« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月27日 (水)

放送業界のラグナロク到来か?

既報の通り、2011年7月24日の正午に一部地域を除き、地上アナログ放送本放送が終了し同日23時59分を以って放送自体が終了しました。58年間、本当にご苦労様でした。

アナログ放送完全停波で、勿論トラブルも生じたもようです。デジタル化できなかった世帯から「大相撲が見られない!」と苦情が寄せられたなんてこともありました。相撲や演芸(笑点)などが楽しみというお年寄りにとって、テレビが見られないのは死活問題です。

デジタル化で、テレビ業界は岐路に立たされています。インターネットの普及、YouTubeやニコニコ動画などに関心が移ったり生活環境の変化で若者たちがだんだんテレビを見なくなっています。中にはアナログ放送停波でテレビと決別した人もいます。受信料が要のNHKも、受信契約を解約したい旨の相談を多く受けているようです。

筆者は完全デジタル化を新たな出発点とも、終わりの始まりとも捉えています。テレビ局が体質を変えて面白い番組作りに臨めるか、それとも目先の数字(=視聴率)にうぬぼれて業界自身が沈没してしまうかがこれから待ち受ける運命です。

地デジカ君にはテレビ局がラグナロク(終末)を迎えぬよう、残る東北3県(岩手、宮城、福島)と地デジへ移行してない世帯の地デジ化を果たすべく、残る使命を全うして欲しいものです。

2011年7月 5日 (火)

クリスタル伝説の原点

クリスタル伝説の原点
[戦士たちよ、クリスタルに祝福を…]
今更ですが、プレイステーション版の「ファイナルファンタジー」をやっています。アドバンスやPSPでは12時間くらいでクリアしたことがありますが、PS版は原作の忠実リメイクなので難しいですね…。やっぱりアドバンスとPSPのほうがぬるいゲームバランスです。

特に、魔法が「ウィザードリィ」みたいに使用回数制だし、HP回復アイテムがポーションだけなので、シビアなリソース管理が求められます。しかもポーションの効果のなんと低いこと…。常にポーション99個持ってダンジョンへ赴く感じです。セーブは宿屋にお金を払わないとできないので、テントやコテージを持っていないとどこでもセーブできないシステムなのです。

しかし、その代わりにある、ベタ移植の「ファイナルファンタジーIV」以来採用されているメモファイルは重宝します。どこでもメモできるので、全滅してもメモファイルが残っていたらその場から復活できます。何度もお世話になったシステムです。

魔法を買って覚える、「女神転生」のような属性を突いた攻撃、妖精を買ってフラグを立てるってのも印象に残ります。ミスリル、アダマンタイトなどの西洋伝承や、「天空の城ラピュタ」のオマージュ、「カオス」など哲学用語がたくさん登場する独自の世界観は我々を引き付けてやまないです。

ゲーム終盤でエクスカリバーを鍛えてもらった時の喜びはひとしおでした。しかし、ラストダンジョンがまさかあの場所だとは…。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

Other Accounts

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ