« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月17日 (水)

季節外れのアイス最中

Panasonic ELUGA dL1 P-04D

パナソニック製端末に対し、2013年4月16日にP-04D/P-05Dの、翌4月17日にP-02DのAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich、以下ICS)へのバージョンアップが開始されました。最初にICSへバージョンアップされたSC-02Cから遅れること、実に9か月でした。既にAndroid 4.2対応端末が正規に手に入る上に、Key Lime PieことAndroid 5.0対応機種の噂が流れ始めているというのに…。

筆者は特に、P-02DのROM容量の少なさを心配していましたが、バージョンアップに必要なパッケージ容量はP-04D/P-05Dとも約225MB、P-02Dは約255MBとコンパクトになっています。IS12S(SOI12)やSO-02D/SO-03D並みに更新パッケージの容量が小さいです。これら3機種への提供を以て、NTTドコモのICSバージョンアップ対象機種へのパッケージ提供が全機種完了したことになります。

主なバージョンアップによる変更点は下記を参照してください。なお、バージョンアップ前に2013年3月21日に提供されたソフト更新によってAndroid 2.3における最新ビルドにする必要があります。

(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモより)
LUMIX Phone P-02Dの製品アップデート情報
P-04Dの製品アップデート情報
Disney Mobile on docomo P-05Dの製品アップデート情報

Panasonic LUMIX Phone P-02D

バージョンアップはパソコンから更新パッケージファイルをダウンロードするか、Wi-Fi経由でダウンロードすることで可能です。パソコンを使う場合、上記のリンクから更新パッケージファイルをダウンロードして、端末とパソコンをマスストレージモードで接続した後でマウント操作をしておきます。P-04D/P-05Dは内蔵ストレージの、P-02DはmicroSDカードの「download」ディレクトリにこれをドラッグ&ドロップでコピーします。

そのあと、マウントを解除してUSBケーブルをはずし、端末操作により機能バージョンアップ操作を行いますが、Wi-Fi経由の場合は「サーバから更新」、パソコンを使ってあらかじめ更新パッケージを書き込んだ場合は「内蔵ストレージ(またはmicroSD)から更新」を選択します。バージョンアップは必ず満充電してから行ってください。

しかし、なぜパナソニックだけこんなにバージョンアップが遅れたのかが不思議ですね…。あとはソフトバンクから発売されたP-02Dと同一スペックのSoftBank 101P、P-04D/P-05Dと同一スペックのSoftBank 102Pが見捨てられることなくICS化されることを祈るばかりです。DELL Streak ProことSoftBank 101DL、イー・モバイルのGS01はDELLがAndroidから撤退してしまったことを考慮すると、メーカーによるバージョンアップは絶望的かもしれません。どうしてもと願うならばわずかな可能性に賭けるしかないですが…。

(2013年5月11日更新)
一部加筆しました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

Other Accounts

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ