« VAIOHAZARD | トップページ | 挑むのやめる? »

2014年2月13日 (木)

ヘッドホン界のセンモニ

Img_0002

とうとう、世間で伝説のヘッドホンとして誉れ高いソニーのMDR-CD900STを買ってしまいました。定価18,000円(税別)でしたが、中古で4,000円程度だったのでつい…。思わぬところで筆者のヘッドホン選びの到達点といえる名機と出会ってしまったのです。発売されたのが1989年、一般販売が始まったのが1995年、そしてオリジナルたるMDR-CD900の発売は1986年ですから、いかにロングセラーなのかが伺えます。

なお、オリジナルたるMDR-CD900はその後、MDR-CD999MDR-Z900、ハイレゾ音源に対応したMDR-Z900HD、そして現在のMDR-Z1000へとつながっていきました。しかし、Z1000は定価が59,000円(税別)でCD900と比べて3倍に跳ね上がってしまったので、CD900の直系なのかといえば疑問が残ります。かなりこじつけっぽいですが、Z900HDの事実上の後継機はスマホユーザーからも高い評価を得ているMDR-1RMDR-1RMK2になるでしょうか(参照)。

Img_0004

このMDR-CD900STは1986年発売のMDR-CD900(定価25,000円)よりはその廉価機のMDR-CD700(定価20,000円)に近いといえます。ドライバーユニットをそのままに低価格化を図ったもので、折りたたみ出来ないことやストレートケーブルを採用していることなどが共通点といえます。当時のCBSソニー、現在のソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)のレコーディングスタジオにおけるモニターヘッドホンとして開発されており、その音質が業界で評判になったことで一般販売が行われるようになったという生い立ちを持っています。なお、CD900は1992年にMDR-Z900(定価25,000円)が発売されたと同時に後継機のMDR-CD999(1988年発売、定価18,000円)とともに生産が中止されてしまいました。

写真はハウジングを拡大したところ。金属製で出来がいい部類ですね。型番の下に貼られた、当時のCDプレーヤーの名機CDP-555ESDなどでお目にかかれた独自フォントの「DIGITAL」がいい味出しています。

Img_0003

業務用のため、直径6.3mmのステレオ標準ジャックのみ対応しています。筆者はオーディオを少しかじったことがありますが、一方で生活環境の変化によりミニジャック搭載機を使う局面が多くなっています。そのため、これを購入した某店で直径3.5mmのステレオミニプラグ変換アダプターも一緒に用意することが出来ました。これを装着すると…

Img_0007

こんなにゴツくなりますw キャップ防水タイプのスマートフォンへこの状態で差し込んでみましたが一応大丈夫でした。しかし…ちょっと力を入れただけでバリっていってしまいそうです…。ここは、短めの延長ケーブルなどで対応したいと思います。iPhoneやキャップレスタイプのヘッドホン端子を搭載したスマートフォンへつっこむなら大丈夫だと思いますが。

Img_0006

ちなみにこれがMDR-CD900STのプラグ。堅牢性重視でメタルボディかつ金メッキなしです。硬派ですね。

Img_0008

ざっと試聴してみました。本当に30年ほど前の設計のヘッドホンなのか? と、思わず耳を疑ってしまいます。とにかく情報量たっぷりです。約30年前の設計ながら、この音では今でも通用する性能だと思いました。これは本当に伝説のヘッドホンと呼ぶにふさわしいポテンシャルを秘めています。

テレビにつないでソチオリンピック中継の音声を聴いてみると、あたかもその場にいるかのようで臨場感にあふれているのです。テレビのスピーカーからは聞こえてこない会場の空気までも感じ取られるほどでした。一方、このヘッドホンは入力ソースを激しく選り好みするようです。出力がショボいと最大音量でも本当に貧弱な音しか出ません。つまるところ、このヘッドホンをうまく鳴らすには出力ソースに相応の駆動力が求められます。

結論。
文句無しで我が家のリファレンスヘッドホンとなりました!

今までのリファレンス、ATH-PRO6よりも高いポテンシャルを秘めていたことがわかったのが決め手でしょう。ただし、PRO6には装着感の良さと定価10,000円(税別)を超えたモニター機にふさわしい高いコストパフォーマンスなど、なかなか捨てがたい魅力があります。

MDR-CD900STは元々業務用の製品。もし壊れたり経年劣化を起こしたりしたら自己修理できるだけのスキルを持っていなければ対処できないところもあります。粗雑に扱わない限り壊れることはないと思いますが。しかしながら、かつては幻のヘッドホン扱いされたこともありましたが、ネットや口コミで評判が広まった今では入手性もだいぶ良くなっています。興味を持たれた方は是非とも入手することをお勧めしたいです。

さて、これからはMDR-CD900STが基準になってしまうので、筆者のヘッドホン選びはかなり辛口にならざるをえませんね…。いつか、筆者のヘッドホン遍歴についてもこのblogで言及してみたいと思ってます。

■参考
・株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(ヘッドホンの情報はこちら)
・HA-MX10

※株式会社JVCケンウッドが発売した、同様のコンセプトを持つヘッドホン。発表自体は日本ビクターとケンウッドが合併する前の2011年に行われた。こちらのほうがCD900STと比べるとやや入手性がよい。

« VAIOHAZARD | トップページ | 挑むのやめる? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

>>パナ好きっこさん
isaiでハイレゾ対応はお得ですねー。大本のG2でも対応していましたから。
ハイレゾ音源を楽しむにはヘッドホンも相応のものを用意したほうがいいかと。ハイレゾ対応を謳うヘッドホンまたはスタジオモニタータイプがこの手に適しているので、CBをもらったらそれを買ってみましょう。

ソフトバンクの303SHは 買いませんでした(;^_^A

auショップで isaiが MNP一括0円でしたので
isai 買いました(≧∇≦)

ハイレゾ音楽プレイヤー対応は 得したかなぁ(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/54969447

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホン界のセンモニ:

« VAIOHAZARD | トップページ | 挑むのやめる? »

Other Accounts

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ