« 補償で補償しきれなかったもの | トップページ | バージョンアップはきっとカット? »

2014年6月26日 (木)

VoLTEでボるって魂胆だ

株式会社NTTドコモが2014年6月24日付で正式にVoLTE(Voice over LTE)の商用サービスを開始しました。それに合わせるように、GALAXY S5 SC-04F同日提供の機能バージョンアップによりVoLTEに対応しました。一部機種を除く2014年夏モデルでVoLTEへの対応ができるようになるので、順次配信される機能バージョンアップに期待しましょう。

現在発売されているAndroid 4.4機はその多くがKOT49Hのビルドで知られるAndroid 4.4.2のままです。全機種がこのまま順当にKTU84Pのビルドで知られる、Android 4.4の集大成といわれるAndroid 4.4.4へマイナーアップデートできることを祈りたいと思います。

このところ、VoLTE時代を見据えた音声定額プランと効率よくデータを扱えるデータ通信量シェアが携帯業界のトレンドになりつつあります。早速、株式会社NTTドコモは2014年6月1日から新プラン「カケ・ホーダイ(カケホ)」の運用を開始しました。新プランへ切替済みの回線が全体の5%以上に達するなど、非常に幸先のいいスタートになりました。これに追従するようにソフトバンクモバイル株式会社もやっと「スマ放題(通話し放題プラン)」としてなんとか音声定額プランの策定を図ることができました。ここで残ったのがKDDI株式会社です。後出しじゃんけんでさぞかし他社へ打撃を与えることになるだろう…と予想していましたが…。

auでは2014年6月25日にカケホとデジラと称した新プランを発表しました。2014年8月13日に提供を開始します。なお、カケホは「電話カケ放題プラン」を、デジラは「ータイフ」を意味します。基本料金はドコモとほぼ同じですので、ここではドコモとの違いについてのみ解説したいと思います。いい感じでドコモの新プランと差別化できていると思いますがいかがでしょうか。

■利用スタイルに応じてデータプランを変えられる!
そうです、auの新料金プランの最大の特徴は音声プランとデータプランの関係が逆転したことにあります。従来は従量制の音声プラン+定額制のデータプランでしたが、auの新プランは反対に音声を定額制にしてデータプランを容量別に用意するスタイルとなっています。LTEにより生じたモバイル通信のパラダイムシフトに対応する形となっています。

なお、LTE回線の通話定額プラン(電話カケ放題プラン)税別2,700円で、それと以下のデータプランとの組み合わせになります。
※各プランの価格はすべて税別になります。

データ定額2:  3,500円/2GB
データ定額3:  4,200円/3GB
データ定額5:  5,000円/5GB
データ定額8:  6,800円/8GB
データ定額10: 8,000円/10GB
データ定額13: 9,800円/13GB


ギガバイトあたりの単価はデータ定額2で1,750円と割高ですが、データ定額8でその半額以下の850円となるので大容量プランほど得をするようになっています。また、定額プランを数段階用意したことで、最初は定額5で使っていたがあんまり使わなかったので定額2にして、使いすぎて帯域を絞られたなら定額5へ戻す…などプランを変えながらお得に運用することができるようになっています。

普通は定額5で十分ですが、ライトユーザーには定額2を、そこそこ使うなら定額8で、屋内外でノートパソコンと一緒に固定代替として積極的に運用したいならば定額13…という風にライフスタイルや利用スタイルに応じて柔軟にプランを選べるのがうまみですね。

auの定額プランは月に1度しか変更できませんので、変更する際はその翌月はどのようにして使うか慎重に検討を重ねるべきでしょう。

■3Gスマホもケータイプランで使える
iPhone 4Sをまだまだ使い続けたい+WiMAXもまだ捨てたもんじゃないなどなど、少数派にとどまっていますが3Gスマートフォンをまだまだ使い続けたいauユーザーもいらっしゃると思います。本来、auのロードマップとしてはCDMA2000網はフェードアウトしながらVoLTEへの移行が軌道に乗った地点でサービス打ち切りになるようですが、このCDMA2000網を使う通信に関してはケータイプランとしてひとくくりにされています。

ケータイプランは基本料金が2,200円になり、それぞれ以下のようになります。すべて税別価格です。いずれも、月額300円のAPNであるIS NETまたはEZ WINコースとの組み合わせになります。

・iPhone 4S、+WiMAX機を含んだ3Gスマートフォン
音声定額料2,200円+データ定額料5,900円+IS NET/EZweb

・データ定額プラン付きケータイプラン
音声定額料2,200円+データ定額料3,500円+EZweb

・ケータイプラン単体(EZweb付きの場合はデータ従量制)
音声定額料2,200円(+EZweb)


フィーチャーフォンであれば、加入プランにもよりますがおおむね維持費を安くして運用することができます。一方、スマートフォンではプランZやISフラットと比べた場合だと少々割高になってしまいます。これらの批判をかわすためか、既存プランは存続が決まっています。

しかし、とっくにLTEスマートフォンへ主軸を移していることと、KCP3.xが特にデバイス面で枯れたプラットフォームになってしまったため、auに従来のような全部入りフィーチャーフォンを出そうとする機運はないと思ってよいです。そのため、本当に既存ユーザーか「電話機」としてフィーチャーフォンや3Gスマートフォンを契約しているユーザー向けのプランという色彩が濃いものですね。

■家族そろったプラン移行は時期尚早
auのデータ通信量シェアはデータシェア及びデータギフトとして用意されますが、これが利用できるようになるのは2014年12月以降です。データシェアはタブレット向けに先行して提供されているデータ定額料割引キャンペーンですが、データギフトは家族の代表回線と子回線同士でデータ通信量を0.5GB(約512MB)単位で分配できる、というものです。これができるようになるまで、auでは様々な動きが生じますのでauを契約している一家はそれまで現状維持することをお勧めします。

■0.5GB(512MB)単位で高速通信を取り戻せる!
LTEのデータ定額プランでは定められた通信量を超過すると遅い遅い128kbpsでの通信になってしまいます。これを元に戻せるのがデータチャージ。もちろん、追加したデータ量を超過してしまうと再び低速に戻りますが、チャージ有効期限が62日間なので余った場合は翌月へ繰り越すことができます。

0.5GB (512MB): 550円
1GB (1,024MB): 1,000円


■キャンペーン充実! いち早く体験してみよう

なお、auでは新料金プランへいち早く切り替えた方を対象としたキャンペーンが目白押しです。その充実ぶりは本家ドコモ以上です。以下に列挙します。これを機に新プランへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

LTEフラットのまま音声定額プランを体験できる!
・2014年11月30日まで新プランに切り替えるとauからデータギフトが!
・iPhoneユーザーが新プランへ切り替えると13ヶ月分auから1GBのデータギフトが!
・6月に新規契約、7月31日まで新プランに切り替えるとau WALLETカードへ3,000円分入金!
・エントリーして2014年8月31日まで新プランへ切り替えると抽選で10,000名にau WALLETカードへ10,000円分入金!
・11月までデータシェアキャンペーン延長! (12月利用分よりデータシェア量が減るので注意!)

■で、結局auのVoLTEはどうなるの?
筆者は25日の発表でauのVoLTE導入ポリシーを伺いたかったのですが、残念ながらこの地点では何もありませんでした。おそらく、auはVoLTEに標準対応する次期iPhoneの発売をもって商用サービスを開始するものと見られます。

繰り返しますが家族契約の場合、今から新プランへ移行してもほとんどメリットがありません。年末商戦あたりに照準を定めるべきでしょう。

閑話休題。筆者もドコモとauのサブ回線の機種変更を検討中ですが、どちらもあっさりと候補が絞られちゃって選ぶ楽しみがありません。こんなつまらない夏は初めてです。それについては次回にでも。

■参考
(KDDI株式会社より)

auの新料金「カケホとデジラ」
音声通話定額と一人ひとりに合った選べる6つのデータ定額サービス


[別紙] auの新料金「カケホとデジラ」
音声通話定額と一人ひとりに合った選べる6つのデータ定額サービス


7月から音声定額プランを先取り体験!
auの新料金「カケホとデジラ」提供開始に伴うキャンペーンについて

« 補償で補償しきれなかったもの | トップページ | バージョンアップはきっとカット? »

KDDI/au」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

>>パナ好きっこさん
auショップで確かめたところ、LTEの現行プランも当面は残るそうです。ドコモやSBと違ってしばらくの間は後戻りできそうです。

どうしても安くしたいとなれば「固定代替」と称したルーターの申し込みでスマートバリュー適用が前提になりますね。どうしてこうなるんだ、って思うんですが。

auの音声定額プラン スマホを 複数台持ちの
人は 契約しにくいですね;^_^A

スマホもEZweb携帯も 最低のデータプランの
3500円が 必須だから( ;´Д`)

スマホで データ契約出来ないし EZweb携帯は 音声定額プランだけの契約出来ないからなぁ( ;´Д`)


au ガッカリしました…>_<…


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/56610646

この記事へのトラックバック一覧です: VoLTEでボるって魂胆だ:

« 補償で補償しきれなかったもの | トップページ | バージョンアップはきっとカット? »

Other Accounts

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ