« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

ドコモの旧ツートップ、完全に陥落…

また国内メーカーのスマートフォン撤退報道がなされました。今度はパナソニックがコンシューマー向けスマートフォン事業から撤退することになりました。これにより、コンシューマー市場へのスマートフォンの納入はP-03Eの生産中止を以て休止を図ることになりました。ただし、今後は法人用のスマートフォンに活路を見出すことになります。

P03e

[写真はP-03E]

実はこのELUGA P(P-03E)、価格.comの満足度ランキングでは1位に入っており、今年の夏モデルではSHL22と並んで5つ星のうちの4.9以上と、非常に高い評価を得ています(ちなみに、同じく撤退を発表したNECのMEDIAS X N-06Eは4.6以上)。昨年の夏からは評判も持ち直してきただけに、筆者も非常に残念だと思いました。特に、今年の新学期商戦に発表されたELUGA X(P-02E)は3~4ヶ月で店頭在庫がなくなるほど、パナソニックのスマートフォンとしては健闘した部類に入る機種でした。

パナソニックグループでは携帯電話端末の開発体制も見直されます。具体的にいえば、開発と生産販売、保守事業が別会社になります。コンシューマー市場ではコードレス電話機やファクシミリでなじみのあるパナソニック システムネットワークス(PSN)へ法人向けスマートフォン事業とコンシューマー向けフィーチャーフォンの開発事業が移管され、パナソニック モバイルコミュニケーションズ(新PMC)はコンシューマー向けフィーチャーフォンの生産、販売と今まで発売した機種の保守事業に専念することになります。つまり、新PMCは大幅に規模を縮小せざるを得なくなってしまっています。

パナソニックはNECのように、N-07Dのような商品失格レベルのスマートフォンを出してしまったわけではありません。P-07CやP-01D、P-02Dはいくら評判が悪くても、ダメ機種とどまりの評判です。どちらかと言うと、フィーチャーフォン全盛期から徐々に衰退の一途をたどっていたように思います。具体的にいえば、P905iの成功体験からの見通しの甘さが原因じゃないでしょうか…。これらも含め、スマートフォン撤退に至った原因を簡単にまとめてみます。

性能、機能的にフィーチャーフォン時代から陳腐化したため、ユーザーの期待を失った
・au向けフィーチャーフォン事業の展開経緯からクアルコムチップ納入実績を失い、Snapdragon調達に支障をきたした
・拙速でスマートフォンに参入した結果、詰めが甘いまま発売せざるを得なくなりこれまたユーザーを落胆させた
・ブランディング戦略が遅すぎて「ELUGA」のブランドを浸透させることができなかった
・初期のスマートフォンの完成度の低さからマルチキャリア展開の足掛かりを失った

やはり、パナソニックは性能的にも安定性でも一定水準にあるクアルコム製のチップの納入に支障をきたしたことで初期のスマートフォン開発に大きな支障をきたし、それがそのまま初期の端末の低評価につながっていたのでは、と思います。仮にP001以降もauにとどまることができる端末を開発できていれば、もしくはクアルコムチップ採用実績のあるメーカーと事業統合できていれば…と思うと残念ですね。

実は先に撤退を発表したNECは自力でSnapdragonを調達できなかったため、クアルコムチップ納入実績のあるカシオ日立を買収したことでスマートフォン開発の目途を立てたメーカーです。富士通が東芝の携帯電話事業を譲り受けたのも、やはりSnapdragon調達条件に有利に働くようにとの思惑がありました。また、シャープも自力でau向けフィーチャーフォンに最後発で参入し、その後もauに定着したことでSnapdragonを有利に調達できていました。

今後はフィーチャーフォンとしてP-01Fの発売が予定されていますが、FCC通過時の端末背面図を見る限り、どうもあのないない尽くしのP-01Eの焼き直しっぽい予感がするんですよね…。P-01EはAXISフォント採用だがきちんと太さを最適化できていないのでフォントのデザインがかっこ悪く見えるし(だったらUD丸ゴシックを復活させろよ、って話)、動作もサクサクではないのでハードウェア的にもソフトウェア的にも枯れまくっているのは確かです。

こんなんでフィーチャーフォンを続けるつもりなんでしょうか?

旧機種よりは機能を落としたものの、それでも一定のスペックを保っていたN-01Eを見習ってほしかったなあ…。それでもP-01Eは売れているので不思議なものです。正直、筆者はなぜ売れているか納得がいかないです。

これで日本に残ったスマートフォンメーカーはもともとグローバルメーカーだったソニーモバイルを除けばシャープ、富士通、京セラのみ。それぞれ、キャリアの後ろ盾を受けて生き残ったメーカーです。それにしても富士通はしぶといです。あれほど悪評の付きまとっていたメーカーながら、ARROWS NX(F-06E)で這い上がり、見事にかつての汚名を返上できたのが印象に残ります。この3社は是非とも撤退せずに生き残ってほしいです。

そして、パナソニックは今後、PSNにて海外市場や法人市場向けスマートフォンに、AVC社でAndroid応用製品に力を入れるようなので、そちらで技術研鑽を図りつつ国内のコンシューマー市場に帰ってくることを祈りたいと思います。

2013年9月11日 (水)

1,919日、待った。

Iphone_5sn
この日が来るのをいくら待ち侘びたでしょうか!

日本時間2013年9月11日。その日は日本の携帯史に残る1日になることでしょう。AppleがiPhone 5SとiPhone 5Cを正式発表しました。日本では2013年9月20日から全国一斉発売になります。16GB、32GB、64GBモデルが用意され、カラーも今までの黒と白に加え、ゴールドをアクセントに用いたモデルも用意されます。ただ…筆者は事前に噂されていた128GBモデルの登場を切望していましたが叶うことはありませんでしたorz 画面解像度も1,280×720pixelsにしてほしかったです。またまた1,136×640pixelsって…。

で…気になる納入キャリアですが、iPhone 3Gから納入してきたソフトバンクモバイル、iPhone 4Sから納入してきたKDDI(au)に加え、

なんと、NTTドコモへの納入が正式に決定しました!

これで、全社でiPhoneを扱えるようになりました。更に、au向けモデルでは今までAndroid向けに利用してきたBand 18にも対応することになりました。これにより、今までBand 1のみ対応で遅い遅いCDMAで耐え忍んできたauユーザーはようやく、LTEの快適さを体感できるようになります。

Iphone_5ca

また、従来のiPhone 5は生産終了するものの、引き続きiPhone 5Cとして生産が続けられます。16GBモデルと32GBモデルの2本立てで、iPhone 3GS以来となるポリカーボネイトキャビネット採用によってコストダウンを図っています。豊富なカラーリングを売りにしています。こちらもiPhone 5Sと同時発売になります。もちろん、au向けモデルはBand 18にも対応していますのでご安心を。ドコモでも発売が決まっています。

ドコモでもiPhoneを扱えるようになったことでさぞかし喜んでいるであろう方々はiPhoneのために番ポで転出したかつてのドコモ契約者。そうです、彼らはドコモの一部のスマートフォンがろくでなしの性能、完成度、安定性と万遍ないクソの塊だったこと、2012年から顕著になってきたまともに使えるローエンド機不在なことも手伝い、うんざりして一気に番ポで逃げていってしまったのです。また、手の小さな人の多い日本人女性にとって、重厚長大化したAndroidスマートフォンは一部を除きなおさら扱いにくいものになってしまいましたし。筆者は、iPhoneユーザーはiPhoneのあるキャリア同士で転出入をすると予想しているので、多くの他社ユーザーが念願のドコモのiPhoneを手にすべく、番ポを駆使するだろうと見ています。

気になる販売方法ですが、iPhone 5Cのみ予約受付可能で、iPhone 5Sはやはりというか予約なしの当日発売になります。特にiPhone 5Sは人気が集中するので、どうしても欲しい人はどこから買おうとも是非とも当日までに取扱店へ並ぶことをお勧めします。そのためには、有休を惜しまずとりましょう。お祭りムードが一段落してから手に入れるのも1つの手だと思います。もし、筆者が手に入れるとしたら後者ですかねえ…。

さて、各社の強みですが、以下のようになるでしょう。
・ソフトバンクモバイルは長年iPhoneを扱ってきた実績
・auはコンテンツの強力なバックアップとeCSFBによるネットワーク最適化
・ドコモはCat.3の性能をフルに引き出す100Mエリアの充実と安価なパケット定額制

以上の強みを生かし、各社の三つ巴の戦いをフェアに展開してくれることを望みたいと思います。気になったことがあれば、おいおいと更新していきましょうか。

※パソコンでご覧の方は下記をクリックすると新型iPhoneの詳細をご覧になれます。

続きを読む "1,919日、待った。" »

2013年9月10日 (火)

どうする? どうなる? 今年の林檎とドコモ

いよいよ、日本時間で2013年9月11日未明にAppleよりiPhoneの新機種が発表されます。6日の発表から、NTTドコモをめぐる状況が目まぐるしく変化しています。既に、株式会社NTTドコモの加藤薫代表取締役社長が渡米しているようですので、間違いなく最終交渉の段階に入っています。

さて、9日の記事で言及し忘れていたことがありました。それも踏まえながらドコモのiPhoneについて加えて言及してみようと思います。

■優遇か? それとも…
スマートフォンにおいてiPhoneが占める販売シェアはソフトバンクがおよそ9割、auはおよそ6割だったと言及しました。これは既定よりも少し割安な料金設定のパケット定額制と、毎月の料金割引を多めに設定していたことが功を奏しています。16GBモデルでは実質0円で使えてしまうことに言及したこともその通りです。

さて、NTTドコモがiPhone販売を始めるとしたら、料金プランとしてパケット定額制と月々サポートはどうなるのか。筆者はそれぞれ、以下の3つのいずれかになると予想しました。

パケット定額制
・iPhoneとそれ以外を対等に扱う
・基本は同じだが、iPhoneへ機種変更時に一定額を一定期間割り引く
・最初からiPhoneに最適化した価格の定額制プランになる


1つ目はないでしょう。何しろ、パケット定額制については月々4,935円で3GB制限のXiパケ・ホーダイライトと月々2,100~6,510円でXiパケ・ホーダイフラットと同じく7GB制限のXiパケ・ホーダイダブルの存在があるためです。その上に、この2つともiPhoneが発売されたら一定額の割引施策がなされるだろうと筆者は予想しています。

2つ目はauが、3つ目はソフトバンクが採っている施策です。筆者はどちらかといえばauのような2つ目の施策になると予想しています。それは、ドコモがmopera UとspモードのどちらのAPNでも使えるようにしようとしている、と予想しているからです。

実はドコモは水面下でなんとかiPhoneを納入できないか、策を練ってきた痕跡が見られます。それが、ドコモminiUIMカード(旧・miniFOMAカード)やドコモnanoUIMカードの発行です。これがあったことと、技適マークの電磁的表示が2010年から認められ、iPhone 4以降で導入されたことでMVNO(特に日本通信)が水面下で働きかけてSIMフリーのiPhoneやiPad向けのプランを提供できたわけです。

月々サポート(特に16GBモデル)
・なし
・Androidスマートフォンとほぼ対等にする
・実質0円になるよう調整

1つ目はまずあり得ません。今ではスーパーボーナスに追随してフィーチャーフォンにも月々サポートや毎月割が付くようになったため、どの機種にも月々サポートが必須になってきたためです。

かといって、既に納入している各社のように3つ目にすると、日本メーカーはおろか、Android勢を葬り去らなければならないジレンマに陥るのは必至です。更には高機能なAndroid端末を検討中の契約者ですら、iPhoneへ右ならえで集中してしまう危機をはらんでいます。つまり、筆者はiPhoneが売れすぎないように「スマートフォンのうちの3割を売る」ことを目標に掲げているのなら、残りの7割をAndroidに割り振るのが自然だと思い2つ目のようにするだろうと予想しています。特に富士通は自業自得な点もありながらも弱体化が著しく、どうしてもドコモが後ろ盾になって保護したいメーカーであることは自明ですし。

■デザイン、型番はどうなるの?
はっきり言いますと、他社向けと全く同じデザインになります。つまり、かつて販売していたBlackBerryと同じです。ドコモはXiスマートフォンに対し「NTT docomo Xi」ロゴを前面に表記することを半ば強制していますが、そのようなことにAppleは応じないと思います。なぜなら、量産効果が効いているiPhoneにおいて、キャリア独自ロゴを追加することはかえってコストアップにつながるためです。少数の顧客のためにこのようなことをすることはわがまま以外の何物でもありません。

また、同じくBlackBerryに倣いメーカー型番を付与することもなく、ドコモの物品コードを付与することぐらいになります。ただし、「AAPxxxxx」だとパナソニック製品の物品コードになってしまうので、Appleにふさわしい物品コードを付けてこなければならなくなります。なお、オプション品に関してはドコモショップでも取り扱いが始まるものと思っています。

■全国で発売されるの?
結論から申しますと、全国一斉発売になります。ただし、しばらくの間、取り扱えるドコモショップは一部店舗に絞られることになると思います。全てのドコモショップで扱えるようになるのはやはり、年末ギリギリになりそうですね。一方、家電量販店は元締めの代理店にもよりますが、条件のいいチェーン店だと9月20日発売に向けて予約受付できるようになります。ぜひ、自分の足でいちばん恵まれた店舗を探してみましょう。

■iPadもドコモから発売されるの?
間違いなく新型iPadもドコモで発売されることになりそうです。ただし、Wi-Fiモデルとセルラーモデルがありますが、セルラーモデルの発売はトップ交渉次第、とだけ申しておきましょう。RetinaディスプレイモデルとiPad miniの両方を発売できると予想しています。こちらも全国発売にはなりますが、徐々に販売店舗を広げて年末ギリギリに入手性が良くなる…という具合でしょうか。

これは余談になりますが、筆者がauショップでSOL22への機変手続きをした際、現行型iPadで料金シミュレーションを行っていました。一方、ドコモでSO-04Eへの機変手続きをした際の料金シミュレーションはキングジム発売のブギーボードを使っていました。なんで備品のF-05Eを使わなかったのか、疑問に思ったところですが。

さて、先に申した通り新型iPhoneは日本時間の2013年9月11日未明に発表されます。果報は寝て待てと言う通り、朝の情報番組で確実に扱われる話題ですのでサプライズに期待してみましょう。

2013年9月 9日 (月)

15年でモードチェンジ

Iphone5w
[写真はiPhone 5のホワイト]

ご存知の方も多いかと思われますが、NTTドコモからもiPhoneが発売される、という憶測が飛び交っています。まだ決定していない事項なのに既成事実として専門メディアはもちろん、一般メディアからも報じられています。以前から同様の報道を続けてきた日経もさぞかしドコモにiPhoneを発売してほしかったのだろうと思われます。その度に、飛ばし記事を書いてはドコモを動揺させる…の繰り返しでした。

なお、新型iPhoneは日本時間の2013年9月11日に発表され、日本国内では2013年9月20日に全国各地のApple Storeや納入予定のキャリアの携帯ショップや家電店で発売されます。関係者筋や口コミによれば、今年発表される新型iPhoneはiPhone 5の後継機であるiPhone 5Sと廉価版のiPhone 5Cであるといわれています。

実はiPhoneが売れまくっているのは世界的に見ても日本と北米市場だけで、アジア圏やヨーロッパ、新興国市場ではコストパフォーマンスの良さからAndroidが、発展途上国では安価なために未だS60をプラットフォームとするSymbian OSが人気です。前者の市場ではAndroidスマートフォンがクアッドコアやらフルハイビジョンディスプレイやらで最新のiPhoneを凌駕するスペックになってしまったためにコストパフォーマンスの悪さが嫌気され、後者では高価なために富裕層でなければなかなか所有できないことが嫌気されて最新機種であるiPhone 5は販売が伸び悩んでいます。そのためのテコ入れとしてApple側もNTTドコモへ歩み寄り、売れ筋不在だったドコモもAppleを頼みの綱としたために利害関係が一致した…と考えるのが自然でしょう。

なぜ、このようなことになったのでしょうか、そして仮にドコモから発売が決まったらどうなるか。筆者なりに解説してみようと思います。とにかく、9月11日の発表を楽しみにしてみましょう。その結果次第では、筆者がとある事情で3年間twitter上で自ら封印してきた「iPhone」の文字をTL上に解禁することになりそうです。

※かなりの長文になりますので、読みたい方は展開してください。スマートフォンやフィーチャーフォンから読んでいる方はそのまま続きが読めます。

続きを読む "15年でモードチェンジ" »

2013年9月 3日 (火)

坊っちゃんの湯でみっくみく

Img_0015
やった! これでツートップの一角を手にできました。

日本市場のAndroid端末としては異例のミリオンセラーを記録しているXperia A、SO-04Eをなんとか手に入れることができました。この機種はXperia ZRの日本版ですが、なんとZRの世界デビューは2013年5月17日に日本で発売されたこの機種が初めてとのことです。

筆者は第一印象からさわやかなイメージのあるミントにしました。ミクカラーということで選んだわけですが、まさか本当に初音ミクとのコラボレーションが実現するとは思ってもいませんでした。それに、手にしたのが「ミク」の語呂合わせと似ている2013年9月3日でした。

本来、Xperia ZRは本体ストレージが8GBでしたが、Xperia Aでは32GBへと大幅に増量されています。おかげで普段使う分にはSDカードいらずかもしれません。まあ、バックアップを取るにはSDカードが必須なわけですが。パーティション割りもなくなり、アプリ専用2GB+アプリ兼用内蔵ストレージ約11GBだったXperia GXのほぼ倍にあたる約25GBもの共用可能な大容量ストレージになっていました。ちなみに、Xperia Z/ULではベースになったグローバルモデルと同じ約11GBです。

また、ドコモから発売される機種としては珍しく、発売当初から8月~9月をめどにしたAndroid 4.2へのバージョンアップを発表しており、公約通り筆者が購入した9月3日にバージョンアップが配信されていました。おいおい、タイムリーじゃねえかよ…。発売当時からグローバルモデルと歩調を合わせてAndroid 4.2用のパッケージを開発していたのでしょう。ソニーモバイルの総力戦が功を奏しています。

バージョンアップによって変化する点は具体的に以下の通り。

・NOTTVが録画できるようになった
・ドコモ標準、Xperia標準を問わずロック画面にもウィジェットが置ける
・PS3のコントローラーとペアリングができる
・カメラ機能にデジカメと同じプレビュー機能が付く
・FMラジオを通知トレイからオフにできる
・テザリング手段としてBluetoothも選択可能に
・開発者向けオプションが隠し要素に(笑)

なお、バージョンアップはドコモのスマートフォンでは珍しくXi経由でも可能になっています。auの場合、+WiMAXやLTE端末を中心にLTEやWiMAX、CDMA回線を通じたバージョンアップ提供の実績がありましたが、ドコモでは異例でした。従来通りWi-Fiを使ったバージョンアップももちろん可能です。ある程度使い慣れてきたらAndroid 4.2にしてみましょう。筆者もそのつもりです。
Img_0022
初期状態ではビルド番号が10.1.1.D.2.31で、2013年7月11日に配信された機能バージョンアップ実施済みでした。これにより、Xiを使ったOSバージョンアップパッケージの受信が可能になっているわけです。また、パズドラを快適にやりたいならば10.1.1.D.2.26以降のビルドに更新することをお勧めします。

Img_0005
SO-04Eは大画面ハイスペック機種が犇き合うドコモの2013年夏モデルの中でも異彩を放っていました。というのも、ハイスペックでありながら他社よりも一回り小さなボディに、着脱可能な2,300mAhもの大容量バッテリーを搭載していたためです。やはりSOL22と同じBA950で、こちらは裏面に「NTT DOCOMO SO09」の印字が確認できます。

筆者はクアルコム初のLTEモデム統合型クアッドコアチップ、MSM8974を搭載したHonamiのコードネームで知られる2013年9月4日発表予定の新機種が本命だと思っていましたが、このXperia Aもなかなかの良機種ですね~。Xperia GXではUMTSからLTEへのスイッチングに一癖あるのが気になりましたが、この機種はすぐLTEへつながるようになっています。実は画面解像度が低めだからなのか、ヌルサク具合ではSOL22よりもこちらに軍配が上がります。まさしく、LTE-Advanced前夜を飾るAPQ8064+MDM9x15搭載機の集大成といえる完成度でした。

さて、いろいろとレビューしたかったのですが、同時に交換してもらったドコモminiUIMカードAX05mの台紙を貰うのを忘れてしまいました。直にドコモショップに行って取りに行かなければ…。もらえなければめんどくさい上に不経済ですが再発行しかないですね…。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

Other Accounts

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ