« [お知らせ]スマートフォンからのコメントについてなど | トップページ | 3-2=1 »

2014年11月11日 (火)

飯田橋の陣、いざ開戦!

今年、2014年は大坂の陣開戦からちょうど400年だったんですね…。江戸幕府主導で開戦し、豊臣家の断絶大坂城の陥落などの犠牲を払いながらも江戸幕府に安泰をもたらした、戦国時代の終焉を象徴する出来事でした。400年前の1614年(慶長19年)11月はちょうど、江戸幕府が大坂冬の陣の開戦準備をしていたところです。そう…戦いの火蓋が切られる寸前です。

時は巡り2014年。東京都千代田区飯田橋に本社を構えるKDDI株式会社はかねてからの懸案に着手すべく、大鉈を振るうことになりました。筆者はこれを飯田橋の陣と呼ぶことにしたいと思います。その前に、KDDIの戦略について解説します。

■WiMAXの帯域をWiMAX2+に転用
-WiMAXは40Mbpsから13.3Mbpsへ低速化-

要するに、WiMAXはもうすぐなくなりますよー、ということです。代わりにWiMAX2+使ってねー、ということでもあります。
KDDI株式会社が主に出資しているBWA事業者、UQコミュニケーションズ株式会社が提供しているWiMAXは今なお根強いユーザーが存在しています。これを活用することでスマートフォンでもWiMAXを利用できるようにしたサービスが+WiMAXであり、月額540円を基本料金に上乗せするだけで対応機種に限り、下り最速40Mbpsの高速通信や通常3G通信では不可能なテザリングがが可能でした。WiMAX、+WiMAXともに根強いユーザーを抱えていたのはLTEに付き物の帯域制限と無縁だったことが要因でした。

※帯域制限がかからないのはWiMAX通信に限ります。CDMA2000で月5GB以上通信すると月末まで通信制限がかかります。いったんかかると解除できなくなってしまいました。

この頃、ISW16SHでWiMAXを使ってスピード測定を行ってみてもあんまり速度が出なくなってしまいました。本体側にも問題があると思われますが、実は水面下でWiMAX2+の帯域確保を行っていたようで、その煽りで低速化しているようでした。

現在、WiMAXは13.3Mbpsで通信する10MHzの帯域を3つ束ねることで下り最速40Mbpsのスループットを実現しています。UQではその内の20MHzをWiMAX2+に流用して端末内でCA(キャリアアグリゲーション)を行うことで、将来的にWiMAX2+対応機種で下り最速220Mbpsの通信を実現させよう、というものです。

その代わり、WiMAXはサービスが提供され続けますが、このように下り最速13.3Mbpsまで低速化してしまいます。そのため、UQ側では無料端末取替えキャンペーンを行うとし、対象のルーターをお持ちの方を中心にNAD11かHWD15へ交換となります。このまま粘っていても問題はないですが、WiMAXの優位点は前述のとおり帯域制限がないことぐらいに、+WiMAXスマートフォンを持ち続けていても通常の3Gスマホとの違いはテザリングができることぐらいになってしまいますかねえ…。

■VoLTEサービスの開始
-オールLTEでCDMA2000の柵から脱出へ-

これは後ほど詳細を述べますが、KDDI株式会社においてVoLTE(Voice over LTE)の商用サービスを2014年12月から開始することが発表されました。気になる対応機種は…以下の2機種です。

LG isai VL LGL31
URBANO V01 KYV31


isai VLはLG G3がベースになったisai FL LGL24の、URBANO V01はURBANO L03 KYY23のマイナーチェンジ機になります。isai VLはFLよりもRAM容量がアップして3GBになっており、バージョンアップが当面見送りにされてしまったLG G Flex LGL23同様、多くのisai FLユーザーが血の涙を流す結果になってしまいました。URBANOシリーズのほうは客層的にそんなに目くじらを立てるようなことにはならないかと思います。

UMTS系キャリアとauのVoLTE対応端末で根本的に異なる点は3G網をどう扱うかにあります。UMTS系キャリア、つまりNTTドコモやソフトバンクモバイルはLTE圏外やLTE通信が不安定な個所ではUMTS網へフォールバックさせることでデータ通信や音声通話を継続できるようになっています。しかし、auはオールLTEを謳っており、LTE圏外になってしまうとたとえそこがCDMA2000圏内であってもそのまま通信を切断してしまうのです。これは端末上の仕様によるもので、CDMA2000への対応そのものを割愛してしまっています。

そのため、VoLTE対応端末に変更するには専用のnanoSIMカードへの交換が不可避でなので、事実上後戻りできません。また、オールLTEである以上、LTE圏外では通話はおろか通信も一切できません。そのため、au回線をVoLTE対応にするにはかなりの覚悟が要ることがわかりました。

既存のLTE端末ですが、当面は対応しないとのことです。ハードウェア的に対応できるはずだった夏モデルは言うに及ばず、Xperia Z3 SOL26GALAXY Note Edge SCL24などの先行発表済みの機種もタイミングの問題で対応できなかったそうです。うーむ、Xperia Z3「も」欲しいのですが、これがVoLTE対応になってSOV31として出ることか、はたまたSOV31として出ると噂になっている次期Xperiaに期待するしかないですね…。というのも、今の筆者の所有欲を満たすスマートフォンがXperiaシリーズぐらいしかなくなってしまいましたからねえ…。

一方、iPhone 6ファミリーがVoLTEに対応できるかどうかは不透明です。キャリアアップデートにて対応することになると思われますが、どうもSIMの交換で対応できそうな気がします。いずれにせよ、ハードウェアレベルでVoLTEに対応できる端末は仮に対応することになったとしたら当局の再認証が必要なので、かなり時間がかかること請け合いなのは確かですね。

■その他
以上のようなことからKDDI株式会社は将来、政策的にCDMA2000を全廃したいのではないかと思われます。しかし、その一方でフィーチャーフォンにおいては京セラ株式会社が納入するMARVERA2 KYY09が新機種として発表されていますが、根強いガラケー需要対策という印象がぬぐえませんでした。もはや、auでガラケーを持ち続けるメリットが皆無になってしまったと思うんですがねえ…。もし、VoLTE対応の音声専用端末だったら見方が変わっていただろうに…。

なぜなら、電話とメール派ならなんとか実用に堪えますが、従来の全部入りケータイのようにアプリも、着うたフルも…と使い倒したいユーザーにとってはとことん肩身狭い思いをせざるを得ないことになっているからです。この頃、ガラケー市場から引き揚げるコンテンツプロバイダーが徐々に増え始めているのも一因です。もはや、スマホシフトのあおりを受けているのはガラケーユーザー以上にガラケーコンテンツと言っても過言ではありません。新作発表はスマホ側に集中しており、ガラケーコンテンツはアーカイブのようになっているのが現状です。

MARVERA2はMARVERA KYY08のマイナーチェンジ版で、2014年発売の端末なのに今更QSD8650搭載と、十分枯れまくっています。せめてMSM8655に、可能ならばSnapdragon 200/400系にしてもらいたかったのですが、どうもKCP 3.xそのものがQSD8650専用設計らしく、それ以降のSnapdragonに対応させようとすると一からソフトウェアを作り直さなければならなくなるそうです。どこぞの柔軟性に欠けるプラットフォームを彷彿させます。今のKDDIにはそこまでする余力はもはやないといってよいでしょう。ただ、KCP 3.xが包含しているBREW MPをどのように今後発展させようとしているかがカギを握ると思います。

ということで、筆者は2015年上半期までauメイン回線の処遇について慎重に考えたいと思ってます。当面の間はISW16SHとISW13Fで乗り切りたいです。大坂の陣の史実通りにいけば、間違いなく筆者は年を越したあたりから堀の埋め立てなどで丸裸にされ、飯田橋の軍勢に追い詰められているだろうと思いますし。それとガラケー時代のコンテンツ契約も見直さなければならないですね…。

« [お知らせ]スマートフォンからのコメントについてなど | トップページ | 3-2=1 »

KDDI/au」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>>マグマ大佐殿
おお、そうだったのですか。薄さをとるか、電池持ちや機能をとるかで悩むところですね。

薄いほうを作っているメーカーはいつの間にやら再編にあって、なんと日通工だった由緒正しきメーカーから発売されてるようです。

仕事で使うデータ通信端末(WiMAX)が調子悪くなってきたのでLTEに交換申請中。

遅くなる前に丁度良かった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/57889425

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田橋の陣、いざ開戦!:

« [お知らせ]スマートフォンからのコメントについてなど | トップページ | 3-2=1 »

Other Accounts

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ