« 112の衝撃 | トップページ | パーなソニック (前編) »

2012年10月25日 (木)

どうやって本を読む?

紙の本の影響力が未だ根強い日本。いよいよ電子書籍普及の切り札となる端末が出揃いました。AmazonのKindleが日本解禁となります。

Appleからは新型iPadとiPad miniが2012年10月24日に発表。Android勢からはNexus 7を始めとした7型タブレット。専用機はソニーのReaderにRakutenのkobo touch、そしてKindleと出揃いました。

果たして本を読むために専用機を買う意味はあるのか。はっきり言うと、ありません。誰得です。

何故なのか。全てAndroid機やiPhone、iPadにアプリを入れることで対応できてしまいます。実際、筆者が持っているSO-04DにもReaderアプリが入っています。つまり、既にスマートフォンやタブレットを持ってるならばこれらを使って電子書籍を読めばいいことになります。

実際、シャープはGALAPAGOS専用機の大失敗に懲りて、マルチプラットフォーム展開へ路線転換しています。今ではシャープ製スマートフォン以外でも、Android機やiPhone、iPadにアプリを入れることでGALAPAGOSを利用できるようになりました。

iPadファミリーのように電子書籍以外の使い道があるなら擁護する余地はありますが、Reader、Kindle、koboの各専用機はいずれスマートフォンやタブレットのおかげでお払い箱にされるでしょう。各社には、シャープを反面教師にして電子書籍の展開をしてもらいたいですね。

« 112の衝撃 | トップページ | パーなソニック (前編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/47582188

この記事へのトラックバック一覧です: どうやって本を読む?:

« 112の衝撃 | トップページ | パーなソニック (前編) »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ