« たった0.1の差で大事に | トップページ | SYのApple »

2013年10月31日 (木)

49、45の次は何?

いよいよ、2013年11月1日から070で始まる携帯電話番号の払い出しが始まります。2002年の080ナンバー割り当て開始から10年ぶりに携帯に割り当てとなる市外局番が追加されることになります。

具体的には、PHS用に割り当てられていた070-5xxx-yyyy、070-6xxx-yyyy以外の番号が携帯電話向けに使用されます(xは局番、yは番号)。なお、ウィルコムではそれに先駆けてPHSであることを識別できるよう「W」のモールス符号をモチーフにした呼び出し音を鳴らすサービスを提供しています。2014年10月1日からは、さらにPHSと携帯電話同士の番ポ(MNP)も可能になります。

最近、「だれとでも定額(だれ定)」を武器にデータ通信から音声通話に回帰し、一時の低迷から脱したウィルコムはこれを機にPHSの契約を加速させたいという思惑を抱いています。このだれ定は十分に枯れた通信方式だからこそ実現できた料金プランです。来年から始まる番ポでは、番号を変えずにPHSを使えるようになることでさらなるユーザーの増加を期待している節もありますが、一方でPHSとして使っていた番号で一気に携帯電話へ流れてしまう危険もはらんでおり、どのようにして顧客維持に努めていくかが課題になります。

2013年9月末現在、TCAの統計では携帯電話・PHSを合わせた契約数はおよそ1億4,000万契約。そのうち、実質的なユーザー数は全契約数の6割ほどにあたるおよそ8,500万人ではないでしょうか。コミュニケーションがままならないか発達途上の乳幼児や幼稚園児にとっては豚に真珠ですし、高齢者世代は未だに固定電話へのこだわりが強く、自ら積極的に持とうとする人のほうが少数派だったりするからです。今ではもう090で開通してもらうことはかなり難しくなっており、新規のほとんどは080になっています。その080も枯渇しかけています。

解約→新規で機変している契約者が多いこと
・データ通信回線や通信モジュール専用回線にも電話番号が割り当てられていること
・スマートフォンやタブレットの兼ね合いから2台持ち利用が定着していること
・副商材として抱き合わせ契約させることで一括0円にする商法が定着してしまったこと
・一度使った番号は解約されると使いまわしできないこと

…などがあり、番号の枯渇を招いています。電話番号は貴重な資源でもありますので、一度開通したらやむをえないことが生じない限り、長く使い続けることをお勧めしたいのですが…。

■参考
※あなたの番号の本来の割り当てが分かります。
キャリアの番検

« たった0.1の差で大事に | トップページ | SYのApple »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

>>姫さん
blogではかなりご無沙汰しております。

なるほど、電話番号は使い捨てではなかったんですね。
実は、私の番号(ドコモメイン)に見知らぬカーディーラーからの不在着信がごくまれにかかってくることがあって、やはりそういうことなのかな…と。

電話番号は解約後、一定期間をおいて、再利用されますよ
使い捨てではないのです
(車のナンバープレートは使い捨てですが…)

再利用されるとは言っても頻繁に解約されると
再利用待ちとなる番号が増えていくので
やっぱり枯渇してしまうのです…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/53785914

この記事へのトラックバック一覧です: 49、45の次は何?:

« たった0.1の差で大事に | トップページ | SYのApple »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ