« 金券は厳禁でした | トップページ | ノーフューチャーと化したフィーチャーフォン »

2014年11月27日 (木)

健全と不健全の狭間で

先の目論見が外れ改めて仕切り直した結果、ようやくARROWS X LTE F-05Dの残債を現金清算することが出来ました。先に申したとおり、5,040円で清算できました。めでたしめでたし。

Screenshot_20141127175403

[これが証拠。割賦斡旋契約が2つあると申し込みできない、と出る]

なお、コメントにあったようにドコモオンラインショップでは機変時にUIMカードを交換するかどうかを選べるので、交換を希望すると大抵はDN05mへ交換されるだろうと目論んで交換は見送ることにしました。これで、Xperia Z1 SO-01F/SOL23導入準備はここまで進んだことになります。

・委任状の準備(各種手続きのため)
・F-05Dの残債繰り上げ清算←ここまで完了
・ドコモminiUIMカードをDN05mへ交換
・iモードメールのバックアップとスマートフォンへの復元
・iモードアドレスをドコモメールアドレスへ切り替え
・docomo IDをドコモメールアドレスへ紐付け
・オンライン手続きでspモードへ切り替え、iモードを廃止

さてここで、現在利用中のドコモの2回線について振り返ってみます。不健全なほうがメインで、健全なほうがサブですw

・メイン
基本料: タイプXiにねん+Xiパケホフラット(7GB)+旧spモード
月賦分: F-04E(3,132円/月)-2,808円/月=実質負担324円
・サブ
基本料: カケホ(スマホ/タブ)+データS(2GB)+spモード
月賦分: SO-04E(3,255円/月)+SO-03F(3,555円/月)-1,620円/月=実質負担5,190円


(注)値引分は通信料からで、端末代金からの値引ではありません。

何が不健全かというと、旧プランを使い続けていること。元々、旧プランはiモードとの重畳契約も可能で、筆者はXperia X10 SO-01Bを手に入れてからメイン回線はこの体制で使っていました。今回残債清算をしてきたF-05Dに機種変更し、Xi契約にした際もそのまま旧spモードを維持してきました。これを機変によって是正し、健全化させてしまおうと思います。

Z1へ機変するにあたり、筆者はなるべく月々サポートを付けたいと思っています。そのためには新プランへの変更が必要不可欠で、これによりiモード利用環境をいったん失わざるを得なくなってしまいます。これでどういった不利益が生じるのかというと、iアプリが使えなくなってしまうこと。実は、未だにフィーチャーフォンは往年の名作ゲームをプレイするにはもってこいのゲーミングデバイスなんですよ。

そこで、サブ回線でオンライン手続きを使った実験をしてみました。申し込みを確定しようとしたところで取り消す行程で、現行プランのままでspモード⇔iモードへの切り替えが可能なのか確認を取ってみました。すると…なんと、出来るじゃないですか! これはしっかりとドコモショップに行って説明した上で裏をとることができました。

しかも、基本料金とデータプランによって月々サポートの可否を判断しているようで、spモードからiモードに切り替えても維持されることがわかりました。一方、spモードとiモードは排他契約になるので、相反するサービスは全て自動解約になります。たとえば、「d○○」はspモード廃止で全て解約になります。

現在、筆者はドコモメイン端末で有料コンテンツとして読売新聞と「★ぷよぷよ!セガ」の2番組を購読しています。この2番組とも、spモードへの一本化を行えば解約されることなく引き続きスマートフォン版が購読できることがわかりました。その逆はわからないですが。

セガのほうはぷよぷよフィーバーなどがプレイできる一方、魔導物語1-2-3(ゲームギア版の移植、3作分けて配信)がプレイできなくなるなど弊害もあるようです。ファンタシースターシリーズも、まだアルゴル四部作の3作目(時の継承者)と4作目(千年紀の終りに)がスマホアプリになってないしなあ。

さて、ここでどういうことを企んでいたのかがお分かりいただけたと思います。そうです、iモードとspモードを任意のタイミングで切り替えて、なんとかガラケー時代に運用していたコンテンツを温存できないかと模索していたのです。なんだ、新たにドコモ回線を設ける必要はないぢゃん、と。

いよいよ、「初めてのスマホ」の記念すべき第1回として、F-02DからF-04Eへデータを移行するための手順を紹介したいと思います。実はヤマダ電機のモバイル会員証をF-02Dに紐付けしているので、これを如何にしてF-04Eに移すかが関門になりそうです。

※参考までに、料金の皮算用をまとめてみました。

[料金シミュレーション]

先にも申したとおり、ドコモのメイン回線は現在、以下のプランで構成されています。
※加入済みのオプションパックや有料コンテンツは考慮していません。

基本料: タイプXiにねん[税別743円、税込802円/月]
データ: Xiパケ・ホーダイフラット[税別5,700円、税込6,156円/月]
ISP契約: 旧spモード[税別300円、税込324円/月]
端末代: F-04E[3,132円/月]
月々サポート: -2,808円/月

[合計: 7,606円]

Xperia Z1 SO-01Fは現金価格が税別84,800円、税込91,584円になっていました。これを24回払いにした場合、月々3,816円で償却していくことになります。月々サポートは税別1,800円、税込1,944円です。

もし、プランを変更しないままZ1に機変した場合はというと…こんな感じです。

基本料802円
データ定額6,156円
ISP契約324円
端末代3,132円+3,816円=6,948円
月々サポート: 0円
[合計: 14,230円]

ここで新プランに変えるとします。すると、カケ・ホーダイプラン(スマホ/タブ)へ切り替えとなるので、月額基本料金は税別2,700円、税込2,916円となります。

新プランでデータパックMプランに切り替えることを想定して計算してみましょう。データMは月々5GBまで税別5,000円、税込5,400円で使えるプランです。この組み合わせでは月々サポート適用対象となります。

基本料2,916円
データ定額5,400円
ISP契約324円
端末代3,132円+3,816円
=6,948円
月々サポート: -1,944円
[合計: 13,644円]


…うーん、微妙すぎますね。

新プランで機変したほうがわずかながら安いですw 月々サポートは通信料金からの値引なので(ここ重要)、通信料金の差異を見比べてみたいと思います。

現状の契約形態: 通信料4,474円+端末代3,132円+各種オプション
旧プランで機変: 通信料7,282円+端末代6,948円+各種オプション
新プランで機変: 通信料6,696円+端末代6,948円+各種オプション


うーむ…実質600円強しか違わないことになります。逆に、カケホの高さが月々サポートで緩和されている、といえなくもないです。

この差を大目に見ればいいのか、それともこの差に目くじらを立てるべきか。だんだん悩ましくなってしまいました。

« 金券は厳禁でした | トップページ | ノーフューチャーと化したフィーチャーフォン »

NTT/ドコモ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>>マグマ大佐殿
それがですね…皮算用してみると、新旧プランで数百円ほどの差と変わりなかったです。
これは追記してありますので是非目を通してみてください。

うーん、「不健全な状態のまま」機変すべきなのかなw

月サポのせいで新プランでしたか。

現行プランのまま機種変すればi/SP併用のままで良いはずって思ってました。

新プランは今のままイケないんですか。
SPしか選べないのか。

ちなみにオンラインは最後まで行かなきゃ、確認したい画面でブチってやっちゃって大丈夫です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/58110553

この記事へのトラックバック一覧です: 健全と不健全の狭間で:

« 金券は厳禁でした | トップページ | ノーフューチャーと化したフィーチャーフォン »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ