。「全アプリ終了」でアプリ履歴を一括で消去し、メモリー解放も同時にやってくれます。また、Xperiaシリーズの定番機能になったミニアプリ機能もここから呼び出して使えるようになっています。実は筆者、電卓を使うためにしょっちゅう使っていたりします。

Screenshot_20150113011144


おまけ。バージョンアップで使えなくなるはずのFlash Playerがそのまま残っていますw ただし、そのまま使えるとは限らないと思います。端末を初期化してしまうと二度とPlayストアでダウンロードできなくなるので、こちらからAPKパッケージを入手することをお勧めします。または、そのまま運用をあきらめてアンインストールしてしまいましょう。

この機種、実はスマートフォンとしては今まで筆者が手にしてきた中で最もお気に入りの端末でもあります。オムニバランスデザインに移行する前のアークラインを取り入れた美しいデザインのため、とても持ちやすいのです。大きさ、薄さ、軽さも程よく、4.6型液晶に127gという軽さのため、片手操作も快適にこなすことができるわけです。

バージョンアップした結果、非常に満足いくパフォーマンスと操作性が得られました。これからも末長く使えること請け合いですね。この機種に限らず、ICSで動きが良くなくて途中で機変してしまった皆さんもぜひ、手元にその端末が残っていたらAndroidバージョンアップを試みてみてください。きっと再評価のきっかけができると思いますよ。

■まとめ

良くなった点

So04d_settings

[設定画面もXperia Zのようにゴージャスに。テーマ変更でメインカラーも変化]

・タッチパネルの反応など、全体的に動作がサクサクしてきた!
・画面ロック解除がやりやすくなった!
・スクリーンショットがやりやすくなった! (電源メニューからもできるように)
・Wi-Fi設定がやりやすくなった! (WPS対応機器なら標準機能でワンタッチ登録が可能)
・操作性が改善され、使い勝手が上がってきた!
・ICS時代の持病だったフリッカー現象(画面のちらつき)がなくなった!

微妙な点

Screenshot_20130813134839

[ランチャーの変更で、ICS時代のこのような遊び心ある機能がなくなりました…]

・SH-09Dとは異なり、バージョンアップ後もアプリが入るパーティションが2GBのまま
・カメラ機能でワイド写真の最高解像度が中途半端な3,920×2,204pixelになってしまった
・従来のXperiaの機能の一部を引きずってしまっている (一応無効化できるが…)
・せめて、Xperia Aにあるような簡易的な省電力モードが欲しかった…

さて、追記にてバージョンアップ方法を説明していきたいと思います。

続きを読む "0.1だけでもバージョンを進めてみよう" »

2015年1月 4日 (日)

海老で鯛を釣ってしまった

新年明けましておめでとうございます。今年も旧年と変わらぬご愛顧よろしくお願いいたします。

いよいよ、2015年1月5日から仕事始め、という方も多かろうと思います。その前のお楽しみ、初売りでとんでもないものを手に入れました。

Img_0003

ソニーのモバイル電源、CP-F5(L)です。某H/Oでかなり安かったので、つい買ってしまいました。新品で買うと5,000円前後もするんですよね…。今回購入した個体は2013年7月製造で、かなり使いこまれた形跡が見られました。所々、塗装やレタリングが剥げかけています。

CP-F5は一応現行品です。これの樹脂ボディ版が2014年に発売されたCP-V5になります。CP-F5の特徴はこんなものでしょう。驚異的な充放電回数を誇るので、しばらくは使えると思います。

・5色のカラーバリエーションを際立て、放熱性アップに貢献するアルミ製ボディ
・ソニーが開発したハイブリッドジェル技術により1,000回の充放電が可能
・3.7V, 5,000mAhの薄型大容量リチウムイオンポリマー充電池内蔵
・1A入力の急速充電、1.5Aの大出力に対応
・LEDの点滅で電池残量がわかる

Img_0002

恥ずかしながら、今までモバイル電源として使っていたのがこれら。ドコモのFOMA補助充電アダプター01~03、auのポータブル電源でしたw いずれも定格出力が最大400mAと心もとないです。FOMA補助充電アダプター02はUSB端子も内蔵してますが、やはり定格出力が最大500mAとひ弱な上に定価が税別3,300円と分不相応すぎました。同じ価格ならポケットチャージャー02が買えてしまいます。

いずれも、フィーチャーフォン用の電源アダプターをmicroUSBへ変換するアダプターをかませて使っていました。しかし、元々がフィーチャーフォン用なので1回の放電ではスマートフォンを満充電できなかったことも多いです…。

Img_0007

本体上部。左からmicroUSB入力、電池残量インジケーター、USB出力、電源ランプ、USB出力開始/停止ボタンです。電池残量を把握したいときはボタンを押すことで、LEDが点滅した回数に応じて残量がわかるようになっています。一応、モバイル電源へ充電しながらUSBにつないだ機器へ給電することも可能になっています。

入力電流が最大1Aということなので、ドコモのACアダプター03やauの共通電源アダプター03がこれの充電にはおあつらえ向きです。ただ、前者は短期でACアダプター04にとって代わられてしまったので極めて入手困難になりました。

Img_0008

写真では分かりにくいと思いますが、同等容量のモバイル電源と比較してみるとこの薄さがお分かりいただけるだろうと思います。eneloopとして最後になったモバイル電源KBC-L54Dとauのポータブル電源Aです。写真にはありませんが、ドコモのポケットチャージャー02も同等容量です。

実はポータブル電源Aも今回CP-F5を入手したところと同じ店舗で手に入れています。当初はauオンラインショップ限定品でしたが、この後、au +1 collectionとしてauショップでも入手できるようになりました。ただし、定価が税別6,700円もするので、新品ではおいそれと出が出せないです…。

Img_0010

付属のケーブルを使ってARROWS Z ISW13Fとつないでみたところ。CP-F5は本体サイズがスマートフォンと寸分違わないですね。重さは156gで、ARROWS X F-02Eとほぼ同じくらいでした。付属のケーブルはスマートフォンの充電だけでなく、PCとの接続にも使えます。本当は、同じ青のARROWS X F-10Dと併せてみたかったですw

Img_0011

多くの方は付属のUSBケーブルを使って、モバイル電源を持ちながらスマートフォンをいじっていると思われますが、このような伸縮可能なUSBケーブルを用意しておいたほうがよいでしょう。これがあれば、ポケットにモバイル電源をしまったままスマートフォンを操作できます。これも某H/Oで手に入れました。バッファローのBSMPC07Uで、この手のケーブルにしては珍しく断面が丸く、耐久性に優れています。

かつては電池の持ちが良くなかった機種が多かったことから、今は電池の着脱ができなくなった機種が多くなったことからモバイル電源の需要は根強いようです。実際、フィーチャーフォン時代は隙間産業とみなされていてMEIA加盟メーカーが中心になって発売していたイメージが強かったですが、今ではMEIA加盟メーカーのほかに電池メーカーや周辺機器メーカーもぞろぞろと参入してきています。ただ、品質は玉石混淆で、中には粗悪品も紛れているようです。筆者はそういうこともあってか、リチウム電池系のモバイル電源は電池メーカーやそこから納入を受けて販売しているキャリア純正品以外は忌避しています。同じ電池メーカーが作っているモバイル電源でも、日立マクセルのものは安っぽい作りで忌避したくなっちゃいます。それでもマクセルのモバイル電源は自社製のセルを搭載しているそうですけどね…。

Img_0012

というわけで、現在の構成です。左から、auサブのXperia ZL2 SOL25(実際はなぜかXperia UL SOL22で使っているほうが長いw)、auメインのARROWS Z ISW13F(FJI13)、ドコモメインのARROWS V F-04E、ドコモサブのXperia Z2 SO-03Fです。きれいに富士通とソニーに分かれましたw 実際は予備機も何台かあります。

将来的にはメイン回線を両方ともXperia Z1 SO-01F/SOL23にしようと思っています。最新機種のZ3でもいいんですが、手元にmicroSIM機ばかり転がっている都合上、nanoSIM搭載機はしばらくの間忌避したいところです。

P.S.
結局ARROWS Z ISW11F(FJI11)ARROWS X LTE F-05Dは下取りに出して手放しちゃいました。F-05Dで大容量アプリがハングアップして扱いづらくなってしまったためです。

ああ、やっぱりOMAP4の頃のARROWSは二度と使いたくないです…。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ