« ノーフューチャーと化したフィーチャーフォン | トップページ | 筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2014 »

2014年12月24日 (水)

筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2014 [はじめに]

毎年恒例の、筆者の独断と偏見(?)で選出しております筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー。今年の結果を発表する前に、今年の携帯業界の傾向をおさらいしておきましょう。

■やりすぎ? 「適切なキャッシュバックは割と気持ちいい」
新学期商戦で各社が腐心したのがiPhone 5ファミリーの不良在庫の一掃。各社とも、iPhone 5ファミリーをキャッシュバックによる集客案件とし、これが知れ渡るや否や利殖目的でiPhoneを買い求める本末転倒な契約者が続出しました。具体的にいえば、キャッシュバックをもらった後で更にiPhoneを下取りに出して懐を潤す行為ですw

一方で、長年キャッシュバックによる集客に頼ってきたKDDI株式会社代表取締役社長、田中孝司氏は従来通り「適切なキャッシュバック」により集客を狙うと宣言。その後、思わず「割と気持ちいい」と本音がこぼれてしまう一幕もありました。この2つとも、ネット界隈ではネット流行語を狙えるほど印象に残るものではないでしょうかw

■新料金プラン vs MVNO
契約者の皆さんは安さか、キャリア回線の安心感かを天秤にかけていたに違いありません。各社ともVoLTEのサービス入りを前提に音声通話に再び活路を求めるべく、音声通話定額制を導入する運びになりました。なお、旧プランの申し込みを停止し、全面的に新プランへ切り替えを促そうとしたのはドコモだけで、他社は旧プランをしばらくの間存続させる措置をとりました。

結果、巷では格安スマホと呼ばれるMVNO回線の導入を検討する消費者が急増することになりました。MVNOとは仮想移動体通信事業者のことで、帯域だけキャリアから借り受けてそれを回線として再販する事業者のことです。帯域が限られているために毎月利用できる通信容量が少なく、また速度も落ちるものの通常のキャリア契約回線よりはるかに格安で利用できるメリットがあります。中には、音声通話も可能なMVNOも存在しています。

ただし、MVNOは全体的にメディアリテラシーが高めの人を対象にしている関係上、サポートにコストをあまり割いておらず支払い方法もクレジットカード限定という事業者が大半です。これでは筆者が本来、MVNOの使用を検討すべきユーザー層として想定している低所得層が持てるはずがありません。このような層は信用が薄いためクレジットカードを作るにも審査すら通らない場合もあります。口座振替による支払いを認めたり、プリペイド方式にしたりすることでだいぶ敷居が下がってくるはずです。今後のMVNO業界の動きに期待したいです。

■浸透してきた電池内蔵型端末
iOSファミリーでは初代iPhoneから、Androidでは2012年発売のXperia NX SO-02DXperia acro HD SO-03D/IS12S(SOI12)以降、断続的に発売されてきた電池内蔵型端末でしたが、2014年に入ってからは前年発売の秋冬モデルも含め、GALAXYシリーズ以外が全て電池内蔵型となりました。その背景に、大画面化やベゼルレス化などの高密度設計により電池着脱型の端末が開発しにくくなったことと、技術革新により劣化しにくいバッテリーの実用化の目途が立ったことなどがあります。

一方で、2年前はモバイル電源が手放せないほど電池持ちの悪かった端末も目立った中、昨年以降顕著になってきた「2日以上も電池が持つ機種」も台頭してきたのも事実です。つまり、スマートフォンの電池持ち改善のために、着脱できることを犠牲にしてまで大容量化がなされていったことがわかります。実際、今年発売された機種の多くが3,000mAh以上の大容量バッテリーを搭載していました。

■再評価されつつある日本メーカー機
今までは何かと完成度の甘さが目立ち、よほどのこだわりがない限り契約者から敬遠されてきた日本メーカー機。しかし、今年は違いました。AQUOS ZETA SH-04FARROWS NX F-05Fなどを筆頭に徐々に評判が持ち直しつつあります。実際、価格.comではこれらの端末に軒並み高い評価が下されることが多かったです。機変前の端末が如何に詰めが甘かったのかを証左するかの如くです。

しかし、商業的に成功したとは言い難く、堅実に生産調整を行って夏商戦のうちに売り切ったSH-04Fに対し、F-05Fは現在もなお売れ残るなど、今まで鬱積してきた負のイメージを払拭しきれていないケースも散見されました。今や、「二度と地雷メーカーには手を出さない」が定説になっているようです…。

■黄昏時なのに?! フィーチャーフォン人気再燃
今年は興味深いことに、フィーチャーフォンも新機種が積極的に開発されていました。とはいっても、2011年までの全盛期からは若干の退化が見られます。これは、機能の取捨選択により正攻法でコストダウンが進んだ結果です。F-02DやSH-03Dなど、今までの全部入りフィーチャーフォンから方針転換し、無駄な機能をそぎ落とすことで本来のフィーチャーフォンの売りであるTCOの安さをアピールすることになりました。新規開発ではなく既出の端末を手直しする程度で開発を済ませたものが多く、それが開発コストの軽減にもつながっています。

なお、フィーチャーフォンとスマートフォンの2台持ちにおいては、スマートフォンで電話しない代わりにフィーチャーフォンを音声専用端末にするといった使い方が主になっているようです。フィーチャーフォンは枯れた技術で開発されているためにTCOも安く済ませることができ、電池持ちも格段と良くなっています。そのために、フィーチャーフォンではスマートフォンやタブレットとの連携機能を搭載したものも目立っています。モバイルコンテンツのフィーチャーフォンからの引き上げが加速している中で、純粋に「電話機」としてフィーチャーフォンが人気を揺り戻しつつある傾向は実に興味深いものがあります。

これを踏まえて、果たして栄えあるケータイ・オブ・ザ・イヤー2014に輝く機種はどれになるのか。ここで、2014年に発売された主な端末を振り返ってみることにしましょう。

[ノミネート端末一覧]

原則としてキャリア扱いの民生用端末のみです。SIMフリー端末やWi-Fiタブレットに関しては、興味のある端末もピックアップいたします。

■株式会社NTTドコモ

・Apple Japan合同会社
iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPad Air, iPad mini Retina, iPad Air 2, iPad mini 3

・富士通株式会社
ARROWS NX F-05F / F-02G, ARROWS Tab F-03G, F-07F, らくらくスマートフォン3 F-06F, らくらくホン8 F-08F, らくらくホン ベーシック4 F-01G

・華為技術日本株式会社
キッズケータイ HW-01G

・NECモバイルコミュニケーションズ株式会社
N-01G

・パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
P-01G

・サムスン電子ジャパン株式会社
GALAXY S5 SC-04F, GALAXY Note Edge SC-01G, GALAXY S5 Active SC-02G, GALAXY Tab S 8.4 SC-03G
※結局、Tizenが採用される予定だったSC-03Fは欠番に。

・シャープ株式会社
AQUOS EX SH-02F, AQUOS ZETA SH-04F / SH-01G, Disney Mobile on docomo SH-05F / SH-02G, AQUOS PAD SH-06F, スマートフォン for ジュニア2 SH-03F, SH-07F

・ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
Xperia Z2 SO-03F, Xperia A2 SO-04F, Xperia Z2 Tablet SO-05F, Xperia Z3 SO-01G, Xperia Z3 Compact SO-02G

■KDDI株式会社

・Apple Japan合同会社

iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPad Air 2, iPad mini 3

・ASUS JAPAN株式会社
MeMO Pad 8 AST21
・HTC Nippon株式会社
HTC J Butterfly 2 HTL23

・京セラ株式会社
URBANO L02 KYY22, URBANO L03 KYY23, TORQUE G01 KYY24, URBANO V01 KYV31, MARVERA 2 KYY09

・LG Electronics Japan株式会社
isai G Flex LGL23, isai FL LGL24, isai VL LGV31
※Firefox OS機のFx0 LGL25は全国発売が2015年1月6日なので便宜上除外。

・サムスン電子ジャパン株式会社
GALAXY S5 SCL23, GALAXY Note Edge SCL24, GALAXY Tab S SCT21

・シャープ株式会社
AQUOS SERIE mini SHL24, AQUOS SERIE SHL25, AQUOS PAD SHT22

・ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
Xperia Z Ultra SOL24, Xperia ZL2 SOL25, Xperia Z3 SOL26, Xperia Z2 Tablet SOT21

■ソフトバンクモバイル株式会社

・Apple Japan合同会社
iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPad Air 2, iPad mini 3

・パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
COLOR LIFE 4 WATERPROOF SoftBank 301P

・サムスン電子ジャパン株式会社
GALAXY Tab4 SoftBank 403SC

・シャープ株式会社
AQUOS Xx mini SoftBank 303SH, AQUOS Xx SoftBank 304SH, AQUOS CRYSTAL SoftBank 305SH, シンプルスマホ2 SoftBank 401SH, AQUOS CRYSTAL X SoftBank 402SH, Disney Mobile on SoftBank DM016SH

・ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
Xperia Z3 SoftBank 401SO

・ZTEジャパン株式会社
SoftBank 301Z

■ワイモバイル株式会社

・華為技術日本株式会社
STREAM S 302HW, MediaPad M1 8.0 403HW

・京セラ株式会社
DIGNO T 302KC, STOLA 301KC, LIBERIO 401KC, CRESTIA 402KC

・セイコーソリューションズ株式会社
iiro WX04S

・シャープ株式会社
AQUOS ef WX05SH

■その他

・Nexusシリーズ
Nexus 6, Nexus 9

« ノーフューチャーと化したフィーチャーフォン | トップページ | 筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2014 »

KDDI/au」カテゴリの記事

NTT/ドコモ」カテゴリの記事

ソフトバンク」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/58336833

この記事へのトラックバック一覧です: 筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2014 [はじめに]:

« ノーフューチャーと化したフィーチャーフォン | トップページ | 筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2014 »

Other Accounts

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ