« 国産スマートフォンに望むこと (1) | トップページ | 筆者の選ぶモバイルホン・オブ・ザ・イヤー2011 »

2011年12月29日 (木)

筆者の選ぶモバイルホン・オブ・ザ・イヤー2011 (始めに)

今年は携帯キャリア各社にとって転機になった年なので、これからは便宜上モバイルホン・オブ・ザ・イヤーになります。最初に、今年はどんな年だったかを解説してみます。

・猫も杓子もスマートフォンの時代へ
とにかく、今年はスマートフォンの話題に満ちていました。昨年(2010年)にXPERIA X10(SO-01B)がヒットしてから、日本でもAndroidがiPhoneに続く勢力になりました。かと思えば、スマートフォンに不慣れな契約者がケータイにとんぼ返りしてしまう現象もありました。

・SIMロック解除でどうなる?
あまり話題になりませんでしたが、SIMロックの解除ができる機種がドコモを中心に発売されました。これで本来はドコモのUMTS網以外で使えない機種でも、ソフトバンクのUMTS網で使うことも可能、と宣伝されてますが、実際は海外旅行の際に現地のプリペイドSIMを使って、海外からの通信費を節約できるのが本当のメリットと言うべきです。憧れのキャリアのプリペイドSIMで、国内ローミングして使いたいという人も少数派ながらいます。

・テザリングブーム
携帯のネットワークへ接続し、無線LANを介してパソコンや携帯ゲーム機の通信機能を応用できるテザリングが社会現象になりました。それ専用の端末を使って、スマートフォンを無線LANだけで運用して通信費を浮かす、という使い方も可能になりました。

« 国産スマートフォンに望むこと (1) | トップページ | 筆者の選ぶモバイルホン・オブ・ザ・イヤー2011 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/43547057

この記事へのトラックバック一覧です: 筆者の選ぶモバイルホン・オブ・ザ・イヤー2011 (始めに):

« 国産スマートフォンに望むこと (1) | トップページ | 筆者の選ぶモバイルホン・オブ・ザ・イヤー2011 »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ