« 古き悪しき時代ゆえの宿命 | トップページ | [お知らせ]スマートフォンからのコメントについてなど »

2014年10月 5日 (日)

コロンブスのカード

果たしてこれが、iPhoneユーザーにとって救いになるでしょうか? 株式会社NTTドコモは2014年10月3日、iPhoneでもおサイフケータイを使えるようにする周辺機器、おサイフケータイジャケット01を開発したと発表しました。製造元はパナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社で、10月下旬から発売予定となっています。同時に、これを装着できるiPhone用ケース(株式会社バッファロー製)も発売が予定されています。予価は本体が5,000円前後、ケースが1,000円前後とのことです。

対応機種はiOS 7.1以降にアップデートしたiPhoneやiPadとのことで、ドコモではiPhone 6/6 Plus、iPhone 5s/5c、iPad Air/mini Retinaモデルを主たる対応機種として挙げています。他社発売のiPhoneにも対応可能としており、条件を満たすとiPhone 4S/5やiPad Retinaモデル、iPad miniでも対応できるようです。

対応機種とはBluetooth 4.0で対応した、FitbitなどでおなじみのBLE(Bluetooth Low Energyテクノロジー)により同期することができます。それには、iPhoneやiPad側に専用アプリ「おサイフリンク」をインストールする必要があります。このアプリから対応サービスの追加、変更や残高確認が行えます。

実態としてはモバイルFeliCaチップを搭載したものです。SuicaやEdyなどプラスチックカード型のFeliCaが決済時にアンテナから給電して動作するのに対し、こちらは製品の性質上、絶えず電源供給を受けていなければ動作できないシステムになっています。そのため充電して使うことになりますが、1回の充電で2~3ヶ月は使えるそうです。充電はmicroUSBコネクター経由ですが、Lightningケーブルしかない方でも充電用ケーブルが付属するので安心です(その際はiPhoneやiPadに付属のACアダプターを使い回せる)。

ドコモでは専用ケースに格納してiPhoneと一体化させた上で使用することを勧めていますが、必ずしもそうする必要もなくジャケットだけ取り出して使うこともできます。寸法がだれとでも定額パスとほとんど同じなので、サードパーティーから出ているこれのケースをはめて使ったほうが取り回しに困ることはないでしょう。

現在、対応する予定のあるサービスは以下の通りです。

[発売時から対応]
ANA SKiPサービス
ヨドバシカメラゴールドポイントサービス

[2014年内に対応]
iD/DCMX

[2015年3月まで対応]
QUICPay

[時期は未定だが対応予定あり]
楽天Edy
ローソンモバイルPonta


うーん、利用者が多いとされている流通系サービスのnanacoWAON、交通系サービスのSuicaPASMOなどに対応していないのは痛いですね。ドコモや開発元では現時点では未定としておきながら、対応する意向を示しているようです。

利点はおサイフケータイのサービス残高をジャケット側で管理しているため、機変してもアプリの再インストールとBluetoothペアリングだけでそのまま使えるようになることにあります。しかし、筆者はこのジャケットが日本のスマホユーザーが使おうとしない2つの要素をはらんでいることを心配に思っています。それは皮肉なことにBluetoothFeliCaです。

まず、Bluetoothは4.0へバージョンアップしてからBLEで電力消費が減ったにもかかわらず、相変わらず省エネのために無効化されてしまうことが多いです。iPhoneは元々、同時期に発売のスマートフォンの中ではバッテリー容量が少なめなので省エネのために習慣化されてしまっているようです。さらに、ヘッドホンもアクセサリーの1つとしてiPhoneユーザーの大半はBluetoothを用いたワイヤレスオーディオを使おうとせず、旧態依然たるヘッドホンを本体につないで音楽を聴くユーザーが多数派を占めています。

意外かもしれないですが、FeliCaは他の決済手段と比べると日本での地位が低く見られています。相変わらず店頭での支払いは現金かクレジットカードがゆるぎない地位を保っていますし、ネットではセキュリティの観点からプリペイドカードが幅を利かせています。相変わらずSuicaやPASMOなど、交通系サービスでは不変の地位を得てはいますけれどねえ。

それに、iPhoneはいったん魅力を知ってしまうとおサイフケータイなど日本独自機能が使えないことが霞んでしまうほどイノベーティブな端末なので、iPhoneユーザーの多くがおサイフケータイを見限って使わなくなっていることも考えられます。実際、最もiPhoneが売れているソフトバンクモバイルではおサイフケータイへの対応に消極的になっています。フィーチャーフォンをiPhoneとセットで使うことを想定して安売りのためにコストダウンを強いており、同社ではおサイフケータイに対応しないフィーチャーフォンが増えてきています。実際、現在発売されているソフトバンクのフィーチャーフォンでおサイフケータイ対応なのはSoftBank 109SHやそれのリニューアル版のSoftBank 301SHのみです。


■執念と技術革新が生んだコロンブスの卵的発想
さて、これの原型と思われるものがあります。それがFeliCaカードと呼ばれるものです。ソニー株式会社が株式会社NTTドコモ、東日本旅客鉃道株式会社(JR東日本)の協力を仰いで分社化させた、FeliCaのライセンシー事業を行っているフェリカネットワークス株式会社がおサイフケータイ10周年を迎えた2014年夏に開催したイベントで展示したものです。

Felica_card

[利用する際は本体をなぞってロック解除、その場で残高を確認できる]

これはFeliCaを内蔵していないスマートフォン、特にiPhoneで利用されることを想定したもので、クレジットカード型、スマートフォンに専用アプリをインストールしてBluetoothでペアリングして使う、専用アプリでサービスの追加を行えるなど、おサイフケータイジャケット01に極めて近い仕様となっていました。この試作品の時点では普通のクレジットカードの倍ぐらいの厚さと、非常に薄いものだったそうです。

Felica_card_iphone_5c

[iPhone 5cと。サービスの追加、同期は端末側で]

ご覧の通り、BluetoothでiPhoneなどと接続し、専用アプリをインストールしたスマートフォン側で使いたいサービスを追加、管理、同期できるようになっています。想定されていた予価は5,000円以下でした。

Felica_sim

極めつけはFeliCaそのものをSIMカードと一体化させてしまったもの。実際に香港で約5万枚の発行実績があるそうです。香港の交通機関は料金体系が複雑すぎて運賃を支払ううえでそれが支障になっていたため、それを解決するため1997年にオクトパス(八達通)が導入され、そのプラットフォームとして世界で初めてFeliCaが採用された経緯があります。このFeliCa内蔵SIMは2014年春に始まった、スマートフォンでオクトパスを利用する商用サービスのために導入されたものです。

他にも、microSDカードにFeliCaを内蔵するソリューションやリストバンド型FeliCaデバイスなどが先の展示会で紹介されていました。

さて、おサイフケータイジャケットですが世間に受け入れられるかどうかは未知数です。筆者は先にも述べたとおり、交通系や流通系サービスで対応した時が買いだと思っています。おサイフケータイ機能を内蔵しないAndroidスマートフォンおよびタブレットでも対応してくれるとより一層評価できるのですけれどねえ…。

■参考
[株式会社NTTドコモより]
「おサイフケータイ ジャケット01」を開発

ドコモオンラインショップによる商品紹介
※発売日が決定した地点で予約が、発売した地点で購入が可能になります。

[パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社より]
おサイフケータイジャケット01の商品概要

[株式会社インプレスより]
※すべてケータイWatchから。

ドコモ、iPhoneで使える「おサイフケータイ ジャケット」10月下旬発売

価格は数千円前半目指す、iPhone連携できる「FeliCaカード」とは
~フェリカネットワークス眞鍋社長は多様な形態を提案~

未来のFeliCaはiPhoneと連携可能に、ソニーとフェリカネットワークス

« 古き悪しき時代ゆえの宿命 | トップページ | [お知らせ]スマートフォンからのコメントについてなど »

NTT/ドコモ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

※このコメントはテストです。

>>パナ好きっこさん
ポータブルSIMというやつですね。これも同じ原理でつながるようですよ。

ただ…BLEなので思ったほど速度は出ないと思います。

薄型のモバイルバッテリーの形を した
ドコモSIMカード内蔵で それ1つあれば
スマホ本体に SIMカード挿さなくても
通話 データ通信出来るという者です(≧∇≦)

>>パナ好きっこさん

これ、必ずしもケースに入れて使わなければならないわけではない、って書いてたはずですよ。でも、それ単体を出されちゃったら店員さんは戸惑っちゃうだろうなあとw

欲しいとおっしゃってるのはSIMカードにFeliCaを搭載したものでしょうか? それともジャケットにSIMが付いてるものでしょうか? 後者は某社なら出してそうですねw 個人的にはすごく嫌な感じですけど。

iPhone6のブックカバータイプのiPhoneカバーには Suicaカードとか iDカードとかが 入れられるポケットが あるから
ドコモから 発売される おサイフ機能が
付いたハードケースは いらないですねぇ(;´Д`A

SiMカード機能が付いたの まだ 販売は
まだかなぁ(;´Д`A

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/57578388

この記事へのトラックバック一覧です: コロンブスのカード:

« 古き悪しき時代ゆえの宿命 | トップページ | [お知らせ]スマートフォンからのコメントについてなど »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ