« 6年前と現在 | トップページ | ドコモ、お前もか! »

2011年1月21日 (金)

買収、合弁…

ゲーム業界の明暗がハッキリとする、そんなニュースが入りました。コナミの子会社、ハドソンが4月1日にコナミの完全子会社になるそうです。2010年もコーエーとテクモの経営統合、タイトーのスクエニへの吸収合併、アトラスのインデックスへの吸収合併と、大手と中堅の体力差がハッキリと見える動向でした。

最近のハドソンは「桃太郎電鉄」ばかり発売していて、「ボンバーマン」などのほかの主力作を十分生かし切れていない印象でした。実はハドソン、メインバンクが拓銀だったために拓銀破綻の影響もずっと引きずっていたかも知れません。完全子会社化以降も独立性を尊重するとコナミは主張していますが、個人的に高橋名人はどうなるか、気になるところ。

一方、NECパーソナルプロダクツに連想集団(レノボ)が資本参加するという報道もありました。NECは携帯事業の分社化に続き、コンシューマー事業の再編で更にITソリューションとNGN関連事業への選択と集中を進めているもようです。

個人的にNEC、モバイルPCを開発するのが下手くそになった印象があるんですよね…。実は最近自社開発をやってないそうで、今でも基板から開発している富士通とは対照的です。

筆者は、ノートパソコンはモバイルできるべきと思ってるので、今のデスクトップリプレース的な機種ばかりのLaVieに、ThinkPadのDNAが入ったパワーモバイルがラインナップできることを期待しています。

« 6年前と現在 | トップページ | ドコモ、お前もか! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

>>マグマ大佐さん
確かにそうですね…。最近のVAIO、日本製じゃないですからね…。

ソニーは背後にそれ以外がチラチラするので、国内で踏ん張ったてるのは富士通かなと。

>>マグマ大佐さん
ハドソンは桃鉄に頼りすぎた、NECは万民向けで低価格の中型ノートが主力だった結果こうなったと思います。

国産PCで頑張ってるのは富士通以外にもソニーがあるじゃないですか。でもやっぱり「がんばれ、富士通」と叫んでみたいです。

数少ない北海道の会社の1つハドソンもついに_| ̄|○

NECもとなってくると、いよいよ国内PCメーカーの終焉が見えてきたって所でしょうか。

富士通の踏ん張りがいつまで続くのか。

ケータイもそうですが、こうなってくると富士通頑張れ!と言いたくなります。

あ、PCだとパナが残ってるか(^^;)

ケータイだとシャープが残ってる(^.^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429845/38552291

この記事へのトラックバック一覧です: 買収、合弁…:

« 6年前と現在 | トップページ | ドコモ、お前もか! »

Other Accounts

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ