« 白夜は終わるのか | トップページ | [予告]今の悩み事 »

2012年6月19日 (火)

勝ち組と負け組

一人負けとからかわれてしまったドコモ。番ポの実績でもここ数ヶ月は転出超過状態。「DoCoMo 2.0」時代(2007年)を彷彿させます。多くのドコモ契約者からは端末の値下げよりiPhoneの発売を望む声が多いです。実際、iPhoneの納入を見送り苦戦するドコモを尻目に、auとソフトバンクは急速にiPhone旋風に乗って成功しています。

どうして最大手のドコモが取り残されてしまったのか。ずばり、完璧を求める日本人の気質が悪い意味で現れてしまったからです。実はドコモ、端末の無線機としての特性に最もシビアなキャリアと言われています。これは、2010年に発売されたiPhone 4で起こった問題抜きには物語れません。

iPhone 4シリーズはキャビネットが2枚の強化ガラス(Gorilla Glass)で構成されています。そのため、アンテナを兼ねたステンレスフレームでそれを囲って固定する仕組みになっていました。発売直後こそ大ヒットにはなりましたが、このような構造ゆえ「素手で持つと携帯の電波が受信しにくくなる」問題が噴出したのです(4Sではほとんど解消されています)。

実はドコモがiPhoneの納入をためらっているのは、このように無線機としての特性が不安定だから通信品質の確保がしにくいから、というのが大きいと思います。一時はiPhoneのために「miniドコモUIMカード」を開発したほどiPhoneの呼び込みに積極的でしたが、現在はほとんど冷めています。

一方で、Appleの定めるノルマを遵守すると電電御三家時代からの付き合いになるNECや富士通を裏切ることになるジレンマも抱えています。つまり、ドコモは日本メーカー保護のためにも敢えてiPhoneなしで勝負に出たとも言えます。

とは言え、キャリアが端末開発に口出ししてくる時代はスマホシフトで終わったと見なせるでしょう。後ほど、キャリアとメーカーの関係について述べたいです。

« 白夜は終わるのか | トップページ | [予告]今の悩み事 »

NTT/ドコモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/45710792

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち組と負け組:

« 白夜は終わるのか | トップページ | [予告]今の悩み事 »

Other Accounts

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ