トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

モブログの限界

筆者がblogを始めた時から、メールでblogを更新する「モブログ」ができる環境にありました。しかし、携帯から更新するblogならではの難しさを、au oneブログを利用して痛感しました。

■文字加工が難しい
実はデコメで文章に加工を施してblogを更新しようとしたら、「更新に失敗しました」と撥ねられたことがありました。だからといって加工するには、fontタグを使わなくてはならなく、HTMLを熟知してなければならないという…。なので、文章をすっぴんのまま投稿しなければなりません。

■フォームで文字制限
au携帯では1,536文字までしかフォームに入力出来なくて、画像埋め込みタグのある記事を更新しようとすると、どうしても本文を削らなければならない感じでした。全般的に、携帯経由の画像付き記事は文章が希薄になってしまいます。記事をカテゴリー分けしようとすると、文章が途切れたこともありました。それもあって、記事本文をなるべく1,000字以内にまとめるのにとても苦労しました。

■記事が移行できない
これはau oneブログ固有の弱点ですが、過去ログをファイルとしてバックアップしたり、他所から記事を移行することができませんでした。実はこれだけじゃなく、モブログの大半にはバックアップを前提にしてないみたいですね…。過去の記事のメール本文は、microSDにバックアップするしかありません。

…とまあ、携帯でblogを更新するには様々な敷居が伴っているわけです。他には絵文字の扱いが足枷になりますし…。

2010年11月25日 (木)

崩れ行く砦

サービス終了通知から、どんどんau oneブログからのブロガー流出が加速しています。とうとう、今週でblog総数が10万アカウントを切りました。筆者は更新を止めて、seesaaへ移行できる時をひたすら待ってますが、一体どうなることでしょうか…。

au oneブログは普通のブログサービスと毛色が違って、モブログ主体のサービスでした。源流は2005年から始まったDUOBLOGまで遡ることができますが、DUOGATEの発展解消と同時に現在の形になりました。blogと携帯の距離を縮めた功績は評価できます。しかし、バックアップ手段がないとか(筆者は記事原文をmicroSDにバックアップしてました)、モブログ主体ならではの弱点もありました。

最盛期は15万あったアカウントも、今やその7割程度。アクティブユーザーでいえばもっと少ないと思います。中には、「au oneブログがなくなったから番ポで庭を辞める」なんて人もいるらしく…。

次回、au oneブログで筆者が痛感したモブログの限界について書いてみようと思います。

2010年11月22日 (月)

続・XPERIA 2.1

IS01のアップグレード見送りに痺れを切らし、IS03の事前購入宣言してしまいました(笑)。これからスマートフォンを買うならば、ドコモではグローバルベースの、auでは日本式味付けの機種がいいかな、と思ってます。

さて、2.1にしてから10日あまり経ったXPERIA。趣向を変えて、2.1になって劇的に変わったところを紹介したいと思います。

■ようやっとGmailが使い物になった!
今まで延々と同期中の表示が出ていたGmailアプリが、立ち上げから即座に新着メールを掴んでくれるようになりました。始めからまともに使えたIS01にようやく追いついた感じ。

■eneloopモバイルブースターが付属ケーブルで使えた!
電源管理ソフトがバージョンアップしたのか、今までminiUSBケーブルにmicroUSBアタッチメントをかませなければ使えなかったポータブルUSB電源が、付属ケーブルでそのまま使えるようになりました。

■電池が長持ち
1.6と較べて電池の持ちが劇的に良くなっています。XPERIAは元々、1500mAhの大容量バッテリー搭載でしたが、これなら普通に使えば1日は持ちそうです(でも、とことん使うならeneloopモバイルブースターは必須)。

もう一つ嬉しいニュースが。それは「XPERIAがマルチタッチ対応出来るかもしれない」というものでした。どうやら、ドライバーが更新できれば可能になるらしいです。こりゃ楽しみ!

2010年11月19日 (金)

IS01、未来に行けない?

恐れたことが現実になってしまいました。KDDIより、「IS01のメジャーアップグレードの予定がない」と宣告されました。当面はIS03に提供される予定のアプリを、Android 1.6に合わせて手直ししたものや、パッチ当てのために不定期でケータイアップデートを配信することでサポートするそうです。

ただ、IS01よりも非力なHT-03AでFroyoと言われるAndroid 2.2が動作したという報告もあるので、単なる開発者サイドの怠惰の可能性が濃厚です。この発表は「技術的断念」じゃなく、単に買い替え需要を生み出すための「政治的断念」にしか聞こえません。

やっぱりKDDIは「スマートフォンはどうあるべきか」を全然分かってないですね。iPhoneは、従来の機種でもバージョンアップすることでどんどん機能が追加されていったのが印象に残りますが、それを放棄するのはスマートフォンに対する冒涜に他なりません。ホントにKDDIに裏切られた気持ちでいっぱいです。

もう少し問題解決を待つか、それともキッパリと諦めてIS03にするか…今、悩んでいます。IS03に機変すると、IS01にした理由(フルキーボード搭載)を自己否定するジレンマが付き纏いますからねえ…。

2010年11月17日 (水)

「未来」の真実

注目を浴びているIS03(SHI03)の発売日が決定しました。2010年11月26日発売になるそうです。予約台数が17万台に達したことも公表され、電池パック無料プレゼントなどが奏功したことも裏付けました。ただし、当初36,750円と思われた予価は63,000円になるらしく、事実上「毎月割」による分割払いで買ったほうが良さそうです。

同時にtwitterで、がっかりさせるKDDI広報の見解が公表されました。IS01はAndroid 2.1へバージョンアップできないというものです。まさにKDDIに裏切られた気持ちでいっぱいです…。

IS01はLYNX(SH-10B)と同じスペックと言われており、ROMは4GB、RAMは256MBとされます。RAM容量はXPERIAの7割ぐらいしかないわけです。この限られたスペースでシャープの独自実装を実現できたウルトラCは評価できます。

KDDIはウサイン・ボルトやレディー・ガガを引き合いに「未来へ行くならAndroid」と宣伝してますが、この発表は「IS01に未来はない」と言っているようなもので片腹痛いです。「未来へ行きたい人はIS03」を買え、って、IS01ユーザーにとっては要らぬ浪費を強いるだけです。

なんでこうも簡単にスマートフォンの「可能な限り進化していく」メリットを殺してしまったでしょうか…なんとかKDDIにはIS01のバージョンアップについて再考願いたいものです。

2010年11月16日 (火)

XPERIA 2.1

XPERIA 2.1
XPERIA 2.1
11月10日から、XPERIA(SO-01B)がAndroid 2.1で使えるとのことなので更新してみました。自分でやる場合、パソコンとインターネット環境が必須なので、自宅にネット環境のまだない筆者は外出時に公衆Wi-Fiスポット経由で接続、更新してました(ドコモショップでもバージョンアップしてもらえます)。

バージョンアップと同時に追加、改善された主な機能は以下の通りです。

・ホーム画面がWVGAに合わせて改良(1.6はHVGAに合わせた画面ですね…)
・Bluetoothも2.1に(ペアリングが簡単に)
・ウィジェットがリニューアル(画面の明るさ調整が可能に)
・モトヤフォントで見やすく
・カメラのHD動画撮影対応
・ブラウザーにズーム機能を追加(マルチタッチできないのでダブルタップで操作)
・ロック解除のジェスチャー操作の変更

2.1化した後、eneloopのモバイルブースターがmicroUSBアタッチメントを使わずに対応できるようになりました。それから多く上がってるように、操作感は2.1のほうが快適に感じられました。

携帯のソフト更新はデバッグが中心で、時代に合わせた仕様変更を想定してないのに対し、スマートフォンのそれはたまごっちみたいな「育てる楽しみ」がある、そんな感じでした。

2010年11月12日 (金)

Λ'

Λ'
Λ'
Λ'
今まで、シックのクアトロ4とかパナソニックのスーパーレザーES3832Pを使って髭を剃ってました。前者ではどうしても剃刀負けするし、後者は乾電池で動く水洗いOKのコストパフォーマンスがいい機種だけどちょっと非力で…

ということで、ラムダッシュのES8119Pを買いました。2007年モデルのES8119を、ブランド替えした機種です。現在、事実上の後継機、ES-LT70が出ています。デザイン的にはこれの進化版、ES8259の雛形になっています。これを選んだ理由は…

そうです、洗浄機能が付いているからです。洗浄機に固形洗剤と水を後ろから入れれば、中にシェーバーを差し込むだけで自動で洗浄、潤滑、乾燥してくれます。ブラウンとフィリップスを外したのは、洗浄液をこぼしそうだったからという…。

さすがリニア駆動に鋭角内刃、スパッと深剃りできます。ES3832Pでは剃り残したあごひげも、しっかりと剃れました。洗浄機にかけると、ひげくずや皮脂、角質もさっぱり流してくれます。手に振動が伝わらないのはいいですが、甲高い駆動音には慣れが必要ですね。しばらくメインシェーバーはこれにしてみます。

2010年11月 3日 (水)

「庭」やめます

KDDIから、EZアプリの新プラットフォームが発表されました。従来はBREWで構築されてましたが、今後はオープンアプリプレイヤーを発展解消させる形でJavaアプリの開発権限をコンテンツプロバイダーにも解放するそうです。

OAPから引き継ぐ要素は

・誰でもアプリを開発、配信可能
・microSDカードにアプリをバックアップできる

というもの。

一方で、BREWから引き継ぐ要素は

・マスコットカプセルなどの3Dレンダリングエンジンが使えるようになる
・課金システムの導入
・コンテンツプロバイダーへ門扉を開く

というものになりそうです。

事実上、EZアプリ(Java)復活って感じですね。auはアプリに泣かされた歴史の連続で、Javaアプリではトロい動作が問題に、BREWアプリではユーザーが通信制限に引っ掛かることが…。

ただし、現状では将来リリースされる新機種からの対応になりそうです。auの決断は遅きに逸したという印象もあります…。

2010年11月 1日 (月)

とりあえず引っ越し。

今まで、au oneブログでやってましたが、11月1日のサービス停止発表を受け、急遽引っ越すことになりました。今後はここをメインに更新する予定です。

今までやっていた「AREA NGN」同様、携帯ネタが中心になると思います。今後ともよろしくお願い申しあげます。

2010年11月1日 shiotama

トップページ | 2010年12月 »

Other Accounts

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ