« Xi 2.0 | トップページ | BE A SUPERPHONE »

2014年4月24日 (木)

アク多す

シャープ株式会社は2014年4月24日のプレスリリースにてソフトバンクモバイル株式会社へ納入するスマートフォンの新機種、AQUOS Xx SoftBank 304SHの開発を発表しました。2014年5月1日に予約受付を開始し、5月下旬以降に発売されます。予約して6月8日まで購入しますと、Google Playのコンテンツが5,000円分購入できるプロモーションコードがもれなくもらえるキャンペーンもあります。

Sbm304sh

2013年冬モデルとして発売されたAQUOS PHONE Xx SoftBank 302SHのマイナーチェンジ版で、本体側面をアルミ製のメタルフレームとしたものです。また、工場出荷時にKitKatことAndroid 4.4を採用したメーカー製スマートフォンとしては日本で初めての発表となります。チップセットはクアルコムのLTEモデム統合型クアッドコアチップ、Snapdragon 801 MSM8974ABへ変更されています。302SHへ搭載されたSnapdragon 800 MSM8974と比べて少しだけクロックアップ耐性に強いチップとのことです(※)。それ以外の主なスペックはRAMが2GB、ROMが32GB(ユーザーエリアは約25GB)で、302SHとほぼ変わりありません。強いて言えば、ディスプレイが待望のIGZO液晶となったことです。302SHでは極小ベゼルのEDGEST技術が煮詰まっていなかったのか、S-CG Silicon液晶搭載でした。

Sbm304sh2

こうしてみますと、304SHはインパクトに欠ける機種と言えます。特に致命傷なのはRAMとバッテリー容量の少なさ。3GBのRAMと3,000mAh以上のバッテリーを積んだ機種がこれから発表される中で、304SHは2GBのRAMと容量2,600mAhのバッテリーとちょっと心もとないです。基本的にスマートフォンはカタログスペックよりもユーザーエクスペリエンスが評判の良さにつながるのですが、一般消費者はカタログスペックを見る傾向が強いのでもっと頑張ってほしかったです。

ここで注目すべき点はシャープのスマートフォンもAQUOSブランドとして展開されることになったこと。本来、AQUOSはシャープの映像プラットフォームのブランド名でしたが、スマートフォンでもフルセグ(地デジ)が視聴できるようになったことやファミリンク対応端末として振る舞えること、ネット動画に本体機能で対応できることから、ブランドが再定義されたのでしょう。そのため、これからは以下のようにAQUOSシリーズが展開されることになりました。

薄型テレビ本体: AQUOS
ブルーレイレコーダー: AQUOSブルーレイ
シアターシステム: AQUOSオーディオ
ドコモ向けスマートフォン: AQUOS ZETA/EX/si
au向けスマートフォン: AQUOS SERIE/SERIE mini
ソフトバンク向けスマートフォン: AQUOS Xx/Xx mini
タブレット: AQUOS PAD


もう1つ。これは筆者がtwitterのTLで少し前に把握していたことでしたが、ソフトバンクモバイルが2014年夏モデルの発表会開催を見送ったことが明らかになっています。故に、304SHは発売時期の関係上、便宜的に夏モデルとされるかもしれませんが、実際はその限りではない、ということのようです。おそらく、これからも新機種が出るとしたら、その都度プレスリリースに流して、全部出揃った地点でスペシャルサイトを開く方針ではないでしょうか。決して304SHだけが新機種と言い難いので、数機種が未発表のはずです。

・発表できる機種が少ない?
ドコモの新機種でも、一部を除きまともに使えないAndroidスマートフォンを乱発していた2011~12年冬春とは打って変わり、2013年は各社とも各シーズン1台に全力投球のスタンスを取っていました。そのため、NECやパナソニックが撤退した2013年秋冬モデルは品揃えに乏しい印象があります。

ソフトバンクはさらに少なく、2013年秋冬モデルとして発表された機種はスマートフォンに限ればSoftBank 302SH/303SH/301Fの3機種だけ。元々iPhoneを強力に推していただけに、ソフトバンクとしてはAndroidを積極的に売れる雰囲気ではなかったのでしょう。実際、ここ最近のソフトバンクでは売れたスマートフォンの9割がiPhone、という統計もあるほどです。集客をiPhoneに頼るあまり、ソフトバンクモバイルはAndroid陣営からいい目で見られていないようです。そのため、昔からの伝手を頼ってシャープ、富士通モバイル、京セラの3社のみが何とか納入を続けているのが現状です。

・孫社長、どうしちゃったの?
どうもきな臭いのが孫正義社長の動静です。ここ数日、表舞台から姿を消して雲隠れしているようです。さまざまな憶測が飛び交っており、いずれも過信は禁物ですが、

・買収した携帯電話キャリア、スプリント社の業績が低迷しており、テコ入れを図るために首脳陣との協議のため渡米中
・上記に加えT-Mobile US買収のため、ロビイスト活動に徹するべく北米を奔走中
・なんと、某国に狙われてしまい命の危機に繋がりかねない事態になっているため身動きが取れない

…という説が有力っぽいです。これで新機種発表会が開催できない理由は合点がいくでしょう。何らかの理由で身動きが取れないか、多忙を極めているために孫社長が登壇できないかのどちらかでしょうなあ。

さて、今回発表された304SHをはじめとして、最近発売されているスマートフォンはほとんど、バッテリー内蔵型になっています。一応、画面がフリーズしたり操作を受け付けなくなったときの対策はどの機種も用意されてはいますが、筆者はそれにいつ遭遇するかが不安で未だに電池内蔵のスマートフォンに及び腰になっています。どうしても電池が着脱できなければ不安なんだよなあ…。そこでどうするか…これは後ほど。

■参考
[ソフトバンクモバイル株式会社より]
メタルフレームに5.2インチIGZO搭載のスマートフォン
「AQUOS Xx 304SH」を開発


[シャープ株式会社より]
ソフトバンクモバイル株式会社向け
「AQUOS Xx(ダブルエックス) SoftBank 304SH」を製品化


[Impress Watchより]
ソフトバンク、2014年の夏モデル発表会は開催せず

« Xi 2.0 | トップページ | BE A SUPERPHONE »

ソフトバンク」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/55922456

この記事へのトラックバック一覧です: アク多す:

« Xi 2.0 | トップページ | BE A SUPERPHONE »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ