« 筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2012 | トップページ | 筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2012 (番外編) »

2012年12月29日 (土)

筆者の選ぶクソケータイメーカー・オブ・ザ・イヤー2012

■大賞:NECカシオ モバイルコミュニケーションズ株式会社
―スマホシフトで堕落した「Nのケータイ」のブランドイメージ

今年のクソケータイメーカーとして、NECカシオを選定しました。それは「開発チームはスマートフォンを分かっていないかもしれない」と思うほど出来損ないの機種ばかりだったためです。

今年発売した機種は…

MEDIAS LTE N-04D
MEDIAS ES N-05D
MEDIAS X N-07D
MEDIAS U N-02E
Disney Phone N-03E

の5機種。タブレットのN-06DとN-08Dは親会社の日本電気株式会社が開発・納入、CAL21はカシオ計算機株式会社が納入したので便宜上除外しました。しかし、必ずしも全てがダメというわけでもなく、N-05DとN-02Eは比較的出来のいい機種でした。

NECカシオは2011年春にN-04Cでスマートフォン市場に参入。その薄さとクロックの低さを感じさせないパフォーマンスで話題を作りました。夏にはN-06Cで薄型防水機種を発売し、売れ筋となりましたが…。N-01Dを境に、NECカシオの堕落は徐々に始まっていました。この機種は評判自体は上々でしたが、品質管理が杜撰過ぎて当たり外れが激しいものでした。

そしてN-04Dの発売で2012年を迎えます。デュアルコアのAPQ8060にHD液晶、16GBの大容量メモリー搭載と当時のハイスペック機の水準にありましたが、その性能とは思えないパフォーマンスの低さでユーザーを落胆させてしまいました。しかし、その後に出たN-05Dは薄型ハイスペック機として評判になりましたが…。

NEC MEDIAS X N-07D
夏商戦に投入されたN-07DはN-01Dで問題になった品質管理の杜撰さとN-04Dで問題になったチップのポテンシャルを引き出せないパフォーマンスという、双方の悪い所を足して2で割ったような機種でした。そのために、筆者はこの機種をクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2012に選出しました。

数々の欠陥が見つかったことで品質は本当の意味で悪く、ただでさえ先進的なアーキテクチャを採用したMSM8960を搭載しているのに周回遅れと勘違いさせる快適性の悪さ。そのために、買ってからすぐに初期不良による交換が相次ぎ、品不足を起こしてしまいました。ドコモショップ店頭でN-07Dがしょっちゅう入荷待ちになったのはそのためで、決して売れ筋だからではありません。

明らかに未完成と分かる出来損ないなのにNECカシオは発売を延期することもしなかったし、発売後にはかつての三菱自動車も真っ青の、リコール隠しともとれる杜撰な対応を繰り返してきました。購入者が揃って欠陥を認めて改修するよう、リコールを求める署名活動をしていたことからメーカー側の対応の悪さも伺えます。

N-07Dで懲りたのか、N-02Eは画面解像度を落とした堅実なスペックに仕上がりました。しかし、ONE PIECEとのコラボレーションモデルは台数限定ながら、(2012年年末も)未だに家電量販店を中心に売れ残るなど、N-07DでユーザーもNECカシオに懲りてしまう結果となりました。最新機種のN-03Eも、クアッドコアにしては残念なパフォーマンスですが致命的な不具合はあまり見られません。

かつては折りたたみ携帯のパイオニアとして、指名買いするユーザーも多かったNの携帯電話。しかし、そのブランドはスマートフォンでは通用しなかったばかりか、かえって傷を付けてしまう結果になりました。

もちろん次点は存在しません。パナソニックは夏モデルで底力を見せてきましたし、富士通は秋冬モデルで改善に力を注いできたためです。それほどNECカシオが改善すべき点を放棄していることがわかります。

« 筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2012 | トップページ | 筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2012 (番外編) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

>>たけぞ~さん
親会社の日本電気社員が、本社ビルのNECスーパータワーから飛び降り自殺した、という衝撃的ニュースもありましたね…。

昔からNECはモバイルパソコンが不得意だったりしました。そしてスマホシフトでより一層「モバイルに弱いNEC」が印象付けられたと思います。

私もとっくにデスクトップパソコンを使わなくなってからNECのパソコンから遠ざかってますし、Nの携帯はN905iを買ったのが最後になります。やはりN-01A以降のNの携帯は人を選ぶ機種ばかりでした。

やはりNECは携帯開発子会社を合弁相手のカシオへ、パソコン子会社を連想集団へ身売りして完全にコンシューマー市場から撤退して欲しいと思います。

NECカシオはだいぶ前から少しずつ人員整理をやってたみたいです。
店に来る営業には明るさや元気がなく、そこからも社内の雰囲気はなんとなく読み取れたようです。
とりあえず載せて置く、とりあえずやりましたみたいな『やっつけ仕事』的なレベルがだいぶ目立ったとも。

店頭ではいまだに『NECだから』って指名買いする人もいますが、そんな大切なユーザーを裏切るような端末は発売して欲しくないです(-_-#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/48517831

この記事へのトラックバック一覧です: 筆者の選ぶクソケータイメーカー・オブ・ザ・イヤー2012:

« 筆者の選ぶクソケータイ・オブ・ザ・イヤー2012 | トップページ | 筆者の選ぶケータイ・オブ・ザ・イヤー2012 (番外編) »

Other Accounts

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ