« バージョンアアアップ | トップページ | [お知らせ] コメント投稿について »

2014年1月 7日 (火)

アアアッ、そして伝説へ…

Img_0002

[Android 2.3時代最後のF-05D]
とうとう、REGZA Phone T-01Dのバージョンアップ結果からARROWS X LTE F-05Dもバージョンアップさせてみることにしました。これで、富士通のOMAP4430搭載のARROWS三兄弟揃ってAndroid 4.0になりました。そして我が家からAndroid 2.3のデバイスはいったん姿を消しました。

やり方は前回説明した通りです。F-05Dでこちらにアクセスしてバージョンアップ用アプリをインストールした後、そのままアプリを立ち上げてWi-Fiにつないでダウンロードするか、パソコンでバージョンアップ特設サイトにアクセスしてダウンロードしたZIPファイルを解凍し、microSDカードまたは内蔵ストレージ(約4GB)のルートディレクトリーに書き出すかのどちらかでバージョンアップパッケージを取得してアプリを操作するだけです。なお、V19R28A以降のビルドでバージョンアップが可能で、一発で最新状態のV11R40Aにできます。

Img_0011

[ロック画面がF-10Dと同じに!]
Android 2.3の状態ではハードウェアスペックの指標になるQuadrantでは1,900スコア、UXの指標になるAnTuTuでは9,000~9,500前後をさまよっていましたが、Android 4.0にしたらそれぞれ2,400スコア、10,000スコア前後と当時のARROWSにしては健闘しています。Android 4.0にしたことでやっと覚醒に成功したようです。これだけのスコアなら、普段常用するには問題ないレベルでしょう。その他の印象はT-01Dのバージョンアップとほぼ同じでした。

さて、バージョンアップ後のお約束としてアプリのアップデートを行いましたが、それに伴い悪名高いspモードメールとおさらばし、代わりにドコモメールを導入しました。spモード側のメールアドレスをクラウド化したものですが、見違えるようにサクサク動きます。なお、クラウド化したとはいえ、保存しておきたいメールがあればローカル側にコピーできるのはありがたいです。

Img_0013

[Android 4.0になった3台仲良く揃って記念撮影]
こうなりますと、日本メーカー唯一のMSM8260搭載機種、MEDIAS ES N-05Dのパフォーマンスが気になりますなあ…。さすがに1.5GHzデュアルコア搭載のため店頭でトライした時はサクサク動きましたし、同じチップセット搭載のXperia acro HD SO-03DでAndroid 2.3の状態でベンチマークをとっていた際にQuadrantで3,000スコア程度を記録していたので…。そのN-05DとMEDIAS Tab N-06Dの2台を最後に、Android 2.3→4.0のバージョンアップを試みることを打ち止めにしてみたいと思います。果たして筆者が望む条件のものが見つかるだろうか…。

« バージョンアアアップ | トップページ | [お知らせ] コメント投稿について »

NTT/ドコモ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

※このコメントはテストです。
スパムと思しきコメントが投稿された形跡があったため、画像認証を取り入れました。
お手数をお掛けします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/54516959

この記事へのトラックバック一覧です: アアアッ、そして伝説へ…:

« バージョンアアアップ | トップページ | [お知らせ] コメント投稿について »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ